くしろサークル情報

みなさん、こんにちは。

長期滞在者の皆様が滞在中に楽しまれていることの一つが

「サークル活動」です。

「いきなり連絡しても大丈夫だろうか?」とちゅうちょしている方もいらっしゃると思いますが、実際は多数の長期滞在者が様々なサークルに参加されています。

今回は、「アイヌ刺繍」の手芸活動をされている「キロロウタラサークル」をご紹介します。


場所は、釧路駅から車で10分、春採生活館(釧路市春採1丁目12番22号)。

ここで毎週水曜日活動をされています。取材をした17日当日は、11名が活動していました。

こちらが活動拠点です。

私たち取材班を早速暖かく迎えてくれた皆様。

テーブルを囲んで和気あいあいと会話を楽しみながら「アイヌ刺繍」の手芸品を作成しています。


代表の桃井さんに活動についてお話しを伺いました。

Q:キロロウタラサークルはどのような活動をされていますか?

A:毎週水曜日に集まって、「アイヌ刺繍」の手芸品を作っています。

長期滞在者の方も、毎年5組から6組の方が参加し、会員と一緒になって

アイヌ刺繍の他、アイヌ木彫、アイヌ語などを学んでいます。

昨年9月下旬の展示会には長期滞在者の皆さんも作品を出品しました。

今年も9月25日、26日に釧路市役所ロビーにて展示会を行いますので、是非足を運んでいただければと思います。

Q:作品を見ているととても凝っていて素敵ですが、刺繍方法も通常の刺繍と違いますね?

A:それぞれ刺繍方法にアイヌ語が付けられています。

例えば、こちらの作品。

「ルウンぺ」という手法が使われています。

「ルウンペ」は、切り分けた布を紺色の土台においてしつけし、縫いとめ、その上から刺繍する方法です。

続いて長期滞在者の皆様に最初に作ってもらうティッシュケース。

土台の布に直接チェーンステッチで刺繍をしていく方法です。

ここからレベルを上げてもらい、ランチョンマットを作成したり、タペストリーを作成したりと個人ごとに様々な作品を作っています。

作品を見るとわかると思いますが、アイヌ文様は曲線で描き、左右対称ではありません。昔は手で描いていたので、まっすぐな線にはならないのです。また、文様は川の流れなどを意味するので左右対称にはならないのです。そういったアイヌ文化の背景も学びながら作業をしていきます。

Q:最後に長期滞在者の皆様に向けて。

A:私自身も小樽から札幌を経由して釧路に来た移住者なので、長期滞在される方を暖かくお迎えしたいと思っております。刺繍の他にもアイヌ語講座や、木彫り講座を開催予定なので、是非そちらにも足を運んでもらえればと思っています。


<今後開催予定の講座>

・アイヌ語講座

・木彫り講座⦅日時未定、器(ニマ)を作成予定。定員15名。料金未定⦆

問い合わせ先は当事務局(0154-31-4538)まで。


刺繍以外にも「アイヌ語」講座、アイヌの楽器「トンコリ」講座を開いている当サークル。その他、アイヌ語地名の場所を巡ったり、アイヌ料理を楽しんだり、季節問わず「餅つき」を楽しんだりととにかくアクティブに楽しんで活動をしている様子が印象的でした。

お世話になった「キロロウタラサークル」の皆様ありがとうございました。

※今日ご紹介できなかった日々の活動はコチラのブログをご覧ください。

※アイヌ刺繍を学ぶ「キロロウタラサークル」の長期滞在者の定員は5名となっております。参加希望の方は直接代表もしくは事務局:0154-31-4538までお知らせください。


今回ご紹介した「キロロウタラサークル」以外にも99の団体が長期滞在者の皆様を受入しております。今年度のサークル情報を更新しましたのでご案内いたします。→H29年度長期滞在者向けサークル情報

<サークルを開催している場所>

釧路市交流プラザさいわい

釧路市民活動センターわっと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です