阿寒湖畔スキー場

みなさん、こんにちは。
くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

今回は長期滞在班で阿寒湖畔スキー場に行ってきました!

1月13日(土)、当日は晴天。釧路市内を午前8時に出発します。

まりも国道(国道240号)は積雪がなくスムーズに移動できました。

今年の釧路市内は例年より雪が少ないですが、阿寒湖畔はどうでしょうか。

午前9時半に阿寒湖畔スキー場に到着しました!一面雪景色。

早朝だったため、山々の樹々がところどころ樹氷(氷点下の霧が樹枝などに着いてできる氷)で白く輝き、空も晴れていて大変きれいな風景でした。

外気温は、なんとマイナス12℃!!

寒さにふるえながら、まずはレストハウスB1に向かいます。

レストハウスでは一式をレンタルすることができました。

レンタル品ならびに料金についてはこちらをご覧ください。

ロッカー(200円)で靴と貴重品を預けていざスノボ体験です。

雪面は固く締まっており、距離も長すぎず短すぎずのちょうどいい長さで、コースもライトウィング、レフトウィングと2コースあります。

ライトウィングコースは最大斜度26度の上級者向けコースとなっております。

昨年12月25日(月)から12月28日(木)まで第96回全日本スキー選手権大会アルペン競技会技術系(スキー大回転、回転)が開かれました。

一方レフトウィングコースは初級者から中級者向けコースです。それほど傾斜もきつくなく(最大傾斜20℃)、初心者の方でも1~2時間程度で滑れるようになります。こぶもない大変滑りやすいコースです。また途中でボードパークというスノーボーダーもアクロバティックな技を磨くことができる特設コースが併設されております。

また、小さなお子様向けのキッズパークもあり、ソリで楽しむことができます。

初級から中級の方はリフトを中間降り場で途中下車します。

うっかりそのまま乗っていると降りそこなって上級者向けコースに行ってしまいます。

リフトに乗っている間も、阿寒湖畔と雄阿寒岳を望むことが出来ます。

リフト料金についてはこちらをご覧ください。

当初は寒さに震えていたものの、いつのまにか体はポッカポカに。

ただ日頃の運動不足のため体が悲鳴を上げ、たった2時間半で切り上げ

レストハウスでお昼となりました。インターネットの人気投票でNo.1に輝いたこともある評判の食堂です。

レストハウスではカレーライスやラーメン、そばなど一通り定番のものが揃っています。

私たちはそのまま釧路に戻りましたが、帰りに阿寒湖畔の日帰り温泉で

疲れた体を癒すこともできます。

こどもからシニアまで楽しむことができるスキー場ですので

冬のくしろ滞在中のアクティビティーのひとつとしてご検討下さい!

<お世話になったところ:国設阿寒湖畔スキー場>
ホームページはこちら
※駐車場は300台無料で止めれます。
※交通手段はコチラ
※レンタカーご利用の際は当研究会のレンタカー会社をご利用下さい。
営業時間:9時~16時
お問合せTEL:0154-67-3200

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です