釧路川カヌー下り

みなさんこんにちは。

前回はゴールデンウィークの川下りをご紹介しましたが、
今回は推進員シミズが21日(土)にカヌーに行ってまいりましたので、
その情報をお伝えしたいと思います!!
今回もお世話になったのは、
前回はコッタロ湿原にほど近いスガワラカヌー乗り場~
塘路駅という行程でしたが、今回は
細岡カヌー乗り場~岩保木水門の行程でした。
1605221
いつもは、沿岸で眺めていた川の風景を
逆に川から岸を眺めていく贅沢に最初っから
うわーと声をあげてしまいました。
特に、人が立ち入ることのできない岸を
眺めることができたことに感動しました。
1605222
近くで山菜をとっている方がいらっしゃいました。
川中から眺めていると、良さそうな蕨がちらほら
見えましたが、残念ながらカヌーに乗っているため
取れませんでした(笑
1605223
崖から写真を撮ってもらいました。
1605224
1605225
この後、塘路駅にほど近いところで、一瞬の出会いでしたが
青サギやカワセミ、日向ぼっこをしているイタチに出会いました!!
特にカワセミの青い光線のような羽ばたきにはとても感動しました。
川を下っていくと、このように川魚を狙っているたくさんの野鳥たちに
出会うことができます。
お世話になった、チーフさんと一緒にすれ違い様にポーズ!
1605226
最後は、川上りだったため、ちょっと頑張って漕ぎました。
最後は、コーヒーとチョコでほっと一息。
1605227
ゴールデンウィーク中は、まだ若葉が出始めの時でまだ湿原は
概ね茶色でしたが、このちょっとの間に緑が増えていたようで、
21日に体験カヌーに行ってきたシミズよりまたカヌー体験の報告を
しますので、景色の違いを見てください!
 
————————————————————————————–
お問合せ先:釧路マーシュ&リバーさん
釧路郡釧路町河畔4-79
TEL 0154-23-7116/FAX 0154-40-2864
ホームページ http://www.946river.com

桜と貝拾い

こんにちは。お元気ですか?

今週、推進員のシミズとオオタが、街の様子を
撮ってきましたのでその様子をお伝えしますね。
釧路はいま春の花が一斉に咲いて

それに伴い沢山の人が公園に足を運んでとても
華やかな雰囲気になっています。
先週と引き続き柳町公園の桜です。
1605191
とうとう桜の木も満開になりました。
1605192
話題になった鶴ケ岱公園も足を運んでみました。
チューリップ花壇ですが、
市民の力で少し元に戻ったようですね。
1605193
来週5月29日(日)は、桜とB級グルメ、音楽が楽しめる
第42回チューリップ花フェア―が開かれます。
詳細はこちらをご覧ください。
ところで、先月の話になりますが推進員のタカハシは、
厚岸町のコンキリエで開催しているあさり狩りに行ってきました。
たくさんの人が参加してあさり狩りを楽しんでいます。
1605194
たくさんのアサリを取ることができました。
今回もう一袋分料金を払って追加しました。
1605195
厚岸町のあさりは大きいサイズで味もよく、
酒蒸しにしても、パスタにしても、お味噌汁も
頬っぺたが落ちるほど美味しかったです。
あさりは、通年で採れますが、ガイドによると
春から初夏にかけて産卵前でとても美味しい
とのことでした。
とっても人気のあるツアーですが、まだ6月、7月の初旬は
平日空きがございます。
もしよろしければ、厚岸町でカキを味わう前にこのような
体験もされてみてはいかがでしょうか。
実際に参加する場合、長くつと熊手のレンタルがあります。
また手に泥がつくので、ゴム手袋も持参して下さい。
また、海岸なので思ったよりも寒いこともありますので、
防寒も意識してくださいね。
詳細:厚岸町のコンキリエ あさり狩り
TEL:0153-52-4139
0153-52-4139

阿寒湖の砕氷船

みなさんこんにちは。

先日阿寒湖の砕氷船に乗って参りました。
1604271
氷は若干溶けてしまっていましたが、はっきりと雄阿寒岳を望むことが
できました。
反対を見ると阿寒連山が見えます。
1604272
ちょっと散策してきました。
散歩道は雪が残っていますね。
こちらの歩道では自然そのままの巨木が見られます。
(ちなみに先日まで放送していた「精霊の守り人」は、
一部阿寒の森でロケをしていたそうですよ。)
1604273
この後、阿寒湖エコミュージアムセンタ―にも立ち寄りました。
こちらは、まりもや幻の魚イトウなど、阿寒に関する
展示があります。
 1604275
実は、エコミュージアムセンターの裏口に続く道が、
遊歩道のようになっているのですが、センターにほど近い場所で
バードウォッチングをすることができます。
オシドリ、アカゲラをまじかで見られますので、
ぜひご注目ください。ちなみに5月には水芭蕉の花も
見られるそうです。

釧路埼灯台

みなさんこんばんは。推進員のタカハシです。
先週のブログの答えはわかりましたでしょうか?

