阿寒の森でケラアン(美味しい)体験!

みなさんこんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

本日は、2月12日(月)に行われた前田一歩園財団自然セミナー、

「阿寒の森でケアラン(美味しい)体験!アイヌ民族の食の知恵」

という冬のアイヌ民族の保存食を紹介するイベントがありましたので、ご紹介します。

当日朝主催の(一財)前田一歩園財団さんの事務局に集合です。

きんとする寒さでしたが晴天でした。

開会のご挨拶ののち今回の講師、本田優子氏(札幌大学教授)と村木美幸氏(一般財団法人アイヌ民族博物館専務理事)のご紹介がありました。

(村木美幸氏と今回の主催者(一財)前田一歩園財団の職員さん)

(札幌大学 本田優子教授)

早速ボッケの森を散策しながら、森の樹木について一つ一つご説明いただきました。

どんぐりがなる柏の木

着物に使われたオヒョウやハルニレ、縄などに使われたシナノキ、舟材に使われたカツラやヤチダモなどについて時折神話を交えながら教えてもらいました。

またホウの木をご紹介いただきました。下のオレンジのひもが付いた木がホウの木とのことです。

アイヌ語でプㇱニと呼ばれる落葉高木で、下の画像がホウノキの実です。

落ちるとガサっと大きな音がするそうです。

こちらの実を煮立てお茶として飲むことができます。

大変香ばしい香りのするお茶でした。

また保存食として重要なキハダの実。薬効もあります。こちらを煎じたお茶も飲ませてもらいました。

アイヌの女性は針仕事がとても上手で針を大切にしていることからチㇱポというノリウツギから作られる針入れを首から下げていたそうです。

下がノリウツギの木

 

森林散策の後は、場所を阿寒湖まりむ館に移し、札幌大学の本田教授による

「アイヌの保存食」についての講演がありました。

冬の主要な植物性保存食としてフキや行者ニンニク、木の実などがあげられました。

またアイヌの方々が実際に冬に向けての備えをしているところの映像を見せてもらいました。

フキを採取した後、その森の中で簡単な祭壇を作りカムイに感謝し、食べる分だけいただき、来年もまたここに授けてくださいという意味の儀式を行っていました。

儀式の後、家に戻り採取したフキを煮立てて、フキの外皮を剥いたあとに、フキの外皮とフキをはさんで漬け、乳酸発酵させた「フキの漬物」を作っていました。

動物性の保存食としては、クマ・シカ・ウマ・サケ・マスなど。

それぞれ動物性の油脂を抽出する方法を映像で確認しました。シカ肉は煮立てて、クマ肉は炒って油を抽出するそうです。サメは肝臓を取って煮て油を抽出するそうです。油を保存するためにピセという動物の胃袋を風船のように膨らませて乾燥させたものに油を入れて家につるしていたそうです。

またオオウバユリの一生とでんぷんの抽出方法について学びました。

こちらはオオウバユリお団子「ド レプシト」です。

昼食後、調理室にて「ポッチェイモ」というジャガイモの保存食の調理・試食体験をしました。

屋外に置いたジャガイモの皮をむいて水にさらして水分を切り潰したものとでんぷんと砂糖を混ぜ合わせていきます。

ホットプレートに油を多めに入れた中で焼いて出来上がりです。

この会に参加してみて、まず厳寒期のアイヌの方々の食べものについて学ぶことができたことで、冬の備えを夏秋の間にしておくという当たり前のことを忘れていたことに気づかされました。また「山菜でもすべてを採るのではなく来年または次世代のことを考え、すこしだけ残しておく」というようなアイヌ民族の自然との共生の仕方というのは大変学ぶべきことがあると感じました。今後機会があれば長期滞在の皆様にもアイヌ文化の一端に触れる機会を提供していきたいと思いました。


発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

アイヌの子供遊び

みなさん、こんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

今回は、アイヌの子供遊び「へカッタㇻ シノッ」というイベントが12月12日(火)開催されましたので長期滞在者の皆様にもその様子をご紹介します。

開催場所は春採生活館です。

(画像は春の春採生活館です。)

まずはじめに北海道大学アイヌ・先住民研究センター北原次郎太教授から、アイヌ語教材の紹介がありました。

つづいて言葉遊びとして、まずアイヌ語の替え歌で

みんなで「数えうた」を歌いました。

「10人のインディアン」のメロディーにアイヌ語をのせて歌にすると大変おぼえやすく、子供たちは元気に歌っていました。

 

