釧路の史跡巡り

みなさんこんばんは。推進員のタカハシです。

今日は、先日釧路の史跡を巡りましたので、
紹介したいと思います。
まずは、史跡巡り前に釧路市の丹頂鶴自然公園で
タンチョウのひなに会ってきました。
1605311
親鳥のマネをしたり、後をついていったりと、すくすく育っています。
近くの丹頂イチゴ農場にて旬のイチゴを買ってきました。
丹頂いちごは釧路の特産品で、甘すぎず酸っぱすぎずちょうどいい甘さで
食べやすいのでパクパク食べてしまいました。
1605312
その後近くの史跡北斗遺跡に立ち寄りました。
実際の復元した竪穴住居が建っている場所まで
750m歩くため、思いがけずハイキングになりました。
途中、やち坊主に新しい葉が生えてきている森に出会いました。
1605313
その後、復元住居がある竪穴住居群へ。
1605314
復元住居の他くぼんだ箇所が何か所もあり、
住居の中は思ったより、広かったです。
ここに、旧石器時代、縄文人が住んでいたなんて、
なんだか信じられません。
1605315
こちらにある展望台からの眺めも抜群で、
復元住居の他、湿原と遠くに釧路市街を望めます。
この後、展示館にも立ち寄りましたが、面白かったのが古代人は、
私たちとまったく同じ食べ物を食していたことです。
鮭、いくら、貝(あさり、つぶ貝)、ヤマメ、ウグイ、イワナなど。
古代人も海の幸に舌鼓みしていたと考えると、親しみが出てきます。
また、漁に使う石器もよくこんな精巧に作られているなあと感心します。
そして、釧路市内に戻り、春採湖のほとりにあるチャランケ砦跡へ。
車道からすぐのところにあります。
1605316
砦だったため、外堀と内堀を作った跡があるんですよ。
また、船着き場としても使われていたため
入り江から一直線のところにあります。
1605317
せっかく2か所史跡めぐりをしたので、最後に貝塚を見に行きました。
場所は、もちろん貝塚公園です。
1605318
白いのが、貝が石灰化しているものです。
こんな身近な公園でみられるなんて貴重ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です