素敵な道東風景のご紹介(後編)

みなさん、こんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

今回は前回に引き続きKさんご夫妻がくしろ長期滞在中に撮影された写真をご紹介したいと思います。

後編は哀愁を感じる釧路の風景をご紹介します。

クルーズ船、おまつり、釧路の夕暮れ等々の写真です。

まずは米町公園から望む釧路港。

米町公園から望むダイヤモンドプリンセス。

レジェンドオブザシーズ。

夕暮れ出航前の様子。

ふじ丸。

釧路川沿いの代表的な風景、仏舎利塔。

旭町にあるJR根室本線の鉄道橋。

夏の風物詩「イカ釣り漁船」。

釧路を代表する幣舞橋とクルーズ船。

MOOとクルーズ船「飛鳥Ⅱ」。

飛鳥Ⅱを見送る前の市民の皆様。

飛鳥Ⅱの出航と見送る市民の皆様。

釧路初夏の夕暮れ

厳島神社例大祭。

おもてなしグルメフェスタのお店。

北海盆踊り。

釧路大漁どんぱく。

赤い釧路の夕焼け。

青い釧路の夕焼け。

赤と青が混在する釧路の夕焼け。

初秋の夕暮れ。

花時計の上にあるぬさまい公園から眺める夕日。

幣舞橋から眺める夕日。

太平洋に沈む夕日。

日本製紙クレインズのアジアリーグ開幕戦

雨雲の釧路

青と白の夕暮れ。

金色に光る夕暮れ。

赤い夕暮れ

深紫色の夕暮れ

釧路の夜。

ここから秋の風景をご紹介します。

秋の釧路川と幣舞橋。

オオセグロカモメ。

秋の釧路湿原。

牧草ロール。

春採湖。

秋の春採湖ウォーキングコース。

春採湖沿いのナナカマド。

公園の紅葉。

以上、大変素敵な写真の数々をご提供いただいた、Kさん本当にありがとうございました!!

———————————————————

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

11/24釧路アイデアソンに同行しました

  1. みなさん、こんにちは。

釧路長期滞在ビジネス研究会です。

以前、7月涼しい釧路で避暑生活「リゾートワーク」と題したブログ、

9月「働きながら避暑生活」実践者にインタビューと題したブログ

を紹介したところ、大変好評でした。

ということで、今回は、釧路で「働きながら長期滞在」の取材、第3弾!!

札幌・道外から13名もの方々をお招きし、釧路市内に滞在していただきながら、「道東観光アイデアソン」イベントが開催されておりましたので、ご紹介します。

その前に「アイデアソン」とは…

特定のテーマについてグループ単位でアイデアを出し合い、それをまとめていく形式のイベントです。

アイデアとマラソンを合わせた造語で、ITエンジニアやデザイナーらが集まってグループごとにソフトウェアを開発・改良しその完成度を競うイベント「ハッカソン」の事前ミーティングとして開催される場合が多いといわれております。