釧路米町公園よりさらに上の方に、釧路埼灯台はあります。

釧路港開港より3年早い1891年(明治24年)に
釧路の海岸を灯すべく初点灯しました。
珍しいビルディング型の建物です。
私も道東の灯台をいろいろ見ましたが、こちらの灯台は
大通りに面していないので、あまり知られていない灯台です。
1604251
こちらから釧路の海と街を眺めるのもオススメですが、
なんといってもオススメなのが、釧路の臨港鉄道が見られることです。
国内でもここでしかみられない石炭輸送列車の発着を見ることができます。
午前9時ごろですが、私も見にいきました。
1604252
ちょうど列車のドッキング作業をまじかに見ることができました。
黒っぽいのでわかりづらいのですが、
この画像で石炭が見えるのがわかりますでしょうか?
ちょっと勾配がきつくたどり着くのが大変な場所ですが、
是非米町公園に来た際には、こちらにも立ち寄ってもらい、
この貴重な風景を見ていただければと思います。

フォーレンダム入港

みなさん、こんにちは。
推進員のタカハシです。

今日は午前中からフォーレンダムという豪華客船が入港。
外国の方々が市街を散策していたり、MOOの交流サロンで
市民の方々と交流したりと、街の中が活気づいていましたよ。
1604221
豪華客船をご覧になる場合、MOO の対岸側がオススメですが、
米町展望台からの眺めもけっこうオススメです。
1604222
1604223
船が映っていない写真ですが、ここから港を出航し湾を離れていく姿を
ずっと眺めることができます。
ところで、この米町展望台、遠くからみるとよく灯台に間違われます。
釧路の灯台はどこにあるのでしょうか?
この米町公園のすぐ近くにあるんですよ。
答えは次回のブログで。

春の山菜

みなさんこんばんは。推進員のタカハシです。
先週いろいろな活動をしてきたのでちょっとづつお伝えしていきます。
まず釧路市民の春の楽しみといえば、「山菜採り」です。
待っていましたとばかり、5月6月は山に入って
様々な種類の山菜を採りに行きます。
1604201
この時期の道東の山菜の代表格と言えば、「アイヌネギ」でしょうか。
もう少し先になると、ヨモギやフキ、ワラビなども採れ出します。
 
 
私もさっそく先週山菜採りに行ってきました。
湧水が湧いたきれいな水辺でクレソンや、ふきのとうを
採ってきました。

まだ全体的に枯草が地面を覆っていますが、
ところどころ若葉が芽を出してきています。
ささやかに咲いていた唯一の野花がこちらです。
1604202
フクジュソウの花です。春一番に咲く花のためか、
 
福を招く縁起のいい花として福寿草と名付けられています。
 
小一時間ほど採ったのち、お昼ご飯はさっそく採ったばかりの山菜を
天ぷらにしてもらいました。
1604203
まだ、シーズンは始まったばかりです。
山菜採りは5月中旬ごろまで楽しめると思いますので、
是非春に滞在中の皆様、山菜採りも経験してみて下さいませ。

くしろしつげんと、わたし。

ご覧の皆様、ご無沙汰しております!こんにちわ!どうも、ミワです。
念願撮影シリーズですが今回は「釧路市湿原展望台」に行ってまいりました。
実は1月末に撮影はしていたのですが、またも記事にすまでに時間がかかってしまいました。
来年度の研究会情報提供力向上にむけての土台作りやら何やら、新年度への態勢準備やら、とにかく、一日は24時間なんですという事です。よくわかりませんね。
写真は展望台の外観になります。
1603171
1603172
おぉ。。。入口からなんというか引き込まれるぅ。
1603173
そして素敵なジオラマ!!
1603174
展望台の屋内の様子。いい意味で裏切られたと言いますか。
豊富な展示物やカフェもあり設備の充実ぶりに驚きました!
1603175
釧路湿原の誕生から、生い立ち、現在の釧路に至るまでに関する情報や、
1603176
前回の記事でお伝えさせていただきました伝説の魚「イトウ」さんが普通に水槽にいます!
サイズ的には5歳くらいでしょうか。鱒の人口飼育はなんだか憧れます。完全に個人の話ですが笑
この他の展示物や、展望からの眺めは是非とも、ご覧の皆様のご自身の目でご覧下さい!
おそらく今回の記事で、今年度の記事は最後になるかもしれません!!
そして事務局員ミワからの投稿はこれが最後になります。
2年の期間の中で、釧路そのものや長期滞在で訪れていただいた方々を通して、非常に貴重な経験をさせていただきました。ブログではつたない、というよりか誤字脱字が小学生レベルで見られたかもしれませんが、ここまで読んでいただきありがとうございました。
しかし、安心して下さい!研究会はやってますよ!!
おそらく今後は、自分の時よりも安定充実したブログ内容が配信されていくと思います!
と、後任の方へのハードルを勝手に上げていく形で、このブログを締めくくりたいと思います笑
ご覧の皆様、来年度もくしろ長期滞在ビジネス研究会をよろしくお願いいたします!!