その後、体の部位を学ぶ「からだのうた」を歌いました。

続いて、ことば遊びで、「十勝のかけあい遊び」を行いました。

かけあいをしていく中で、思わず相手の言葉につられてしまうことが面白い遊びです。

その後、春採生活館に贈られたかるたで、かるた遊びを行いました。

物の名前や、動きの名前をアイヌ語で学んだ後、子供と大学生が順番にかるたを取って発音し意味をいう「かるた取り」「神経衰弱」でゲームを行いました。


その後かるたを応用して、「物の名前」のかるたと「動きの名前」のかるたを1枚づつ取って文を作る遊びを行いました。

休憩後、店主役とお客様役に分かれてアイヌ語を使った「お店屋さんごっこ」を行いました。

子供たちは、このお店屋さんごっこで何回か練習するうちに、長文でもスラスラと言えるようになっていました。

最後に、体を動かす舞踊の紹介ということで、親子ネズミがミカンを取る

「エルムン コイキ」というねずみの踊り舞踊を学びました。

親子ねずみがかわいい動きで自分に注意を引きつけながら、そのスキに紐の輪っかから手を入れてみかんを盗み取るというゲームです。

みんなで楽しく歌を歌いつつ、かわいい親子ネズミの動きに笑いが溢れました。

最後はみんなで夕食となりお開きとなりました。

参加されていた、長期滞在者のMさんは、

「来釧直後から興味を持ったアイヌ文化に、子供の遊びという視点から楽しく触れる事ができました。教えてくださった北原先生、遊びに参加した子供たちや学生さん、大人たちとみんながとてもいい笑顔で愉しんでいたのが印象的でした。

今後アイヌ文化を伝承していってくれるであろう子供達に期待したいです。

勉強会の後、みんなでいただいたカレーは絶品で、まさにヒンナ!(アイヌ語でおいしい)でした。」

ということで、アイヌ語を勉強できて楽しくみなさんと交流できた会でした。


発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

素敵な道東風景のご紹介(後編)

みなさん、こんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

今回は前回に引き続きKさんご夫妻がくしろ長期滞在中に撮影された写真をご紹介したいと思います。

後編は哀愁を感じる釧路の風景をご紹介します。

クルーズ船、おまつり、釧路の夕暮れ等々の写真です。

まずは米町公園から望む釧路港。

米町公園から望むダイヤモンドプリンセス。

レジェンドオブザシーズ。

夕暮れ出航前の様子。

ふじ丸。

釧路川沿いの代表的な風景、仏舎利塔。

旭町にあるJR根室本線の鉄道橋。

夏の風物詩「イカ釣り漁船」。

釧路を代表する幣舞橋とクルーズ船。

MOOとクルーズ船「飛鳥Ⅱ」。

飛鳥Ⅱを見送る前の市民の皆様。

飛鳥Ⅱの出航と見送る市民の皆様。

釧路初夏の夕暮れ

厳島神社例大祭。

おもてなしグルメフェスタのお店。

北海盆踊り。

釧路大漁どんぱく。

赤い釧路の夕焼け。

青い釧路の夕焼け。

赤と青が混在する釧路の夕焼け。

初秋の夕暮れ。

花時計の上にあるぬさまい公園から眺める夕日。

幣舞橋から眺める夕日。

太平洋に沈む夕日。

日本製紙クレインズのアジアリーグ開幕戦

雨雲の釧路

青と白の夕暮れ。

金色に光る夕暮れ。

赤い夕暮れ

深紫色の夕暮れ

釧路の夜。

ここから秋の風景をご紹介します。

秋の釧路川と幣舞橋。

オオセグロカモメ。

秋の釧路湿原。

牧草ロール。

春採湖。

秋の春採湖ウォーキングコース。

春採湖沿いのナナカマド。

公園の紅葉。

以上、大変素敵な写真の数々をご提供いただいた、Kさん本当にありがとうございました!!

———————————————————

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

釧路市民活動センターわっと

皆さんこんにちは。

釧路はだんだん寒くなり、みぞれが降ったり水たまりに氷が張るようになってきました。

今回、市民活動センタ―わっとの会報にくしろの長期滞在の取り組みが紹介されました。

最近、長期滞在者の方にくしろの滞在についてご感想を伺うと、

「市民活動がたくさんあり、すごい。釧路の人は知的好奇心が旺盛なんですね。」との声をいただくことがあります。

そこで市民活動拠点のひとつ、釧路市民活動センターわっとを今回はご紹介します。

場所は、釧路市末広町3丁目1番地。

長期滞在者の皆様がレンタサイクルでよく利用している施設です。

レンタサイクルについての詳細はコチラ

(11月から雪解けまで休止しております。)