今日のブログではまず事前に道東をバスで巡った様子についてお届けします。

11月24日、8時半に観光国際交流センター前に集合。

皆さん鞄一つで衛星バスに乗って道東観光にむかいました。

「釧路アイデアソン」を運営・企画している(株)ジョイソー四宮さんの挨拶。

衛星バスさんの名物ガイド原田さんの楽しいガイドで、

各所の見どころや、歴史を学んでいきました。

黄金色に輝く釧路湿原。

途中、道の駅阿寒丹頂の里「クレインズテラス」に立ち寄りました。

その後、阿寒湖畔のアイヌコタンでバスを降りて

しばし、アイヌコタンを満喫した後

各々阿寒湖温泉街を見て回りました。

もちろん阿寒湖も見て回りました。

カモが親子でいました。

私たちはまりもを見るのにエコミュージアムセンターへ。

本物のまりもを見ることができました。

この他、道東の樹木、ボッケについて等様々な事を学びました。

また足元に大きな阿寒湖周辺の航空地図もあり、楽しんで阿寒湖沼群を勉強することができます。

情報発信の話になりますが、いつもこちらで勉強になるのはホワイトボードの使い方です。

ただ、情報を伝えるだけでなく、面白くて読みやすくて記憶に残る情報の伝え方です。私たちも緩急つけた情報発信をしなければならないといつも感じます。

その後、弟子屈方面へ向かった車内から見たペンケトー。

そして摩周湖に到着しました。霧の摩周湖といわれますが、

はっきりと摩周湖を見ることができました。

斜里岳や

遠くの雄阿寒岳・雌阿寒岳を眺めることもできました。

その後川湯温泉に行き、

硫黄の吹出口を見た後

バスの中でくしろ観光の課題出しをしました。

当初、道外から来られている方の意見が圧倒的に多く、釧路在住の方の意見が少なかったのですが、後半は怒涛の勢いで釧路在住の方の意見が増えていきました。

事務局が同行した中で感じたことは、やはりくしろが道東観光の拠点として大変便利な場所ということです。重い荷物は釧路に置いて、鞄一つで時にはパソコンや、スマホを片手に、気軽に楽しみながら周辺の観光地を巡ることができ、新しい気づきや価値を見出すことが容易な環境にあると言えます。


だからこそ、当事務局がたくさん道東の魅力をもっと情報発信していかないといけないと強く感じました。

翌日は、道東観光で出たアイデアをもとに座談会を行い「クラウドがビジネスやライフスタイルをどう変えるのか」をテーマに登壇者と参加者が語り合うイベントを開催しました。

ということで、後編に続く→

—————————————————

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

11月のお知らせ

みなさんこんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

11月11日(土)、12日(日)の二日間、オープン1周年を迎えた道の駅、「 阿寒丹頂の里」インフォメーションセンター「クレインズテラス」の記念イベントが開催されました。

秋のグリルパーティー」では、阿寒ポークのビックステーキ300gを焼いていました。

その後に、立ち寄った釧路湿原展望台屋上からの眺めです。

釧路湿原が枯れ草で黄金色に染まっています。

一方、11日(土)の東京では「北海道暮らしフェア2017」が東京都立産業貿易センターで開催されました。

多くの方にご来場いただきました。
釧路市のブースでお会いした皆様、誠にありがとうございました。
またご相談したいことがございましたら、事務局までお気軽にお電話ください。

長期滞在にご興味のある関東圏にお住まいの皆さま。

次回、「ロングステイフェア2017」が11月20日(月)13時~20時まで東京国際フォーラムで開催されます。

くしろ長期滞在ビジネス研究会から、推進員の清水と山賀がまいります。

最近滞在中に夏休み中のお子様やお孫さんをくしろに呼んで釧路湿原国立公園や、阿寒摩周国立公園を満喫する3世代ロングステイを楽しむスタイルが人気です。11月20日はそんな贅沢な釧路の避暑生活をご紹介します。
詳しくはロングステイ財団のホームページをご覧ください。

———————————————————–

もう一つお知らせがあります。

2020年4月24日に白老町に開設される「民族共生象徴空間」とアイヌ文化のPRイベント
【アイヌ文化ふれあいまつりinくしろ】が、開催されます。

ご家族・ご友人同士等で、アイヌ文化を見て・聴いて・体験してみてはいかがでしょうか。
皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

◆日 時:平成29年11月19日(日)
11:00~17:00
◆場 所:イオンモール釧路昭和店 1階サンコート広場
(釧路市昭和中央4丁目18番1号)
◆内 容:①アイヌ古式舞踊ステージ(11:30~12:00)
②伝統音楽(ムックリ・トンコリ)演奏ステージ(12:00~12:15)
③講演・体験コーナー
※③は、事前申込の定員に達したことから、締め切りました。
④アイヌ文化紹介パネル・工芸品等の展示、関連動画の放映(終日実施)
◆対 象:どなたでも
◆参加費:無料
◆主 催:北海道環境生活部アイヌ政策推進室

※イベントの詳細は、こちらをご覧ください。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ass/ainubunkafureaimatsuri_h29.htm


発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F市民協働推進課内
お問合せ先TEL:0154-31-4538
お気軽にお問合せ下さい。

※釧路市は国民運動「COOLCHOICE」に賛同しております。

阿寒摩周国立公園誕生記念号

みなさんこんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

今回は、10月21日(土)、22日(日)JR北海道 釧路駅~川湯温泉間を

阿寒摩周国立公園誕生記念号という臨時列車が運行しました!

その様子をご紹介します。

今回は今年の1月から釧路に滞在続けている大阪出身の長期滞在サポーターMさんより乗車中の写真とコメントをいただいたので、併せてご紹介します。

Mさんありがとうございます!!