釧路のお魚

こんにちわ!どうもミワです。
本日は自分の趣味も交えた、お魚についてのお話です。
北海道の雄大な自然の中で釣りが出来る。
これはある種ステータスのようなもので、言わば本州の釣人にとっては憧れの地なのです。
中でも道東は、道内屈指の有名な場所が多い地域です。
釣り方や魚の種類も豊富なので、今回は淡水魚(鱒)に絞ったネタをお伝えしたいと思います。
1601181
まず一枚目は、姫鱒(ヒメマス)です。場所は、弟子屈町の屈斜路湖です。
とある友人と行った時にオス(右)とメス(左)を同時にかけた時の一枚です。
ヒメマスの婚姻色と紅葉が相まって、とても綺麗ですねぇ~。
元々はサケ科なので美味しいです。刺身やフライなどの調理方法があります。
この2匹はちゃんと泳いで帰っていきましたけどね!いくら食いしん坊の自分でも
魚の恋路をジャマするほどではありません笑
1601182
続いては虹鱒(ニジマス)です!場所は同じく屈斜路湖です。
本来の虹鱒は茶色がかった黄緑色に赤いレッドバンドと呼ばれる横縞が入った個体が多く、そのままのニジ、レインボーと呼ばれる事が多いのですが、屈斜路の虹鱒は、
その美しさから「ダイアナ」と釣人からと敬称されています。道内広しと言えど、虹鱒のブランド化がされているのは屈斜路湖だけではないのでしょうか。。。美しいです。

外来種なので生態系に関して危険視される一面もある魚種なのですが、自分は好きです。
1601183
こちらは雨鱒(アメマス)になります。場所は釧路川水系です。
在来種で道東を代表する魚です。大きいものだと80㎝を超えます。
写真が水でぼやけて最悪の出来ですが、これでも60㎝ないくらいのサイズだったと思います。
この他にも、幻の魚と言われる「イトウ」の釣果報告も、結構聞きます。マボロシなのに笑
これも一重に、釧路(道東)の自然の雄大さを物語る要素であると思います。

あけましておめでとうございます。

1601151
皆様あけましておめでとうございます。
新年の挨拶が遅れまして申し訳ありません!どうも、ミワです。
年末年始に溜まった仕事に追われている最中、こんな会話がありました。
A推進員「今年は申年なので、撮って来て下さい。」
ミワ「えっ!? あっ、はい!」
というワケで、釧路市動物園に行ってニホンザルと愉快な仲間たちを撮影して参りました。
1601152
類人猿つながりという事でオラウータンのヒナちゃん!
自分を仲間だと思ったのか、見つけるなり動き回って色んな表情を披露してくれてとっても可愛いかったです。
1601153
「こうやって遊ぶのです!」
と言わんばかりに毛糸を使った遊びを披露してくれました。拍手をしてくれたり芸達者なヒナちゃんは愛嬌たっぷりです。
1601154
つづきまして、アムールトラのココア!もう寅年になってしまいますが、動物園の人気者なので良しとします!ココアは四肢に障害を持って生まれ、立つことも難しいと予想されていたそうなのですが、、、ご覧ください。
自分を餌だと思ったのか、見つけるなりすっと立ち上がり小走りで駆けよって来てくれました!
1601155
「食べますよ!」
ん~力強い立派な風格ではございませんが、障害を持って生まれた事を感じさせないのもココアの魅力一つなのかもしれません!
1601156
続いてみんな大好きシロクマさんの登場。彼の名はツヨシくん。給餌タイムイベントでの出来事なのですが、ちょっとしたハプニング!リンゴが檻にはさまってしまい、目の前にあるのに食べれないという事態が。。。「ヴぉおおー」と早く食べさせてくれと言わんばかりに、大きな唸り声をあげていました!自分と一緒で食いしん坊バンザイなようです。
1601157
「もっとエサください!」
1601158
さて皆さん、お待たせいたしました。釧路市動物園のトップアイドル ミルクちゃんです!
動きが人間くさいという事で人気を博しましたミルクちゃん。写真で表現するのは中々難しいですが
写真に収めてきましたよ!
1601159
「大丈夫ですかー!?」
最近のマイブームなのか、青いポリタンクを両手で繰り返し押す遊びをしてました。
まるで心臓マッサージをしているような動きです。長い事この遊びをしてました。
16011510
「疲れたので、寝ます!」
一通りポリタンクで遊び終わると、ゴローン。
まるで休日にやることがない人のような姿。人間くさいってこういう事も含まれるんでしょうか。。。笑
16011511
「!?」
今月のイチオシ、ニホンザルコーナーに戻ります。ちょうど給餌の時間だったのか、猿山会場はけっこうエキサティングしていました!撮る側としては少しじっとしててほしいのですが。。。
16011512
日が暮れて少し寒そうです。
16011513
よっぽど寒いのか、重なって暖をとる姿も。
まだまだいっぱい撮りましたけど、ちょっと載せきれません!
16011514
16011515
この他にも水生動物や、魅力ある動物がいっぱいいたましたがここでは紹介しきれないので、是非気になった方は直接足を運んでみていただいてはいかがでしょうか。
そんなワケで閉じ込められる前に、今年もくしろ長期滞在ビジネス研究会をよろしくお願い致します!

