釧路で「働きながら避暑生活」リゾートワーク

みなさん、こんにちは。
今日は「働きながら避暑生活」という新しい働き方をご紹介します。

<目次>

  1. 「働きながら避暑生活」リゾートワークとは
  2. 釧路で「働きながら避暑生活」するメリット
  3. 釧路リモートワーカーへインタビュー
  4. コワーキングスペース事業者紹介

1.「働きながら避暑生活」リゾートワークとは

釧路の涼しい気候の中で、「働きながら避暑生活」をしてみませんか?
30℃以上のうだる暑さの中で、エアコンが効いた場所で働くのではなく、天然の涼しさの中で働くことで、より生産的・快適に働くことができるのではないでしょうか。

「リゾートワーク」とは、その名のとおり「リゾート」と「ワーク」を組み合わせた造語で、休養・保養しながら仕事をする新しい生活スタイルです。
「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた「ワーケーション」とも呼ばれています。


2.釧路で働きながら避暑生活するメリット

釧路市の魅力はなんといってもその「涼しさ」。2007年~2016年の7~9月の日最高気温の平均が21.1度で、真夏日(日最高気温30度以上)が年に1日あるかないかのまさにまち全体が天然のクーラーです。おかげ様で平成28年度は多くの長期滞在者の皆さんに釧路でお過ごしいただきました。
(詳しくはコチラ

※夏季(7月~9月)日最高気温の平均【2007年~2016年】

また道東の空の玄関口である釧路空港を有し、空港から釧路市街へバスに乗って約45分で着きます。また高速道路(道東自動車道)が釧路市内の阿寒ICまで開通し道内各地へのアクセスもよくなりました。

さらに釧路市は「釧路湿原国立公園」「阿寒国立公園」(近日阿寒摩周国立公園に改称予定)の二つの国立公園を有する、自然豊かなまちです。

またお子さんがいる家庭だと、親が働きながら子供に夏休みを満喫してもらうことは大変です。本州の主たる観光地は夏休み中混雑して、乗り物の待ち時間や渋滞にイライラが募ることもあります。
釧路で過ごす夏休みは、カヌーで川下りしたり、魚釣りをしたり、キャンプをしたりと釧路近郊に天然の遊び場がいっぱいでイベントも盛りだくさん。大人も快適空間で仕事をしつつ、空いた時間は子供と一緒に心から余暇を楽しむことが出来ます。


釧路リモートワーカーへインタビュー

※「リモートワーク」とは組織に所属しつつ、働く場所を固定しない働き方です。

今回は、システム開発会社㈱ジョイゾー(東京)四宮琴絵さんにインタビュ―させていただきました。四宮さんは釧路出身のリモートワーカーで、子育てしながら夏に釧路で働くことのメリットなどお伺いしました。

Q:釧路市でリモートワークをしている感想は?

A;釧路の美味しいものを食べながら働くことができます。リモートワークする上で一番気になることが通信環境ですがコワーキングスペースならばネット環境も整っていますし、仕事と休みのワークライフバランスがきちんととれた日々を過ごせることも魅力です。また、実家への帰省も兼ねているので、子供もおばあちゃんたちといっぱい遊んでもらえて、その間に自分も働くことができるのも良い点です。

Q:釧路のコワーキングスペース、「くしろフィス」を使用した感想は?

A:オープンな空間ながらも、仕切りがあって自分の場所が確保されているので周りが気にならならず、作業に集中することができます。電源も確保できます。また広い空間なので、WEBミーティングを行っても、周りの音が入らないので気に入っています。また、色んな方々が遊びに来たりと面白いことが起こるのもくしろフィスの魅力の一つです。

また、近所に新しくオープンした一時保育のハイホームさんは託児もお願い出来ますし、釧路フィスへ出張保育もしてくれます。子供を連れてきても、働いている間にはどうしたらよいかという働くママの不安が解消できる環境が整っています。子育て中の働くママでも子供を預ける場所があるので安心して長期滞在ができます。

Q:小学生のお子さんがいらっしゃいますが、釧路で過ごしたお子さんの感想は?

A:東京だと、公園で遊ぶにもブランコで順番を待つ必要がありますが、釧路ではそれがなく、滑り台も滑り放題で、本当に広い公園でのびのび遊ぶことができます。スケート場も東京は利用料が高いのですが、釧路市のスケート場は夏も利用料が安く、一般滑走であれば自由に滑れます。

Q:今後の活動について?

A:ジョイソーで主催している※地域クラウド交流会(起業家支援と地域活性化を掛けあわせた地域イベント)が11月23日に開かれるほか、くしろはてなという、くしろ・とかちの魅力を発信する活動を強化していく予定です。釧路を盛り上げるために今後も沢山の活動をしていきます。
(※地域クラウド交流会はサイボウズ株式会社の登録商標です。)

 

取材にご協力いただいた、四宮さんありがとうございました。


4.コワーキングスペース事業者紹介

研究会でご紹介しているコワーキングスペース事業者はコチラです。

またくしろ長期滞在ビジネス研究会では、コワーキングスペース等利用促進モデル事業を行っております。

長期滞在者にコワーキングスペース等を紹介するとともに、利用料の一部を助成すし、働きながらの滞在を支援していきます。
※コワーキングスペース利用者条件:・釧路市内(くしろ長期滞在ビジネス研究会会員が管理する市外の物件を含む) に、連続4日以上滞在すること。釧路総合振興局管内、根室振興局管内、オホーツク総合振興局管内、十勝総合振興局管内以外の自治体に住民登録していること。その他利用条件があります。
詳しくは、研究会ホームページ「コワーキングスペース等利用促進モデル事業」をご覧ください。


くしろ長期滞在ビジネス研究会

(事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F市民協働推進課内)お問合せ先TEL:0154-31-4538
お気軽にお問合せ下さい。

※釧路市は国民運動「COOLCHOICE」に賛同しております。