野鳥保全活動に関する講演会2本立て

皆様こんにちは。事務局の高橋です。

釧路に3つも台風が到来するというびっくりの天気ですが、

滞在中の皆様もびっくりされているのではないでしょうか。

ところで雨が続く最中に開かれた北海盆踊りには「長期滞在倶楽部」として
長期滞在の皆様13名が参加されました。皆様とお久しぶりにお話しできてとても楽しかったです。
悪天候の中ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。1608221
ところで、この8月に私は野鳥保全に関するイベント2つに参加してきましたので
ご紹介いたします。
まず一つ目が、釧路市立博物館主催の講演会「水田は湿原である」
1608222
青森県の仏沼の水田や耕作放棄地に生息する世界的にも貴重な野鳥「オオセッカ」
の調査研究・保護活動されているNPO法人おおせっかランドの高橋雅雄様を呼び、
仏沼での野鳥保護活動について詳細を伺いました。
1608223
農業とオオセッカやトキなどの野鳥保全活動の両立によって野鳥を守りつつも
作物のブランド化にもつながったという話は釧路市の参考にもなるかと思いました。
また、先日猛禽類医学研究所にて「野鳥レスキュー講座」も受けてきました。
あいにく台風の後で施設はなんと停電でした。
1608224
救急処置や連絡方法など市民ができることをお伺いした後、研究所で行っている
救急医療・リハビリテーションについて詳細な説明を受けました。
そのあと手術室とリハビリテーション施設を見させてもらいました。
1608225
1608226
一見元気な大鷲のように見えますが、飛べないため野生復帰が難しい個体などが
おりました。もちろんリハビリして放鳥できれば一番ですが、こういう風に
野生復帰が難しくても繁殖活動やけがをした野鳥への輸血のドナーとして
の役割があると聞きました。
そんなわけで釧路市のイベント2つ紹介しました。
もしよかったらいろんなイベントに是非積極的に参加されてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です