11/25釧路アイデアソン2

みなさん、こんにちは。
くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

本日は前回に引き続き、道東観光アイデアソンの様子をお伝えします。

2日目の座談会は朝10時から午後6時までと8時間の長丁場でしたが、54名もの方々が参加されていました。そのうち札幌・道外から30代・40代の男女計13名の方々が3~4日程度釧路に滞在しながら、アイデアソンにも参加していました。

25日の午前中は、IoTは何かという基礎から学びました。

※IoTとは、様々な「モノ(物)」をインターネットに接続することにより、制御できたり情報の取得ができる仕組みです。講演では、モノをインターネットに接続するだけでなくデジタルですべてのものをつなぐ時代のことというお話もありました。

そして、前日抽出した課題を参加者から発表していただきました。

その後釧路市の観光施策を踏まえて、課題をどのようにIoTで解決できるか、チームでアイデアを出し合い、審査・表彰式が行われました。

アイデアソンでは自治体関係者、学生、地元の方、地元外の方、IT企業従事者等の様々なジャンルの方が一つのグループになるようにグループ分けをしました。

私たち事務局員は道東観光施策について直接携わっておりませんが、道外から来られている長期滞在者をおもてなししている立場として、道外から来られている方の目線を学ばせてもらおうと2日目のアイデアソンにも参加しました。

 

直接参加してみて、最近のAIやIT技術は進んでいることを目の前で体感しました。また、長期滞在についても率直な意見を伺うことができました。道外の方の意見として、「行政で出している情報が分散されていて、一元化されていないしわかりづらい。」などのお声があり、私たちも情報発信やその方法についてもっと努力が必要と感じ身が引き締まる思いでした。

当事務局員が参加したチームは見事優勝!
私も景品をいただいてしまいました(笑)。

さて、釧路でアイデアソンを開いた意義、そして効果はどうだったのでしょうか。後日運営していた四宮琴絵さんにお伺いしました。

Q:札幌・道外の方を13名も釧路にお招きいただいて本当にありがとうございます。釧路でアイデアソンを開催しようと思った動機はなんだったのでしょうか?

A:釧路の人に是非最新のIT技術を体験していただきたいと思いました。東京ではこういうイベントはたくさん開催されています。遠い地域でIT企業の人が何か作っているなと客観的に思うのではなく、身近にある課題を実際に出してもらって、それがどのようにIT技術で解決されるかその技術を間近で見ていただくことで、IT技術が自分たちのところにおりてくる瞬間を釧路で感じてほしいと思っておりました。

Q:私もしっかり体感することができました。その他全体の効果としてはいかがでしたでしょうか?

A:道外から来られた方は「釧路市のポテンシャルと熱量の高さを感じた。」とおっしゃっておりました。この熱量をそのままに来年4月にはぜひ事業モデルがひとつ出来上がるようなイベントを企画したいと思います。

ということで、実行委員会の皆様、ならびにご参加いただいた皆様ありがとうございました。

いただいた意見を参考にしながら長期滞在事業もより一層よいものとしていきたいと思います!

そして、札幌・道外から釧路に来られる方へお知らせです。

釧路滞在中もパソコン作業や仕事をしたいという方向けに、コワーキングスペースの利用料を一部助成するモデル事業を当研究会で行っております。

喫茶店などで仕事をするのではなく、コワーキングスペースを利用いただくことで、集中して効率的に作業を行うことができるメリットがあります。また、大自然が大変近い場所にあるので、空いた時間は温泉に行ったりドライブに出かけたりなど様々なアクティビティーを楽しむことができるのも釧路で長期滞在をするメリットです。

現在コワーキングスペース等登録事業者3社をご紹介しております。

くしろフィスさん

en.shere placeさん

HATOBAさん

詳しくはぜひこちらをご覧ください!!!
———————————————————

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。