北海道・冬の露天風呂

みなさん、こんにちは。

突然ですがみなさんは北海道、冬の露天風呂に入ったことありますか?

氷点下の寒空で露天風呂なんて、寒くて入ってられない。

と思いの皆様。

たしかに外は氷点下で凍えるような寒さなのですが、

それも露天風呂に入るまでの5m~10mの辛抱です。

お風呂に入ってみると、体はぽかぽかなのに、頭は寒さでスッキリするので

ながく入っていられますし、雪景色の中の露天風呂は風情も感じます。

(※高血圧、生活習慣病の方など健康に不安のある方のご入浴は十分注意下さい。)

釧路には釧路駅から車で30分ほどの距離に「山花温泉リフレ」があり、

気軽に入れる温泉として市民から愛されています。

 

(写真:山花温泉リフレHPより)

源泉100%、露天風呂はもちろんのこと。

(写真:山花温泉リフレHPより)

霧の釧路ならでは。強力なミストサウナ―もおススメです。

(写真:山花温泉リフレHPより)

ただ、山花温泉リフレはそれだけではありません。

お食事処もまた魅力があります。

(こちらは秋JICA研修でお邪魔した写真。)

(写真:山花温泉リフレHPより)

入浴券とお食事がセットになったお得なプランもあります。

また動物園入場券とセットになったプランも。

メニューなど詳しくは受付でお尋ねください!!

そして現在開業20周年イベントとして抽選券が配布されるイベントも

2月28日まで開かれております。

 

さらに山花温泉リフレには市民に愛される理由があります。

それは「加工実習」。

燻製したソーセージ。

イチから作っていきます。

野菜ピザなども作れます。

月に2回加工体験会を行っておりますので、

是非こちらも参加されてみて下さい。

詳しくはコチラ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日ご案内した施設

山花温泉リフレ 

日帰り入浴情報

TEL0154-56-2233

アクセスはコチラ

釧路駅からは阿寒バスがございます。詳しくはコチラ

山花温泉リフレの欄をご覧ください。

 

 

 

 

 

冬に準備したいアイテム

みなさん、こんにちは。

ブログ見ているよ。」の声はとても嬉しいです。

ありがとうございます(*^_^*)

さて今回は

冬のアウトドア、どんな準備が必要?」ということで

服装に関してはコチラにまとめてありますので、それ以外のものを

列挙してみました。


其の① バックはリュック型で。

冬道を歩くのに、両手が使えるほうが安心なため

リュックをおススメしたいです。

其の② 暖かい飲み物があると○

寒い場所では体が冷えてくるので、

暖かい飲み物が飲みたくなります。

其の③ 紫外線対策は万全に。

冬は晴れていると白い地面から紫外線が反射してくるので

サングラスや日焼け止めがあるとよいかと思います。

其の④ 乾燥対策のクリーム。

暖房がきいた車内や屋外活動などで、手や顔が乾燥してくるので、

こういったクリームを準備しておくとサッと塗れます。

其の④ ホッカイロ(特に足先のホッカイロ)は必須

防寒の靴や手袋をはいていても指先は冷たく感じることがあります。

足先のホッカイロは絶対必要なアイテムです。

其の⑤ 代えの靴下や手袋

雪が溶けて濡れてくることもあるので、

代えの靴下や手袋があるとそんな時でも安心です。

其の⑥ マスクは風よけにもなる

風邪予防としても、強風から顔を守るためにも

使えます。

其の⑦ タオルがあるとなにかと便利

汗を拭いたり、濡れたものを拭いたり。

服についた雪を掃ったり。

冬には必須のアイテムです。

いかがでしたでしょうか。

冬の旅支度の参考になれば嬉しいです!(*^_^*)


くしろ長期滞在ビジネス研究会 HP

facebook

 

 

 

 

 

 

 

ウィンターカヌー

みなさん、こんにちは。今日は、大寒ですね。

ところで、釧路の冬といえば!

ぜひこの世のものとは思えない体験ができる

ウィンターカヌー」を紹介したいということで、

本日釧路川に行ってまいりました(^^♪。

寒いからこその風景がそこには広がっていました。

今回お世話になったのは、北海道知事認定アウトドア優良事業者の

釧路マーシュ&リバー」の斉藤さんをはじめとする皆さんです!

参加したのは、「釧路湿原半日プラン」。

早朝から、午前いっぱいカヌーとスノートレッキングを

満喫してきましたよ。

まず早朝8時に出発。車で塘路駅近くのボード乗り場へ向かいます。

車窓から見た釧路湿原はあたり一面白い世界です。

釧路川スガワラカヌーボードより準備をしてカヌーに乗り込みます。

水蒸気が木にくっついて凍る「霧氷」という現象で、

木も白いお化粧をしているみたいです。

川面は湯気のように見える「けあらし」という現象で

より一層幻想的な雰囲気。

釧路川は穏やかでとても静かです。

遠くから列車の走る音が聞こえてきます。

そして

 

曲がり角を曲がると…。

い、いました!!!

オオワシです!!