利用された長期滞在者の方の体験談はコチラをご覧ください。

また施設内には、パンフレットやイベント情報、地域活動などを掲示しております。

また、無料で利用できるパソコンを館内に設置しております。

(利用時間は1時間以内です。)

ちなみに無料Wi-Fiを完備しております。

また、格安での大量印刷の他、ポスター印刷、横断幕印刷、ラミネート加工など、様々な印刷作業を行うことができます。

料金・使用方法等、詳しい内容はコチラをご覧ください。

その他会議室の貸出業務、

ロッカー貸出業務

喫茶業務

など長期滞在されている皆様にもご利用頂ける様々な業務を行っています。

また、わっとでは市民活動をサポートしており、長期滞在者向けに開放されているサークル活動のサポートもしております。

詳しくはコチラ

今回はその中から、「釧路を英語の街にしよう会」をご紹介します。

クラスは毎週水・木・金に個々人のレベルに合わせて開いています。

講師の川村さんは、釧路市生まれ。

20年間に渡りフィリピンに滞在し、サント・トマス大学大学院元准教授を経験した後、釧路に帰郷し様々な活動を行ってる方です。

代表の川村さんより。

「当会は、2017年1月、自分たちの郷土が外国人観光客と市民が気軽に英語で交流しあえる街であって欲しいとの願いから発足しました。現在、市民向けの英会話講座を開いています。日本各地からいらっしゃる長期滞在者の方々が、街に滞在中に英会話スキルを身につけながら、その学びの場を市民との交流の場に活用してもらえるなら、講座の目的も膨らみ、参加者の楽しみも倍加するでしょう。

当講座ではアメリカ人のように開放的な気分で英語を話す方法と、そしていつでも、どこでも、話したいことを自由に英語の発想で組み立てる方法を紹介しています。1週間に1回2時間をくしろ市民と一緒にわいわいやってみませんか?」

とのことです。実際に私が取材した際には、お互いをフレンドリーな愛称で呼んでわきあいあいとした雰囲気でした。川村さんはじめ取材を受けてくださったみなさんありがとうございました。

この活動にご興味がありましたら、「わっと」事務局TEL0154-22-2232までお電話下さい。

 

レンタサイクルのみならず様々な事業を行っている「わっと」。

雨の日や寒い日にちょっとだけ立ち寄る休憩所として、また何か困りごとがございましたら、是非「わっと」をご利用いただければと思います。

———————————————————-

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538       お気軽にお問合せ下さい。

 

 

阿寒摩周国立公園誕生記念号

みなさんこんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

今回は、10月21日(土)、22日(日)JR北海道 釧路駅~川湯温泉間を

阿寒摩周国立公園誕生記念号という臨時列車が運行しました!

その様子をご紹介します。

今回は今年の1月から釧路に滞在続けている大阪出身の長期滞在サポーターMさんより乗車中の写真とコメントをいただいたので、併せてご紹介します。

Mさんありがとうございます!!

運航日当日の釧路駅の様子です。

当日はあいにくの曇り空、時々小雨の降る天気でしたが、

たくさんの方が臨時列車の乗車のために集まっていました。

3番線から乗車になります。

さっそく登場しました!阿寒摩周国立公園誕生記念号です。

 

旅をお見送りしてくれたのは、まりものポシェットがキュートな「つるまる」君です。(中の人は元推進員A氏です。)

反対のホームには、快速ノサップ号が停車しておりました。

札幌から特急スーパーおおぞら号が到着しました。

この列車には帯広方面からのお客様がたくさん乗っていました。

そしてスーパーおおぞら号から臨時列車にたくさんの人が乗り換えてました。

みんなが乗車してすこし寂しそうなつるまる君です。

さあ、いざ出発です!

 

ここからは、長期滞在者Mさんからのコメントをご紹介します。

Mさん)はじめに特製ランチBOXが配られました。

Mさん)地元の食材ばかりを使ったとても美味しいおべんとうでした。

ちなみに、メニューは

・釧路産秋鮭と釧路産ほうれん草を入れた北見産オニオンのコンフィと道産小麦のキッシュ

・標茶町星空の黒牛と知床産若鶏のガランティーヌ、弟子屈町産ニンジンのアップルビネガーマリネ添え

・低温で10時間じっくり焼き上げた阿寒ポークの自家製ハムと弟子屈産キタアカリマッシュポテトのサンドイッチ

・福司上等純米酒と根釧牛乳の「horo酔プリン」フランス・ゲランド塩の利いたカラメルソース

とのことです。

続いて、標茶駅に着きました。

こちらの駅で迎えてくれたのは「ミルクック」。

Mさん)標茶町では、ゆるキャラの『ミルクック』と地元の楽団の方たちの温かい歓迎を受け、お見送りまでしていただきました。

Mさん)標茶駅停車中に、駅から徒歩5分の『うまいもん発見市場』でお買い物。地元の牧場・鶏卵場や、標茶高校の皆さんたちがご自慢の商品を販売。入口では、牛乳豆腐で作った春巻きなども販売しており、気が付いたら持ちきれないほど買い物をしてしまいました。

