阿寒湖畔スキー場

みなさん、こんにちは。
くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

今回は長期滞在班で阿寒湖畔スキー場に行ってきました!

1月13日(土)、当日は晴天。釧路市内を午前8時に出発します。

まりも国道(国道240号)は積雪がなくスムーズに移動できました。

今年の釧路市内は例年より雪が少ないですが、阿寒湖畔はどうでしょうか。

午前9時半に阿寒湖畔スキー場に到着しました!一面雪景色。

早朝だったため、山々の樹々がところどころ樹氷(氷点下の霧が樹枝などに着いてできる氷)で白く輝き、空も晴れていて大変きれいな風景でした。

外気温は、なんとマイナス12℃!!

寒さにふるえながら、まずはレストハウスB1に向かいます。

レストハウスでは一式をレンタルすることができました。

レンタル品ならびに料金についてはこちらをご覧ください。

ロッカー(200円)で靴と貴重品を預けていざスノボ体験です。

雪面は固く締まっており、距離も長すぎず短すぎずのちょうどいい長さで、コースもライトウィング、レフトウィングと2コースあります。

ライトウィングコースは最大斜度26度の上級者向けコースとなっております。

昨年12月25日(月)から12月28日(木)まで第96回全日本スキー選手権大会アルペン競技会技術系(スキー大回転、回転)が開かれました。

一方レフトウィングコースは初級者から中級者向けコースです。それほど傾斜もきつくなく(最大傾斜20℃)、初心者の方でも1~2時間程度で滑れるようになります。こぶもない大変滑りやすいコースです。また途中でボードパークというスノーボーダーもアクロバティックな技を磨くことができる特設コースが併設されております。

また、小さなお子様向けのキッズパークもあり、ソリで楽しむことができます。

初級から中級の方はリフトを中間降り場で途中下車します。

うっかりそのまま乗っていると降りそこなって上級者向けコースに行ってしまいます。

リフトに乗っている間も、阿寒湖畔と雄阿寒岳を望むことが出来ます。

リフト料金についてはこちらをご覧ください。

当初は寒さに震えていたものの、いつのまにか体はポッカポカに。

ただ日頃の運動不足のため体が悲鳴を上げ、たった2時間半で切り上げ

レストハウスでお昼となりました。インターネットの人気投票でNo.1に輝いたこともある評判の食堂です。

レストハウスではカレーライスやラーメン、そばなど一通り定番のものが揃っています。

私たちはそのまま釧路に戻りましたが、帰りに阿寒湖畔の日帰り温泉で

疲れた体を癒すこともできます。

こどもからシニアまで楽しむことができるスキー場ですので

冬のくしろ滞在中のアクティビティーのひとつとしてご検討下さい!

<お世話になったところ:国設阿寒湖畔スキー場>
ホームページはこちら
※駐車場は300台無料で止めれます。
※交通手段はコチラ
※レンタカーご利用の際は当研究会のレンタカー会社をご利用下さい。
営業時間:9時~16時
お問合せTEL:0154-67-3200

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

里帰り出産インタビュー

みなさん、こんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

これまで、避暑やリモートワーク等、様々な形の長期滞在を紹介いたしましたが、

今回は、里帰り出産で釧路に長期滞在された方へインタビューしました。

※インタビュー日  平成29年12月20日(水)

<インタビューにご協力いただいた方>

お名前 :山田様 (釧路市出身)

上のお子様 そらくん1歳

下のお子様 あおくん4ヶ月

 

(事務局 以下Q):本日は里帰り出産をして感じた事等について教えていただければと思いますのでよろしくお願いします。早速ですが、お住まいの地域はどちらですか?

(山田様、以下A):よろしくお願いします。現在は石川県に住んでいます。

 

Q:どのくらい前から釧路に滞在されているんですか?

A:確か5月くらいから釧路に来ていたと思います。
今はもう出産して4ヶ月程経ったので、来月の1月くらいに地元に戻ろうと思っています。

 

Q:すでに7カ月程釧路に滞在されているのですね。ありがとうございます。
今回はなぜ里帰り出産をされたんですか?

A:実は、主人の仕事の関係で一時的に北広島市に滞在しており、そこで出産する予定でした。
ところが、実家のある釧路へ遊びに行った際に、体調を崩してしまったので、そのまま釧路で出産することに決めました。

 

Q:そうだったんですね。不測の事態で釧路で出産されることになったとのことですが、釧路で出産できてよかったことはありますか?

A:やはりなんといっても出産するにあたり両親に援助してもらえたことが大きかったですね。特に上の子どもの面倒をよく見てもらえたので、今回の里帰り出産で親のありがたみを改めて感じました。

あと、石川県の夏は気温が30℃くらいになる日がよくありますが、それに対して釧路の夏は涼しくて、外を歩いたりするときは快適でした。ただ、冬は道路が凍って滑るので、あまり外に出かけられなかったのが残念です。

 

イオンやイトーヨーカドー等のスーパーが揃ってますので、買い物とかの日常生活については特に困ったことはないですね。

上の子どもは、こども遊学館や公園に遊びに行っていましたが、もう少し他にも子どもが遊ぶところが増えれば良いなと感じました。


【画像:釧路市こども遊学館】

<釧路市健康推進課からの耳より情報>
「お子様と遊学館や公園で身体を使って遊ぶのも楽しいですね。
公園以外にも、室内の遊び場として、子育て支援拠点センター(東部、中部、西部の3ヵ所)や親子つどいの広場昭和(昭和中央児童センター内)もあります。主に乳幼児(0~3歳)を持つ親子が気軽に集う場で、育児相談も受けられます。
楽しく利用していただくにあたり、利用可能な曜日や時間がありますので、ご連絡いただければと思います。ご兄弟の年齢が離れていても、上のお子さんが就学前であれば利用可能な時間帯もあります。お気軽にお問合せください。まずは連絡をお待ちしております。」

問合せ先:東部子育て支援拠点センター
                           電話(0154)65-9912


 

Q:やはりご両親がいるということは、ご出産される際には心強いのですね。
冬道は確かに凍って滑りやすいですね。でも実は冬にしか見れない景色等もありますので、また釧路に来る機会があればぜひ見ていただけたらうれしいです。

 

それでは最後の質問になりますが、釧路で里帰り出産をする際にこんな制度があればと思うものがあれば教えて下さい

A:そうですね。制度についてはピンときませんが、何か里帰り出産をしたくなるような制度が釧路にあればうれしいです。

 

Q:本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

A:ありがとうございました。

 

今回、急遽、釧路で里帰り出産されたということでしたが、釧路で出産できて良かった点もお聞きすることができました。

山田様、ご協力いただき本当にありがとうございました。

 

今回のインタビューは山田様が4ヵ月児健診を受診される際にお時間をいただき、お話をお聞きしました。
乳幼児健診については、釧路市に住民票がない方でも一定の条件の下、受診が可能となっていますので、里帰り出産をされる場合はぜひご利用ください。
※詳細については釧路市健康推進課(℡:0154-31-4525)までお願いします。

また、各種助成制度等はお住まいの地域の制度をご利用いただく形となりますので、お住まいの自治体にご確認くださいますようお願いいたします。

 

釧路に実家がある方は、出産の際にはぜひ里帰り出産をご検討いただければと思います。

———————————————————

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。