ニシン

みなさん、ニシンを食べたことはありますか?

先日、関西から冬の長期滞在で来られたお客様が

ニシンの塩焼きを食べておいしかったということで、

ご報告がありました。あまり関西では食べたことがないとのこと。

私たちはそれにびっくりしたのです。

ニシンは北海道民にはとてもなじみのある魚です。

かつて北海道の日本海沿岸には、春になるとニシンが産卵のために、たくさんやってきてメスが卵を産みオスが一斉に射精するので海が白く染まるほどでした。

そんなニシンをとるためたくさんの人々が日本海沿岸に押し寄せました。

北海道の民謡「ソーラン節」は、ニシン漁の際に唄われたニシン場作業唄の一節です。

いったん漁獲量が激減しましたが近年少しづつ漁獲量が増え、鮮魚も出回るようになってきました。

ニシンは「春告魚」といわれるように主に春に食べられています。

最近お店で見かけるようになってきました。

ところでニシンの卵は「数の子」なのはご存じでしたでしょうか?

今釧路は大寒波を抜け、少しあったかくなってきました。

冬のSL湿原号も今週末、今季の営業を終えます。

最終日は2月24日(日)となっております。

私高橋も、SLをたくさん撮影してきました。

SLの運行が終わるといよいよ春が近づいてきたと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です