JR北海道「くしろ湿原ノロッコ号」

みなさん、こんにちは。

今日は、「くしろ湿原ノロッコ号」に乗車しましたのでご案内します。

ノロッコ号は釧路駅~塘路駅間(※東釧路・細岡にも停車)をのんびりゆっくりと運転する観光列車です。

6月9日(金)から9月4日(月)まで1日2往復運転となっております。

<運転時刻>
【釧路駅→塘路駅】

  • 2号 釧路駅11:06発→釧路湿原駅11:30発→塘路駅11:54着
  • 4号 釧路駅13:35発→釧路湿原駅13:58発→塘路駅14:17着

【塘路駅→釧路駅】

  • 1号 塘路駅12:35発→釧路湿原駅12:39発→釧路駅13:05着
  • 3号 塘路駅14:48発→釧路湿原駅15:10発→釧路駅15:36着

指定席の予約はこちらから。


今回私は、指定席を予約して釧路駅11:06分発のノロッコ号2号に乗車しました。
構内では多くの人々が先頭車両の写真を撮っていました。
当日はツアー客が多数乗車し、全席満席でした。

さあ出発です。快晴で風のない穏やかな日でした。

車窓からの風景をご紹介していきます。
まずは、進行方向右手に出発してすぐ見える釧路川と旭橋。

しばらくして釧路湿原に入ると進行方向左手に見えてくるのが、岩保木水門です。
この岩保木水門はカヌーの発着乗り場として観光スポットにもなっている場所です。

マイクを持ったガイドの方が、釧路湿原の様子を時事ネタを絡めながら解説してくれます。

さらに進んでいくと、左手に湿原風景が続きます。
右手は森林ですが、細岡駅付近で視界が開けます。

また左手に目を向けると、釧路川の蛇行している様子が確認できます。

釧路川を長く観察できるよう、ノロッコ号は徐行運転になります。
徐行運転なので、写真も撮りやすくなりますし、野鳥のさえずりやセミの鳴き声が直接耳に入ってきます。

また遠くに雌阿寒岳・雄阿寒岳を眺めることができるポイントがあります。

カメラで湿原の風景を撮っているうちに塘路駅に到着しました。

帰りの便まで30分ほどある為塘路駅周辺でノロッコ号を写真に収めたり、アイスを食べたりしました。

同じ便に乗っていたツアー客はここから弟子屈方面へバスで移動です。
また、各カヌー会社もお客様を迎えにきておりました。


さて、次々とバスや車は出発していき、12時20分ごろにはこんな静かな状況に。

帰りの便は、空いていたので景色の良い湿原側の指定席を予約して移動しました。
帰りもガイドの方が丁寧に説明をしてくれました。

カメラには収めることはできませんでしたが、オジロワシの飛行する様子も確認できました。

ということで、釧路湿原をゆったりと観光できるノロッコ号。
お時間のある方はぜひ乗車してみてください。


(ご参考)
釧路駅発着「くしろ湿原ノロッコ号で行く!日帰り満喫パック」もJR北海道から販売になっております。

設定期間 6月3日から10月9日まで

①ノロッコ号&湿原ランチ
特別メニュー「湿原ランチセット」を提供します。

②ノロッコ号&プライベートカヌー
貸し切りカヌーで湿原をひとり占め!人気のコースです
カヌー

③ノロッコ号&相乗りカヌー
ジンギスカンを楽しめるランチ付きコースもあります。

※くわしくはこちらのパンフレットをご覧の上、申込はこちらまで

TEL:0154-25-489


また6月24日から9月30日まで、「夏のひがし北海道周遊紀行」というツアーがJR北海道から発売になっております。塘路駅でノロッコ号を降りて、摩周湖を巡り阿寒湖温泉に宿泊する、「阿寒湖に泊まる阿寒湖温泉コース」があります。


またノロッコ号に接続する「ツインクルバス道東」も運行になります。こちらはJR利用者専用バス(要予約3日前)です。

  • 【阿寒湖・塘路号】7/2(日)~9/4(月)、9/9(土)~24(日)の毎日
  • 【塘路・阿寒湖号】7/1(土)~9/3(日)、9/8(金)~24(日)の毎日
  • お値段:2500円~3000円
  • ご利用条件:JR北海道の乗車券類と同時購入か購入済みの乗車券類をご提示されたお客様

運行ルートについて
【阿寒湖・塘路号】
阿寒湖8時出発→900草原9時40分頃出発→川湯温泉(乗車のみ)10時半出発→砂湯(屈斜路湖)10時55頃出発→屈斜路プリンスホテル(各自昼食)12時半出発→塘路駅14時頃着
※塘路駅でくしろ湿原ノロッコ号3号(14:48発)へ接続

【塘路・阿寒湖号】
※塘路駅でくしろ湿原ノロッコ号4号(14:17着)から接続
塘路駅14時半出発→摩周湖第一展望台16時頃出発→硫黄山16時40分頃出発→川湯温泉(乗車のみ)16時50分頃出発→阿寒湖温泉18時15分頃着

詳しくはパンフレットご覧ください。
TELによる申込:011-219-5489(ツインクルデスク)
よろしければノロッコ号乗車後の旅もお楽しみください。


くしろ長期滞在ビジネス研究会

(事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F市民協働推進課内)お問合せ先TEL:0154-31-4538
お気軽にお問合せ下さい。

※釧路市は国民運動「COOLCHOICE」に賛同しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です