そっと静かに近づいてみます。

勇ましい姿をまじかで見ることができました。

 

ということで、長くなったので中編に続く…。


お世話になったところ。

釧路マシュー&リバーさん。

☆釧路湿原ウィンターカヌー&湿原ウォッチングプラン。

8時より釧路駅付近のホテルまでお迎えにあがるコースです。

☆インターネットで予約ができます。前日夕方6時まで。

予約フォームはコチラ

☆1名様より体験可能です。今回私も1名での参加です。

☆各自防寒対策をしたうえで、中にドライスーツを借りました。

ショートコースではドライスーツを使用しないコースもあります。

(後日ブログで紹介したいと思います)

くしろ長期滞在ビジネス研究会HP

 

あいすランド阿寒

みなさん、こんにちは。

冬といえば!!ぞくぞく観光客が訪れている

あいすランド阿寒」を是非紹介したい!ということで…。

今年初の阿寒湖に行ってまいりました!

ここが湖の上と信じられますか??

長期滞在者の方から「人が乗っても氷は割れないの?」と聞かれますが

大丈夫!!湖の氷は分厚く、歩いてもまったくビクともしないんですよ!

湖の上に、なんと!駐車場がありそこから徒歩ですぐのところに

あいすランド阿寒の窓口があります。

ここで1,500円をお支払いし、竿とイスとえさをお借りします。

持ち手が竹素材の竿を選びました。

個人的にはあたりがわかりやすいので竿先がしなった竿

おススメです。

大小さまざまなテントがあり迷っちゃいますが…

初心者には、見切れてしまった左端の背の高いテントを利用すると

寒さを地面から感じにくいためおススメです。

4か所ある釣り針に餌をつけていざ穴へ投入。

水深7メートルくらいでしょうか。水深に合わせてレールを調整します。

(釣り方がわからない人は青い服の指導員の方に声をかけて下さいね。)

寒いので手袋は必須なのですが…。

餌を付け替えたり魚を針から取る作業があるので

親指と人さし指と中指の第一関節が空いている手袋をはいて下さい。

(空いている手袋がなかったら、軍手や安価な手袋の指先を切ってくださいね。)

ところで、冬の釣りは寒くて耐えられなさそうという方に。

湖の上にお休み所があり、ストーブで体を暖めることができます。

あと湖の上にトイレもあり老若男女皆が心から楽しめられます。

ちなみに有料ですが飽きてしまったらバナナボードや

スケートも楽しむことができます。

さて釣果は……。

11時から4時間で50匹ほど釣れました(^^♪

いつもより少ないかな(笑)

(どうやら指導員の方によると10時から11時がよく釣れたようです。)

ただ阿寒湖の釣りはここでは終わりません!!

釣りたて&揚げたてをその場で味わえるのはここだけ。

駐車場にほど近いこちらの建物に行きましょう!!

1,500円を支払ったときにもらった天ぷら揚げ券を窓口でお渡しして

ワカサギを揚げてもらいます。

揚げたてのワカサギの天ぷらはほんとうに美味しいです(^^♪

ということで是非「あいすランド阿寒」を一度訪れてみて下さい!

くしろ長期滞在ビジネス研究会 HP


☆お世話になったところ

あいすランド阿寒

営業時間:午前8時~日没まで

TEL:0154-67-2057

※土日は大変混みあっているようなので予約がおススメです。

☆阿寒湖までの足がないという方へ。

阿寒バスが運行しています。

また、道東3湖を巡る観光バス、

ホワイトピリカ号で「あいすランド阿寒」を1時間体験できます。

☆車でお越しの方へ。

釧路市内~阿寒湖まで片道約2時間弱。

阿寒湖周辺は路面が凍結しているので注意して運転して下さい。

 

冬の釧路川の様子ついて

こんにちは。市民協働推進課のシミズと申します。

いつもは推進員のタカハシがブログを更新しておりますが、今回は私が更新しております。初めての更新なので緊張しておりますが、皆様に冬だけどHOTな情報をお届けできればと思います。

 

今回は冬の釧路川の様子をご紹介いたします。

上記の写真は幣舞橋付近の釧路川の様子となります。

川にうっすらと氷が張っているのが見えますでしょうか?氷に切れ目ができ蓮の葉のような形になっており、とても幻想的に見えます。

この氷には実は名前があるのですが、皆様ご存知でしょうか。

実はこの氷は「蓮の葉氷」と言います。見た目そのままのお名前ですね。(笑)

私、この蓮の葉氷がどのようにできるか気になってインターネットで調べてみました。

海や川の氷は初期段階ではもろく、うねりがあるとすぐに割れてしまうそうです。その後、割れた氷が回転しながらぶつかり合うことで縁が削れるそうです。その削れた氷が蓮の葉のような形になるみたいです。直径が大きい氷だと3メートルくらいになるそうです。

上記の写真は、久寿里橋からの釧路川になります。

こちらも蓮の葉氷が広がっております。

こんな景色を見ると冬の寒さも吹っ飛んで心が温まりますね。

 

釧路の蓮の葉氷をぜひ皆様にも見ていただければと思います。

 

初の更新で見ずらい点が多数あったと思いますが、ご覧いただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。