釧路川でカヌー③

こんににちは!どうもミワです。
やっとこさ、Prat3 を書きはじめれました!あれから一ヵ月近くたってしまった…。
というのも!!
今時期でもたくさんのお客様に長期滞在に関するお問い合わせを頂いており、
来年の夏も、長期滞在は大盛況が予想されます!
そんな訳で、忙しいのを言い訳にします!!スイマセン!
たぶん、もっとコンパクトにお伝えすればいいのですが、書きたい事がありすぎて...釧路のポテンシャルに自分の文章力が追いつかない今日この頃です!
さて、夢のようだったカヌータイムも終わり、数時間ぶりに上陸!

1502151

その後、カヌーポートにてMATSU代表と記念写真をパシャリ!
ワイルドな代表の姿と比べ、自分のオールの持ち方のなってなさに、なんだか女子力さえ感じます。

1502152

そして、今回、ツアー中に着用していたのが、こちらのラバースーツ!

万が一の転覆等に備え、防水性と保温性は無類で、かなりの防寒力です。
ただ、乗っていて思いましたが、マシュリバさんのカヌーは、まず落ちません。踊ったりしなければ。
カヌーのそのもの安定力と、MATSU代表の技術と、自然に向き合った安全性への考慮とが、、
かけ合わさるので、自分はまさに大船に乗ったつもりでいました。

1502153

そして、とどめのコレです。外で飲むコーヒーってBBQとかと一緒で格別なんですね~。
あったかいんだから~♬

1502154

しかし、まだまだ、終わりませんよ!マシュリバ冬ツアー!
次はスノシューを履いてちょっとしたトレッキングに行って参りました。
釧路食材の美味しさに甘え、太り気味な自分にはちょうどよい運動の機会です!

1502155

樹洞についての説明の様子。
様々な動物たちの巣になっている物で、高さや大きさによって宿る動物が変わるそうです。
代表的なのはフクロウやリスなんかですね。ん~、建築費プライスレス。。

1502156

もぐら探し!!
積雪と地面の間に出来る隙間を、小さい身体で闊歩しているらしいです。
残念ながら、この日は見れませんでしたが...というかモグラって、土の中にいるだけじゃないんだすね!オドロキ
そんなMATSU代表のガイドの元、釧路湿原の自然に触れながら
小高い丘を登って行きますと・・・

1502157

DEN!!!
絶景とはまさに...。
自然の存在感を間の辺りにし顔が丸くなるミワです。決して、太ったからではありませんよ。実際はもっと圧倒されるというか。これは是非、皆様に目だけじゃなく、五感で感じて頂きたい場所ですね。

1502158

そんな、絶景をバックに代表ともう一枚!
好きなポーズでイイよ!と言われ、撮ったポーズがこれでした。。。
変なポーズに付き合わせて申し訳ない気持ちになりそうでしたが、代表の表情が、すごく楽しそうで、なんだか自分も嬉しい気持ちに!

1502159

「普段はあまり行かないんだけど、行ってみたい?」と言って頂き、連れて行ってもらったのがこの場所。この先、断崖絶壁となっており、知識と経験豊富な人が一緒じゃないと、結構危険な場所なんですが、ここから観る釧路川と空の釧路ブルーとが相まってとても綺麗でした。
上からと下から、様々な視点で自然の中に身を置き、展望をかなり、満喫させて頂きました。

1502161

後は、全力で下る!!
 
落ちてるのではありませんよ...あくまで下っています!
ちなみに、雪ダルマではありませんからね!ミワです!

1502162

そんな雪ダルマを快く受け入れて下さった
マーシュ&リバーさんの↓↓詳細はコチラ↓↓
  1. 住所: 〒088-2143 北海道釧路郡釧路町河畔4丁目79
    電話:0154-23-7116
皆様、釧路に来られた際はゼヒゼヒ!

釧路川でカヌー②

1502051

やっとパート②を書けるようになりました!どうもミワです!
前回まではマイフォンで撮った写真でしたが、マーシュ&リバーさんで撮って頂いた画像もいただきましたので、併せて紹介したいと思います。
活動内容的にどうしても自分が写った写真が少ないので、これは大変ありがたいです!
ちなみに、上の写真は前回の記事の最後の写真を撮っている辺りの自分を撮った画像です。
ネズミを追いかけるネコ、
それを追いかける犬といった感じですね・・・。わかりにくいですねスイマセン

1502052

1502053

これも乗っている最中の画像です。
引きの絵で見ると、当時の感動により近づけますね。木々の霧氷が反射してキラキラ落ちてくるのがとても幻想的でした。写真だけでは伝わらない部分がなんとも。。。

1502054

道中には野生がいっぱい。
道民には馴染み深いエゾシカさんも一定の距離感が保たれているので、見つめ合う時間が非常に長いです。普段なんかメンコいです笑

1502055

そして本流をしばらく下ると、支流アレキナイ川の合流地点に辿り着きました!
本流も流れはかなり緩やかでしたが、この日のアレキナイ川はほぼ止水といっても良いかもしれません!まるで鏡の上のようです。

1502056

 

1502057

明鏡止水とはまさに・・・。釧路の美しい空の青色と相まってとんでもなく青、蒼、藍。
そんなネイティブ酩酊モードに突入していると、

1502058

1502059

MATSU代表に、「これがフロストフラワーですよ~!」と、心肺蘇生に近い
衝撃的な自然現象を紹介していただきました。
なんでも、薄く張った氷上の凹凸の凸に少しづつモヤが張り付き花が咲くそうです。
代表が「これは今朝咲いたやつですね!」と、なんとロマンチックな現象。。。
15020510
そして、なんと言ってもこれ。写真だとわかりにくいのですが、この画像の中には
国の天然記念物が5点展示されています。せっかくなので、ご覧の皆様は探してみて下さい。
釧路湿原内の生息する動物が自然の豊かさを物語った写真となりました。
と、
まだまだ写真と書きたい事があるのですが、そろそろ閉じ込めらる可能性があるので
やっぱり3部作編成にしようと思います。

釧路に巨大迷路がやって来た!

1502062

本日お昼過ぎに、こんな会話がありました。
A推進員「釧路には氷の迷路がありますので、行って来て下さい。」
ミワ「えっ!? あっ、はい!」
そして現在に至ります。
「東海の狂ったコンパス」
の異名を持つ自分がMOO巨大氷迷路に挑んでまいりました!

1502063

早速スタート!!

1502064

氷の高さは成人男性の目線ぐらいでしょうか。これなら方向感覚がわかりやすいし、いくら自分でも
簡単だ!と思っていると...

1502065

み、道がないだとっ!?
「これ以上、さきに進めない・・・。」と
なぜかRPGゲームのようなコメント欄が頭の中に浮かびました。

1502066

そんなワケで振出に戻ります。

1502067

うぉっ!

1502068

うおおお!いい感じ!

あっ・・・、

1502069

NOohおおおおーーッ!!
15020610
そんなエキサイティングな巨大氷迷路は2/8(日)までご利用出来ます。
滞在中の方などは是非、遊んでみてはいかがでしょうか!?
当日は、雪像やすべり台なんかもあります!