運航日当日の釧路駅の様子です。

当日はあいにくの曇り空、時々小雨の降る天気でしたが、

たくさんの方が臨時列車の乗車のために集まっていました。

3番線から乗車になります。

さっそく登場しました!阿寒摩周国立公園誕生記念号です。

 

旅をお見送りしてくれたのは、まりものポシェットがキュートな「つるまる」君です。(中の人は元推進員A氏です。)

反対のホームには、快速ノサップ号が停車しておりました。

札幌から特急スーパーおおぞら号が到着しました。

この列車には帯広方面からのお客様がたくさん乗っていました。

そしてスーパーおおぞら号から臨時列車にたくさんの人が乗り換えてました。

みんなが乗車してすこし寂しそうなつるまる君です。

さあ、いざ出発です!

 

ここからは、長期滞在者Mさんからのコメントをご紹介します。

Mさん)はじめに特製ランチBOXが配られました。

Mさん)地元の食材ばかりを使ったとても美味しいおべんとうでした。

ちなみに、メニューは

・釧路産秋鮭と釧路産ほうれん草を入れた北見産オニオンのコンフィと道産小麦のキッシュ

・標茶町星空の黒牛と知床産若鶏のガランティーヌ、弟子屈町産ニンジンのアップルビネガーマリネ添え

・低温で10時間じっくり焼き上げた阿寒ポークの自家製ハムと弟子屈産キタアカリマッシュポテトのサンドイッチ

・福司上等純米酒と根釧牛乳の「horo酔プリン」フランス・ゲランド塩の利いたカラメルソース

とのことです。

続いて、標茶駅に着きました。

こちらの駅で迎えてくれたのは「ミルクック」。

Mさん)標茶町では、ゆるキャラの『ミルクック』と地元の楽団の方たちの温かい歓迎を受け、お見送りまでしていただきました。

Mさん)標茶駅停車中に、駅から徒歩5分の『うまいもん発見市場』でお買い物。地元の牧場・鶏卵場や、標茶高校の皆さんたちがご自慢の商品を販売。入口では、牛乳豆腐で作った春巻きなども販売しており、気が付いたら持ちきれないほど買い物をしてしまいました。

標茶町の皆さん温かい歓迎ありがとうございました。

続きまして、摩周駅を経由して川湯温泉駅に着きました。

Mさん)摩周駅と川湯温泉駅では、短い停車時間の中、足湯でぽかぽか。車内では摩周アイスと大鵬せんべいが配られ美味でした。

Mさん)最後はさおまえ昆布と乗車記念証を頂き、大満足のツアーも無事終了!
おかげ様で楽しい一日でした。

 

とのことで2日間限りの楽しい特別ツアーは無事終了しました。

写真とコメントをくださったMさん、ありがとうございます!!

 

<このブログを見て釧網線に乗りたくなった皆様にご案内です。>

まずは川湯温泉または茅沼でお食事と温泉を楽しむ、秋冬にぴったりのこちらのコース。釧網線で行く!美しい風景とのんびり旅のご案内です。

※画像はJR北海道釧路支社よりお借りしました。

詳細は下記ご覧ください。

釧網線で行く美しい風景とのんびり旅(PDF版)

 

そして、冬には。

いよいよお待ちかね!!

「SL冬の湿原号」が年明け平成30年1月27日(土)より運行開催決定です!!

静寂の雪原を行くSL冬の湿原号(PDF版)

※画像はJR北海道釧路支社よりお借りしました。

※本画像はイメージとなり、実際とは異なる場合があります。

秋冬もますます楽しみの釧網線で、ぜひ旅の思い出作りをしましょう!

(お世話になったところ)

JR北海道 釧路支社

TEL0154-24-3176


発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F市民協働推進課内
お問合せ先TEL:0154-31-4538
お気軽にお問合せ下さい。

※釧路市は国民運動「COOLCHOICE」に賛同しております。

くしろ芸術の秋

みなさんこんにちは。

本日は、長期滞在の市民踊りパレードや北海盆踊りでお世話になっている、踊りの先生が出演される催し物を二つご紹介いたします。

まずはじめは11月3日(祝)午後1時に開催される
「くしろ邦楽邦舞協会 第2回 公演」です。

場所は生涯学習センター(まなぼっと幣舞)大ホール、
こちらで、踊りの先生の花柳寿芳貴さんが「鶴」を舞います。

「鶴」は題名の通り、清楚で端麗な鶴の姿をかりて仙境に遊ぶ人の心境を巧みに歌った曲です。

また、「北海道くしろ蝦夷太鼓保存会」から皆様にお知らせです。
昭和42年4月に釧路市の特色ある郷土芸能を目指して発足されてから50年、その50周年を記念して11/5(日)、蝦夷太鼓50周年記念講演が行われます。入場料2,000円、会場14時、開演14時30分となります。


