釧路のお魚

こんにちわ!どうもミワです。
本日は自分の趣味も交えた、お魚についてのお話です。
北海道の雄大な自然の中で釣りが出来る。
これはある種ステータスのようなもので、言わば本州の釣人にとっては憧れの地なのです。
中でも道東は、道内屈指の有名な場所が多い地域です。
釣り方や魚の種類も豊富なので、今回は淡水魚(鱒)に絞ったネタをお伝えしたいと思います。
1601181
まず一枚目は、姫鱒(ヒメマス)です。場所は、弟子屈町の屈斜路湖です。
とある友人と行った時にオス(右)とメス(左)を同時にかけた時の一枚です。
ヒメマスの婚姻色と紅葉が相まって、とても綺麗ですねぇ~。
元々はサケ科なので美味しいです。刺身やフライなどの調理方法があります。
この2匹はちゃんと泳いで帰っていきましたけどね!いくら食いしん坊の自分でも
魚の恋路をジャマするほどではありません笑
1601182
続いては虹鱒(ニジマス)です!場所は同じく屈斜路湖です。
本来の虹鱒は茶色がかった黄緑色に赤いレッドバンドと呼ばれる横縞が入った個体が多く、そのままのニジ、レインボーと呼ばれる事が多いのですが、屈斜路の虹鱒は、
その美しさから「ダイアナ」と釣人からと敬称されています。道内広しと言えど、虹鱒のブランド化がされているのは屈斜路湖だけではないのでしょうか。。。美しいです。

外来種なので生態系に関して危険視される一面もある魚種なのですが、自分は好きです。
1601183
こちらは雨鱒(アメマス)になります。場所は釧路川水系です。
在来種で道東を代表する魚です。大きいものだと80㎝を超えます。
写真が水でぼやけて最悪の出来ですが、これでも60㎝ないくらいのサイズだったと思います。
この他にも、幻の魚と言われる「イトウ」の釣果報告も、結構聞きます。マボロシなのに笑
これも一重に、釧路(道東)の自然の雄大さを物語る要素であると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です