釧路市民活動センターわっと

皆さんこんにちは。

釧路はだんだん寒くなり、みぞれが降ったり水たまりに氷が張るようになってきました。

今回、市民活動センタ―わっとの会報にくしろの長期滞在の取り組みが紹介されました。

最近、長期滞在者の方にくしろの滞在についてご感想を伺うと、

「市民活動がたくさんあり、すごい。釧路の人は知的好奇心が旺盛なんですね。」との声をいただくことがあります。

そこで市民活動拠点のひとつ、釧路市民活動センターわっとを今回はご紹介します。

場所は、釧路市末広町3丁目1番地。

長期滞在者の皆様がレンタサイクルでよく利用している施設です。

レンタサイクルについての詳細はコチラ

(11月から雪解けまで休止しております。)

利用された長期滞在者の方の体験談はコチラをご覧ください。

また施設内には、パンフレットやイベント情報、地域活動などを掲示しております。

また、無料で利用できるパソコンを館内に設置しております。

(利用時間は1時間以内です。)

ちなみに無料Wi-Fiを完備しております。

また、格安での大量印刷の他、ポスター印刷、横断幕印刷、ラミネート加工など、様々な印刷作業を行うことができます。

料金・使用方法等、詳しい内容はコチラをご覧ください。

その他会議室の貸出業務、

ロッカー貸出業務

喫茶業務

など長期滞在されている皆様にもご利用頂ける様々な業務を行っています。

また、わっとでは市民活動をサポートしており、長期滞在者向けに開放されているサークル活動のサポートもしております。

詳しくはコチラ

今回はその中から、「釧路を英語の街にしよう会」をご紹介します。

クラスは毎週水・木・金に個々人のレベルに合わせて開いています。

講師の川村さんは、釧路市生まれ。

20年間に渡りフィリピンに滞在し、サント・トマス大学大学院元准教授を経験した後、釧路に帰郷し様々な活動を行ってる方です。

代表の川村さんより。

「当会は、2017年1月、自分たちの郷土が外国人観光客と市民が気軽に英語で交流しあえる街であって欲しいとの願いから発足しました。現在、市民向けの英会話講座を開いています。日本各地からいらっしゃる長期滞在者の方々が、街に滞在中に英会話スキルを身につけながら、その学びの場を市民との交流の場に活用してもらえるなら、講座の目的も膨らみ、参加者の楽しみも倍加するでしょう。

当講座ではアメリカ人のように開放的な気分で英語を話す方法と、そしていつでも、どこでも、話したいことを自由に英語の発想で組み立てる方法を紹介しています。1週間に1回2時間をくしろ市民と一緒にわいわいやってみませんか?」

とのことです。実際に私が取材した際には、お互いをフレンドリーな愛称で呼んでわきあいあいとした雰囲気でした。川村さんはじめ取材を受けてくださったみなさんありがとうございました。

この活動にご興味がありましたら、「わっと」事務局TEL0154-22-2232までお電話下さい。

 

レンタサイクルのみならず様々な事業を行っている「わっと」。

雨の日や寒い日にちょっとだけ立ち寄る休憩所として、また何か困りごとがございましたら、是非「わっと」をご利用いただければと思います。

———————————————————-

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538       お気軽にお問合せ下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です