花柳寿登芳社中の、花柳寿芳貴先生も太鼓の音色にあわせて舞います。
この機会に長期滞在されている皆様だけでなく、市民の方も観に来ていただければと思います。
≪チケット取扱≫
釧路市民文化会館、まなぼっと幣舞、MOOガイド、コーチャンフォー釧路店プレイガイド、北海道くしろ蝦夷太鼓保存会事務局


発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F市民協働推進課内
お問合せ先TEL:0154-31-4538
お気軽にお問合せ下さい。

※釧路市は国民運動「COOLCHOICE」に賛同しております。

さかまた組と行く釧路沖海洋生物調査同行ツアー1日間

みなさんこんにちは。

本日は年に一度10月27日(金)、28日(土)、29日(日)のたった3日間しか行われないという幻のツアーをご紹介いたします。

その名も「~さかまた組と行く~釧路沖海洋生物同行ツアー1日間」です。

秋の釧路沖は、一度に多くの海洋生物を見ることのできる、日本でも数少ない生態系豊かな海域です。その釧路沖に集まるシャチやザトウクジラを始めとする海洋生物を観察するツアーがJTB北海道釧路支店主催で行われます。

長年にわたり釧路沖の海洋環境調査を行っている「さかまた組」メンバーによるガイドも魅力です!(「さかまた」とは、漁師さんなどが使うシャチの別名です)

ぜひ調査船に乗って秋の釧路沖の様子を体験してみませんか?

■出発日:平成29年10月27日(金)・28日(土)・29日(日)
■旅行代金:各日お一人様 18,000円(大人子供同額)
■時 間:午前7時集合、所要時間:日帰り約9時間
■申込方法:電話受付のみ

      JTB北海道釧路支店に電話で申し込み(先着順)

     (TEL 0154-22-5511)
■申込〆切:10月20日(金)17時30分まで
※定員になり次第受付終了いたします。
     
 ※詳細については、JTB北海道釧路支店ホームページをご覧ください。
また、釧路沖で調査を続けて15年目を迎えた、専門家チーム「Orca・org(オルカ・オルグ)さかまた組」が主催する展示イベント「クジラ曼荼羅」が9月19日から10月22日まで「フィッシャーマンズワーフMOO2階で開催されています。
シャチやザトウクジラなどの実物大模型と、迫力ある写真と映像でクジラ類の魅力を紹介しています。
こちらもぜひご覧ください。

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F市民協働推進課内
お問合せ先TEL:0154-31-4538
お気軽にお問合せ下さい。

※釧路市は国民運動「COOLCHOICE」に賛同しております。

氷都くしろ開幕祭り

みなさん、こんにちは。

釧路市は「氷都くしろ」と呼ばれており、冬のスポーツとして「スピードスケート」や「アイスホッケー」が親しまれております。

そんな「氷都くしろ」を拠点にした実業団アイスホッケーチームが「日本製紙クレインズ」です。

ホームリンクは、日本製紙アイスアリーナ(所在地:釧路市鳥取大通3-6-33)です。

 

アイスホッケーの見どころは、氷上の格闘技と呼ばれるほど、激しくぶつかっていくプレーです。また華麗なパス回し、球(パック)が見えないほどの速いシュートも見どころです。

 

このたびホームでのシーズン開幕戦が、9月9日(土)、9月10日(日)にあります。対戦相手は、日光アイスバックスです。

<試合の詳細予定>

・9月9日(土)17:00よりゲーム開始。

・9月10日(日)15:00よりゲーム開始。

※昨年王子イーグルスと対戦した時の様子

 

この開幕戦に合わせて、「氷都くしろ開幕祭り」を開催します!

