【地域学習講座】音別新八景探勝会

みなさん、こんにちは。事務局の高橋です。

最近釧路は本当に雨が多く、滞在されている皆様にとっては

過ごしにくい日が続いてしまっているかと思います。
天候が回復してくれるのを祈るばかりです。
ところで、先週の水曜日には音別へ新八景を見に行きましたので、
その時の様子をお伝えしたいと思います。
まずは、音別でソフトクリームを食べ、

1608272

いざ、音別川へ。こちらはアメマス釣りで有名です。
冬には丹頂が飛来するのですが、当日は現れず。
水鳥が羽を休んでいました。

1608273

つづいてふれあいの森へ。
当日はやまぶどうとすももが実っていました。

1608274

この奥地には小音別の滝があります。
当日は熊の出没情報があったために立ち入りできませんでしたが、
以前下見に行った時の写真を紹介します。

1608275

この奥に高速の音別横断道路があります。
工事の時にはクマタカの巣があったために工事が一時中断されたという
事例もあった場所です。
そして市街地へもどり音別の丘へ。
丘の上から、太平洋の海や、音別や釧路の市街地、JRの線路が見えます。
運がよければ阿寒富士なども見ることができます。
皆さん、ヒグマ出没注意の看板の前で写真を撮っております。
またこちらのさらに先には尺別の丘もあります。
こちらも今回は道が険しいため行くことはできませんでしたが、
以前下見で撮った写真を掲載しておきます。

1608276

近くにJRの線路を望めるため撮り鉄の方がよく訪れるそうです。
尺別の山側へ向かうと、以前炭鉱があった地区になります。
以前は音別は約1万人の人口だったとのことですが、炭鉱の閉山とともに
どんどん人口が減って今は2000人を切るそうです。
また、高齢化が進んでいるとのことで、ふきでつくるふき紙の普及のため
現在地域おこし協力隊を募集しているところです。
そして最後は馬主来湖へ。
皆さん読めますでしょうか?「パシクル」と読みます。

1608277

こちらは汽水湖のためしじみがよくとれる場所です。
こんな旅でしたが、みなさん久しぶりの太陽にリフレッシュできた旅でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です