標茶町の皆さん温かい歓迎ありがとうございました。

続きまして、摩周駅を経由して川湯温泉駅に着きました。

Mさん)摩周駅と川湯温泉駅では、短い停車時間の中、足湯でぽかぽか。車内では摩周アイスと大鵬せんべいが配られ美味でした。

Mさん)最後はさおまえ昆布と乗車記念証を頂き、大満足のツアーも無事終了!
おかげ様で楽しい一日でした。

 

とのことで2日間限りの楽しい特別ツアーは無事終了しました。

写真とコメントをくださったMさん、ありがとうございます!!

 

<このブログを見て釧網線に乗りたくなった皆様にご案内です。>

まずは川湯温泉または茅沼でお食事と温泉を楽しむ、秋冬にぴったりのこちらのコース。釧網線で行く!美しい風景とのんびり旅のご案内です。

※画像はJR北海道釧路支社よりお借りしました。

詳細は下記ご覧ください。

釧網線で行く美しい風景とのんびり旅(PDF版)

 

そして、冬には。

いよいよお待ちかね!!

「SL冬の湿原号」が年明け平成30年1月27日(土)より運行開催決定です!!

静寂の雪原を行くSL冬の湿原号(PDF版)

※画像はJR北海道釧路支社よりお借りしました。

※本画像はイメージとなり、実際とは異なる場合があります。

秋冬もますます楽しみの釧網線で、ぜひ旅の思い出作りをしましょう!

(お世話になったところ)

JR北海道 釧路支社

TEL0154-24-3176


発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F市民協働推進課内
お問合せ先TEL:0154-31-4538
お気軽にお問合せ下さい。

※釧路市は国民運動「COOLCHOICE」に賛同しております。

くしろ芸術の秋

みなさんこんにちは。

本日は、長期滞在の市民踊りパレードや北海盆踊りでお世話になっている、踊りの先生が出演される催し物を二つご紹介いたします。

まずはじめは11月3日(祝)午後1時に開催される
「くしろ邦楽邦舞協会 第2回 公演」です。

場所は生涯学習センター(まなぼっと幣舞)大ホール、
こちらで、踊りの先生の花柳寿芳貴さんが「鶴」を舞います。

「鶴」は題名の通り、清楚で端麗な鶴の姿をかりて仙境に遊ぶ人の心境を巧みに歌った曲です。

また、「北海道くしろ蝦夷太鼓保存会」から皆様にお知らせです。
昭和42年4月に釧路市の特色ある郷土芸能を目指して発足されてから50年、その50周年を記念して11/5(日)、蝦夷太鼓50周年記念講演が行われます。入場料2,000円、会場14時、開演14時30分となります。


花柳寿登芳社中の、花柳寿芳貴先生も太鼓の音色にあわせて舞います。
この機会に長期滞在されている皆様だけでなく、市民の方も観に来ていただければと思います。
≪チケット取扱≫
釧路市民文化会館、まなぼっと幣舞、MOOガイド、コーチャンフォー釧路店プレイガイド、北海道くしろ蝦夷太鼓保存会事務局


発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F市民協働推進課内
お問合せ先TEL:0154-31-4538
お気軽にお問合せ下さい。

※釧路市は国民運動「COOLCHOICE」に賛同しております。

キロロウタラサークル作品展

みなさん、こんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

9月25日(月)、26日(火)に5月ご紹介したそのキロロウタラサークルさん(詳細はコチラ)の作品展が、市役所1階で開催されましたので、ご紹介いたします。

今夏は7名の長期滞在者がこのキロロウタラサークルさんに来られたようです。

まず、入口に会の代表桃井先生のアイヌ文様の入った衣装がありました。

赤と黄色い縁のアップリケが効いて華やかです。

入場すると、沢山の方がコースター作り体験をされてました。

さっそく長期滞在者の皆さんが作られたブックカバーを拝見しました。

「(後述の)西田先生の作品集をもとにしながらチェーンステッチで縫い上げていった。」とのことです。短期間で、よく作成できました。

反復練習で1年ほどたつと、アップリケと刺繍の作品が作れるようになるそうです。(まだオリジナルで作成するのは難しいので、チカップ美恵子さんの入門作品集などで技術を身につけていくとのこと。)