9日(土)は、15:30開場時、選手全員による「ウェルカムハイタッチ」。

また、9日来場時、アイスホッケーのユニフォーム(学校のクラブチームや社会人チームのユニフォームでもOK)を着用、または応援グッズを持参して来た方へ今シーズンのクレインズクリアファイルをプレゼントします。

10日(日)は、「満丹プロジェクト」

『開場を満席にして丹頂の丹(赤)でいっぱいに。』ということで、

応援ボード(限定1,000枚配布)、または赤い帽子・マフラー持参の方に抽選券を配布します。試合終了後に抽選で総額3万円が当たります!

また9月9日(土)、10日(日)両日ともに、

・本日のスープ販売

・ミルキークラウンワゴン販売

・ライトダウン演出

を行います。

さらに!9月後半も釧路に滞在されている方に耳よりの情報です。

9月19日(火)、9月20日(水)の両日はシニアDAY。

60歳以上は無料となります。

※年齢確認できるものをご提示ください。

<日程詳細>

・9月19日(火)18:30 VS ハイワン(韓国)

・9月20日(水)18:30 VS ハイワン(韓国)

また、釧路市役所では、日本製紙クレインズのPRで、一部職員が下記日程クレインズユニフォームを着用して市民対応しますのでよろしくお願いします。

<実施場所>

・戸籍住民課窓口(防災庁舎2階)

・本庁舎総合案内窓口(本庁舎1階)

<実施期間>

・平成29年8月31日~平成30年3月31日までのアジアリーグシーズン開催時における日本製紙クレインズのホームゲーム開催当日及び前日(休日の場合を除く)

(9月)8日、19日、20日、26日~29日

(11月)1日、2日

(12月)8日、22日

是非、釧路ならではの「スポーツ」の秋をお楽しみください。

 

日本製紙クレインズホームページ


発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F市民協働推進課内
お問合せ先TEL:0154-31-4538
お気軽にお問合せ下さい。

※釧路市は国民運動「COOLCHOICE」に賛同しております。

釧路市動物園に行って来ました

みなさん、こんにちは。

8月24日に山花温泉リフレで地域学習講座「釧根地域の牛乳を学ぶ講座」を開催しました。参加いただいた皆様ありがとうございました。

当日空き時間に、事務局Yが送迎時間まで釧路市動物園に行って取材して来ましたのでご紹介します。
天候は生憎の曇りでしたが、とても涼しかったため動物たちは非常に活発で見応えがありました。

さっそくお出迎えしてくれたのはフンボルトペンギンです。

換羽がほぼ終わっています。

遊具で楽しく遊んでいるいる姿で話題のホッキョクグマの「ミルク」。

釧路市動物園のYou Tubeで楽しく遊んでいる姿を見ることができます。

釧路にキリンを呼ぼうと2012年に地元主婦らが設立したチャイルズエンジェルが集めたキリン募金で、2013年に釧路にやってきたアミメキリンの「スカイ」。現在はお嫁さんとして東京都羽村市動物公園からやってきた「コハネ」と合わせて2頭のキリンがいます。近くにはキリンがよく見える小屋があります。

シロテテナガザルのオンちゃんは推定58歳という国内最高齢です。

来園された方のお話では人間に換算すると100歳以上になるそうです。

2008年に生まれ、足に障害を持ちながらもたくましく生きる姿で一躍有名になったアムールトラのココアです。実はアムールトラは絶滅危惧種で大変珍しい種類の動物です。

パンダ科のレッサーパンダ。

先日残念ながらメスのレッサーパンダの「キン」が亡くなりました。
キンは今年の6月28日に初めての仔を生み、子育てをしている最中でした。
残された「キン」の子どもは、人工哺育に切り替えて、職員が育てています。

この時期のアルパカはみんな体毛を剃ってお洒落になります。10月9日まで園内を散歩するイベントがあり、間近で触れ合うことが出来ます。

釧路市動物園は、敷地面積47haと北海道の中で、最大の動物園です。園内にもともとあった湿原を活かした木道散策ができる北海道ゾーンがあります。

ふくろうの森

エゾヒグマ舎、ハクチョウ池などがあり、北海道ならではの動物たちを見ることができます。

なお、9月17日18日(日・月)には秋の動物園まつりがあります。
9月18日(月)敬老の日は65歳以上の方は入園無料です。是非足を運んでみて下さい。

<お世話になったところ>

釧路市動物園


発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F市民協働推進課内
お問合せ先TEL:0154-31-4538
お気軽にお問合せ下さい。

※釧路市は国民運動「COOLCHOICE」に賛同しております。