阿寒鶴センター

こんにちわ!今年も残すところあとわずかとなりましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?
まったく年末を感じられていない。いつも通りすぎるどうも、ミワです。
今年もあっという間でした。。。これだけ早いと、この記事を書いてる間にもう来年の年末が来てしまいそうです。。。
それはちょっと言い過ぎました。
1512301
そんなワケで今回は念願であった『 阿寒国際ツルセンター 』にいって参りました!
世界的に人気のある撮影場所で、給仕時間には丹頂鶴はもちろんのこと、オジロワシやオオワシなどの餌の争奪戦が行われ、特別天然記念物VS天然記念物の迫力ある写真が撮れる聖域でございます。去年より思いをはせていた場所ですが、やっと行けましたので早速記事にしてみました。
1512302
うぉぉ!!さっそくタンチョウさんがいっぱいおられます!ざっと50羽以上はいらっしゃりますかね。
雪原とタンチョウはやはり絵になりますね。
1512303
さぁ、早速撮っていきますよ!ズーム機能をフルに使っても
200mmのレンズなのでこの程度が限界です。。。せめて400mm、いや、500mmくらいのレンズでもう少し鮮明に取りたい。という願望でレンズサイズが上がっていくのかも知れません笑
1512304
さてさて、そんなこんなでお待ちかね「おさかなタイム」がやって来ました。
係員さんの登場とともにタンチョウたちが動き出し、給仕場も撮影陣もザワつきはじめます。。。そして
1512305
ほっ!?
1512306
来ましたぁー!!
オジロワシです!!
狙っています!!猛禽類ですが、その目はまさに虎!!
虎視眈々と、上空から給仕を奪うタイミングをうかがいながら旋回をしております!
1512307
そして、鋭い爪と嘴を武器にタンチョウに遅いかかります!そしてカラスもちゃっかり混ざります!しかし、タンチョウも負けじと大きな羽を広げ戦します!
1512308
すごい乱戦です。撮影人のシャッター音も鳴り響きます!
というか、正直素早すぎて、ちょっと追いつけません!笑
1512309
「カカカカカカ!」
オジロワシたちが去ると勝利の雄叫びを上げるかのようにタンチョウが鳴きはじめます。
しかし、これは仲間の位置確認や警戒をしている時の鳴き声だそうです。
15123010
結局、納得のいく写真が撮れず、争奪戦も終焉を迎えたので休憩所へ。
ピーク時はもっと人がいましたが、じっとその時を待つ凄腕のカメラマンさん達はまだまだいらしゃいます。皆さんきっと素敵な写真を撮られるんでしょうねぇ~。
15123011
そんな下手の横好きカメラマン・ミワは休憩所見学にシフト。
中には売店や、写真展示があります!この時はフォトコンテンストも開催されており、素敵なお写真ばかりでしたよ!
15123012
そしてツルセンター館内。
野外施設のイメージが強かったミワですが、タンチョウに関する資料や展示品がたくさんあり、館内も非常に勉強になります。ちなみに旧千円札の鶴の絵は、ここで撮影された写真をモデルに作成されたものなんだそうです。「へぇー!!」
15123013
そして、阿寒国際ツルセンターを後にします。駐車場まで向かう道の途中。
タンチョウ4羽が自分の頭上を飛んで行きました。なんというシャッターチャンスだと思ってカメラを構えた時にはもうあんな所に・・・油断した。でも最後見送っていただいたようで感謝したいです。
出来ればまた撮影しに行きたいですねー。。
という、縁起の良いタンチョウのお話で年内の仕事を締めくくりたいと思います。
皆様良いお年をお過ごしくださいませ!