冬こそ楽しい!くしろ長期滞在

みなさんこんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

今シーズンは雪の少ないくしろにも久々にまとまった雪が降りました。

雪がやみ、青く澄み切った「冬晴れ」の空とまっしろな雪景色のコントラストを眺めていると、まるで別世界にいるようです。

そんな魅力いっぱい!冬のくしろ長期滞在を今日はご案内したいと思います!!


<目次>
1.冬のくしろの魅力
2.冬のくしろを満喫!「長期滞在中のいろいろ」
3.冬のくしろでゆったり滞在
4.冬のくしろツアー一覧
5.冬のくしろ長期滞在中のサポート


1.冬のくしろの魅力

くしろにはスギ・ヒノキが自生しておらず、澄んだ空気を吸うことができます。

またくしろは道内でも有数の「冬晴れ」のまち。

※11月・12月の日照率の平均【2014年~2016年】

晴天率が高く澄んだ青空と豊かな自然が調和した冬のくしろは、どこにファインダーを向けてもきれいな写真が撮れます。

(画像:1月米町公園からの眺め)

2.冬のくしろを満喫!「長期滞在中のいろいろ」

釧路を拠点にさまざまなことを楽しむことができます。

①「くしろ冬の味覚を味わい尽くす!」

長期滞在だからできること。
それは道東グルメを味わい尽くすこと。

釧路には美味しい飲食店がたくさんあります。

寒空から暖房の効いたお店に入ると凍えた体があったまります。

新鮮な魚介類を使った丼や、お寿司。

根釧牛乳を使った料理やチーズ。

(ハートンツリーさん)

生産者と料理人の距離が近いからこそ、食材の魅力を最大限に引き出した料理を味わうことができます。

②日本最大級、「冬の釧路湿原」

上から眺めるなら、JR北海道「SL冬の湿原号」や、釧網線列車で「釧路湿原駅」へレッツGO!

「細岡展望台」までは釧路湿原駅から徒歩20分!展望台からは広大な釧路湿原を望むことができます。釧路川の蛇行も確認することができます。

間近で釧路湿原を楽しみたい方には、「釧路湿原のカヌー」が絶対おススメ!

昨年、マーシュ&リバーさんにお世話になりました。

冬景色を楽しむだけでなく、珍しい野鳥に出会える確率がぐっと高くなりますよ。

こちらは昨年冬のカヌーに乗った際に出会った天然記念物「オオワシ」です。

お得に「釧路湿原を眺めたい!」&「タンチョウを見たい!」という方に。

冬のタンチョウ号」。タンチョウ号の楽しみ方はコチラ

③ダイナミックな自然が待っている!「阿寒湖」


約2時間で、くしろ市街地から阿寒湖畔にバスで行くことができます。

おススメは日帰りで阿寒湖・摩周湖・屈斜路湖をめぐることができる

阿寒バスの「ホワイトピリカ号」です。


3.冬のくしろでゆったり滞在

読書をしながらゆったりのんびりと過ごしたいという方に。

新しく釧路中央図書館が2月3日(土)にOPENしました。

釧路駅から徒歩20分ほど歩くと生涯学習センター「まなぼっと」。その3階に釧路市立美術館があります。

2月18日(日)まで「絵でめぐる世界旅行スペース遥かなる異国」展と「女性の肖像」展を同時開催しています。

バスで約60分。山花温泉リフレでゆっくり温泉につかってみるのもいかがでしょうか。近くに動物園もあります。


4.冬のプリンスホテル滞在ツアー一覧

プリンスホテルに滞在するツアーは以下になります。

オリオンツアー

 「避粉という選択:スギ・ヒノキ花粉0の街で始める快適生活。」

 和商市場で勝手丼が食べられる朝食1回と地元の人も食べている回転寿司のお食事券5,000円分付き!長期滞在もOK!

※掲載は順不動となっております。

「花粉0の快適空間」で、くしろを満喫して下さい!


5.冬のくしろ長期滞在中のサポート
事務局では、長期滞在者向けに滞在施設情報や、交通情報など長期滞在中に役立つ情報をご案内しております。ぜひお気軽にお立ち寄りください。事務局は釧路市役所内にあります。詳しくは下記をご覧ください。
事務局のご案内
 
また、4日以上くしろに滞在される方向けに市内の一部施設の入館料などを釧路市民と同じ条件でご利用できるくしろステイメンバーズカードを発行しています。
対象者や申請に必要な書類など詳細は市役所ホームページをご覧ください。

 皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

—————————————————

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です