冬のくしろ長期滞在まとめ

みなさん、こんにちは。
くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

本日は、冬のくしろ長期滞在について、ご紹介します。

<目次>
1.冬のくしろ長期滞在が注目されている理由
2.冬のくしろ長期滞在で楽しめる10のこと
3.冬のくしろトラベル
4.冬のくしろ長期滞在で揃えたいもの・注意点
5.冬のくしろ長期滞在中のサポート

 


1.冬のくしろ長期滞在が注目されている理由

「涼しい夏」が人気で平成23年度から6年連続で長期滞在受け入れ実績北海道No.1の釧路市ですが、最近は冬の長期滞在も注目が集まっていることをご存知ですか?

①要因のひとつとして、積雪量が少なく、晴天率が高いことにあります。

※合計積雪量の月平均【2014年度~2016年度の12月~3月】

そのため、晴れた日には「絵のような写真が撮れる。」とおっしゃる方もいます。

②スギ、ヒノキが自生しておらず、花粉症にお悩みの方にお勧めです。


2.冬のくしろ長期滞在で楽しめる10のこと・イベント

釧路を拠点にさまざまな場所を楽しむことができます。

①釧路川ウィンターカヌー

冬の静寂な釧路湿原の中をカヌーでゆったりと進みます。

(体験元:マーシュ&リバー

②阿寒国際ツルセンター(グルス)や鶴居村でのタンチョウヅルウォッチング
 釧路冬の風物詩「タンチョウ」を近くで見ることができます。
(画像提供:NPO法人美しい村・鶴居村観光協会)
SL冬の湿原号
レトロなSL列車が大雪原の中を走り抜けます。
10312
④JR花咲線で行く根室への旅
 冬でも安心なJR花咲線列車で行く根室への旅。根室市はバードウォッチングの聖地と言われております。
(画像提供:根室観光協会
JR花咲線で行く道の駅厚岸グルメパーク

厚岸味覚ターミナルコンキリエの「焼き牡蠣」は本当に美味しいです。

img_4188
流氷を臨むJR釧網線の旅
 網走市の流氷観光砕氷船オーロラで臨む海一面の流氷は圧巻です。
阿寒バス「ホワイトピリカ号」でめぐる冬の道東3湖~

道東3湖をバスで周遊します。

冬の阿寒湖

冬の摩周湖

(画像提供:弟子屈町役場)

冬の屈斜路湖

(画像提供:弟子屈町役場)

  ⑧アイスランド阿寒で楽しむワカサギ釣り

阿寒湖上では様々なアクティビティーが楽しめます。ワカサギ釣りもその一つです。

⑨阿寒湖を眺めながら楽しむスキー・スノーボード
国設阿寒湖畔スキー場は、雄阿寒岳や阿寒湖の雄大な景色を臨むゲレンデは初心者から上級者まで楽しめるスキー場です
 
⑩くしろ近郊の温泉巡り
阿寒バスで動物園入園料・山花温泉入湯料がセットになった乗車券が発売されています。
 (画像提供:山花温泉リフレ)
 その他、冬を楽しむイベントもたくさんあります。
1月2月のイベント情報は釧路総合振興局のイベント表(外部PDF)をご覧ください。

3.冬のくしろトラベルには
釧路での滞在に興味がある方やホテル滞在ご検討の方に!
※ビジネス研究会会員の㈱JTB北海道 釧路支店よりおすすめ、
1泊から検索OKの「るるぶトラベル」をぜひご活用ください。

4.冬のくしろ長期滞在で揃えたいもの・注意点

身支度については下記ブログをご参照してください。

冬靴を買う

冬の服装をそろえる

冬の滞在中必要なアイテム

冬の滞在中にご注意いただきたいことについて

転ばないような歩き方(※転ばぬガイドがPDFで開きます。)

④冬の道東ドライブガイド前編後編をご覧ください。

☆☆準備ができたら道東冬のアクティビティーを思いっきり楽しみましょう!☆☆


5.冬のくしろ長期滞在中のサポート
事務局では、長期滞在者向けに滞在施設情報や、交通情報など長期滞在中に役立つ情報をご案内しております。ぜひお気軽にお立ち寄りください。事務局は釧路市役所内にあります。詳しくは下記をご覧ください。
事務局のご案内
 
また、4日以上くしろを滞在される方向けに市内の一部施設の入館料などを釧路市民と同じ条件でご利用できるくしろステイメンバーズカードを発行しています。
対象者や申請に必要な書類など詳細は市役所ホームページをご覧ください。

ぜひ、「花粉0の快適空間」で、冬のくしろを楽しんでください!

—————————————————

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です