ONEROAD

みなさん、こんにちは。

今日ご紹介するのは、花時計の上にあります、釧路市立美術館で開催されている「ONEROAD 現代アボリジニ・アートの世界」です。

釧路市立美術館は、釧路市生涯学習センター まなぼっと幣舞(ぬさまい)の三階にあります。観覧料は、高校生以下無料・大人600円です。

ちなみに、次回の展覧会はこち亀展です。

本展が紹介するのは、絵画を描くことで、故郷の物語を伝え直し、「新しく」歴史を紡いだアボリジニ・アーティストたちの旅の歴史です。

この展覧会は、フラッシュを使わなければ撮影OKでしたので、何点かご紹介したいと思います。

一見、抽象的な絵画ですが、アボリジニ・アートはアボリジニ独自の世界観で描かれています。文字を持たなかった彼らは、絵を描くことで歴史や文化を後世に伝えていきました。本展では題名の「One Road]のとおり、道や地図に関する絵画を観覧することができます。

絵画以外にも、伝統工芸や映像資料も観覧することができるので、アボリジニの伝統の歴史をより深く知ることができます。

下記の絵画は、本展の目玉である324×508 cmの巨大な絵画です。これも水場や丘、生活空間のある場所を示しています。

まだまだ数多くのご紹介したい作品があるのですが、続きはぜひ皆様自身の目で確かめていただきたいと思います。

5月7日(休館日の月曜を除き)まで観覧することができます。

詳しくは、ホームページまでご確認ください。


【お邪魔したところ】

釧路市立美術館ホームページ 

One Road 現代アボリジニ・アートの世界

阿寒湖砕氷帯観光遊覧

みなさん、こんにちは。

今日は、本日から期間限定で約1週間運行される

阿寒湖の春の風物詩、「砕氷帯観光遊覧」に行って

参りましたのでご紹介したいと思います。

釧路駅から車で約1時間半、阿寒湖に到着です。

わかさぎ釣りに来て以来、約2カ月ぶりに阿寒湖に来ました。

ちなみに下の写真が2月の阿寒湖です。

氷が薄くなっているのがはっきりわかりますね。

今日は晴天で、空気はひんやりしていながらも春を感じさせる

やわらかい日差しでした。

砕氷帯遊覧船は、乗り場が1つになっていて、

ホテル御前水さんに近い「幸運の森桟橋」から乗船します。

ちなみに、料金は大人820円です。

今日乗った船は、アイヌ文様の入った砕氷船でした。

運行時間は8時、9時、10時、13時の1日4便です。

本日は10時の便に乗船しました。

早速出航です。

所要時間は15分程度。阿寒観光汽船の営業所から

小島へ向かう近辺を2周していきます。

船はガリガリと音を立てて勇ましく進んでいきます。

船の背面には温泉街と雄大な阿寒の山々が見えます。

ほどなくして、阿寒湖にある小島と大島が

近くに見えてきました。その向こうが雄阿寒岳です。

船が進むにつれて、氷塊も大きくなり、船跡だけ水面が垣間見られる

雪景色に変わります。空気もひんやりしてきました。

そこから左に旋回していきます。

阿寒湖温泉の左岸付近は早く氷が解けていました。

そこからの雄阿寒岳の眺めです。

阿寒湖温泉左岸より先の風景。

こちらでは、4月29日より運行予定のもう一隻の観光船が

たまたま動いていました。その先に見えるのが雌阿寒岳です。

再び阿寒湖中心部に船を進めます。

砕いた氷をちょっと見てみましょう。

薄くなったとはいえ、厚さ70センチくらいの氷が浮いています。

わかさぎ釣りの時はこの氷の上にいたんだなと思うとこれまた

不思議な感覚になります。

寒くなってきたので船内に戻ります。

船内は1階と2階に分かれております。

船内はアイヌ民族の置きものや織物がありました。

ということで約15分の乗船が終わり、元の乗り場に戻りました。

この砕氷船は日本で唯一、砕氷しながら遊覧体験ができる船ですので

是非この不思議な感覚を味わっていただければなと思います。

ということでこの週末は是非阿寒湖に足を運んでみて下さい。


<今日お伺いしたところ>

阿寒観光汽船株式会社

TEL0154-67-2511

http://www.akankisen.com/

あさり狩り2017

みなさん、こんにちは。

久しぶりの投稿になってしまいましたが、

今日は釧路市から車で45分、

隣の隣の町、厚岸町で4月8日から行われている「あさり狩り」

体験ツアーに行ってきたので、ご紹介します!

12時コンキリエに集合し、

一同“ひみつの場所”に向かいます。

厚岸湖は穏やかでした。

早速、熊手で地面を扇状に掘っていきます。

 

約1時間で3キロのあさりが取れました!

量は支給されたネット2つ分になりました。

※写真画像は昨年のものです。

 

 

 

 

 

 

砂抜きについてコンキリエの方にお伺いしたところ、

コップ1杯に、塩小さじ1とのことでした。

帰り道…、ビニール袋に入ったあさりを持って帰ります。

厚岸町から釧路市に戻ってきた帰り道

釧路港できれいな夕日を見ました。

 


<伺ったところ>

厚岸味覚ターミナル コンキリエ

TEL:0153-52-4139

あさり掘り体験ツアー

 

※あさり狩りツアーは7月15日まで行っております。(要事前申込)

 

 

 

霧の街くしろ

みなさん、こんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

今日は「霧の街くしろ」をご紹介したいと思います。

日中と夜の寒暖差が激しい春、

釧路市内は深い霧に覆われることがよくあります。

そうなると視界はこのようになります。

数メートル先でも見えなくなる時があるんですよ。

そんなときに注意なのが車の運転です。

この時期釧路に転勤で来られて

釧路の道に不慣れな方もいらっしゃるかもしれません。

車を運転する際には追突注意のため

速度を遅くして

ヘッドランプもしくは霧に最適なフォグランプを点灯して

白線を目安に運転してくださいね。

※ヘッドランプは下向きがよいようです。