また、ウタラサークル活動4年目の長期滞在者Yさんの作品は下記左手の作品です。

藍染の織物は、釧路の長期滞在前に立ち寄った室蘭市で一から糸を藍染したものを、地元から持ち込んだ手織り機で織ったものだそうです。

また前掛け

パソコン入れ

なども仕上げたようです。

Yさん曰く、

「手織り機は、夫に怒られながらも釧路に持って来ました(笑)。涼しいので、作業効率が上がりました。滞在期間中に全部完成させようと頑張りましたが、少し無謀でした(笑)。」とのこと。

普段から裁縫を得意としている、Yさんならではのエピソードですね。

長期滞在の皆様は、このキロロウタラサークルの他にもアイヌ語を学ぶ会を通じて、アイヌ地名を学んだり、ベカンベ(菱の実)を使ったごはんを食したりアイヌにまつわる学びを積極的にされていました。

さて、サークル代表者の桃井さんに、アイヌ文様について、いろいろお伺いしました。

アイヌ刺繍は、形状に種類があります。

ルウンペは、ひも状の布をまげて形を作っていくアップリケと刺繍を組み合わせたもの、チジリは、布を置かずに2連・3連とチェーンステッチを施した刺繍と2種類の刺繍を組み合わせて作品を作っていきます。

またアイヌ衣装は地域によってその木綿衣の種類が違うようです。

北海道全域にみられるチカㇽカㇽペと比較的近代に着られていた白布が特徴のカパラミㇷ゚です。

またルウンペと呼ばれる木綿や絹などの布をふんだんに使った切伏文様(アップリケ)や刺繍がふんだんに用いられた華やかで手の込んだ木綿衣です。

そして、ルウンペは、個人ごとにその文様は異なるため昔の文様を参考にしつつも、作成者オリジナルで刺繍をしていきます。

実際にアイヌ文様を入れた木綿布を作成する場合、仕立てして模様を施して刺繍をすると3か月はかかるとのことでした。

代表の桃井さんの作品を紹介してもらいました。

カラフルなアップリケを使って、会の雰囲気そのままに、華やかで明るい色調です。

また、とても素敵な帽子も見せてもらいました。

コンチと呼ばれる、冬の北海道の山に入るために作られた頭巾です。の前後にひし形のまちがつけてあるので、顔だけが出て肩まですっかりかぶさります。

帽子の先には、ペネップという木の根やうさぎの毛をいれたお守りがついているようです。

また、代表にトンコリというカラフトの松とアザラシの毛を使ったアイヌ文様が施された弦楽器を演奏してもらいました。

お琴のような優しい音色が魅力の弦楽器です。

また、木彫りの作品も拝見しました。

後継者不足で技術の承継が心配とのことでした。

最後に北海道アイヌ協会優秀工芸師チニタ民芸店 西田香代子さんの特別展示品の前たれを紹介いただきました。

左手はおひょう(ニレ科の樹木)の皮に紺色の布を縫い付けていく作品、右手は2連のチェーンステッチで仕上げた作品です。

右手の作品を拡大したものが下記です。

大変柔らかく、繊細な刺繍タッチです。

キロロウタラサークルさんは、毎週水曜日春採生活館で活動しておりますので、よろしければぜひ覗いてみてください。


発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F市民協働推進課内
お問合せ先TEL:0154-31-4538
お気軽にお問合せ下さい。

※釧路市は国民運動「COOLCHOICE」に賛同しております。
 

音別町体験学習センター「こころみ」のご紹介

みなさん、こんにちは。

推進員のSです。

本日は釧路市音別町にある、音別町体験学習センター「こころみ」をご紹介いたします。

 

音別町体験学習センター「こころみ」は、旧音別町で廃校となった、音別町立二俣小中学校を利活用した宿泊型体験学習施設で、日帰り利用も可能です。
管内小中学校の宿泊研修のほか、道内外からの観光客や個人でもご利用可能です。

「こころみ」では食品加工やクラフト、野外での体験など多様な体験学習を行うことができます。

「こころみ」メインの体験である星空探検では、口径20cmクーデ式望遠鏡で星空を学ぶことができます。

この地に赴任した方々のお話では、音別で見る景色は大変美しいとのことです。

施設や各種体験学習申し込みに関する詳細については、下記URLをご覧いただければと思います。

http://www.city.kushiro.lg.jp/kyouiku/shougaigakushuu/bunkashisetsu/onbetsu_gakushuu/cat00000870.html

 

様々な体験ができる音別町体験学習センター「こころみ」、長期滞在の皆様にもぜひ一度、足を運んでいただければと思います。