【2/8追記あり】くしろ冬まつり

こんにちは!
くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局推進員のOです。            いつもはブログを読んでばかりの私ですが、
これからは機会があれば、書かせていただきますので、どうぞよろしくお願いします。
さて、こちらの写真は2/3(土)~2/4(日)に行われます、くしろ冬まつりの準備の様子です。


普段は雪の少ない釧路なので、冬まつりの雪像づくりのために雪を集めて来ました。
事務局のY推進員も雪像づくりに参加しています。

これから着々と雪像や氷像、氷の迷路などができていきます。みなさん、楽しみにしていてください。

(こちらは昨年の写真です)

くしろ冬まつり会事務局ホームページはこちら

さて先日、娘のゆっちゃん(5歳)は保育園の冬の遠足で動物園に行くことになりました。

その際、『動物は何も答えてくれない・・・』と呟きました(笑)私は『そんなことないよ。動物もちゃんとゆっちゃんの話を聞いているよ。ただ、言葉を話せないだけなんだよ』と答えました。言葉は交わせなくても、私たちは動物たちの仕草やいろいろな表情に癒されていますよね。是非、みなさんも冬の動物園へ足を運んでみてください。いつもとは違った動物の表情が見られるかもしれません。

動物園ホームページはこちら

さて、ゆっちゃんの遠足・・・結局は荒天のため、こども遊学館へ行きました。思う存分遊んできたようです。子供たちに大人気のこども遊学館ですが、プラネタリウムは大人にも人気があり、一人で来る方々も多いとのことです。

釧路市こども遊学館ホームページはこちら

釧路は冬も魅力がいっぱいです。ぜひ、遊びに来てください。

【2/8追記】

2/3(土)に冬まつりに行ってきました。

こちらの滑り台は推進員Yが仕事終わりの夜に市役所任意の職員とともに作り上げたものです。

このスライダーは大変人気があります。

小さい子供にはこちらの石炭の目で作られた雪だるま作りも人気がありました。

もちろん名物氷の巨大迷路も大人気です。

夜はまりもイルミネーションが大変綺麗でした。

 

 


発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

SL冬の湿原号運航

みなさんこんにちは。

くしろ滞在ビジネス研究会事務局です。

釧路では最高気温がマイナスの日が続いております。

ただこのような時こそ空が晴れて澄みわたり写真映えがします。

事務局員は機会を逃すまいと寒さに耐えながら風景写真を撮りに行っています。

さてみなさん、冬の風物詩

「SL冬の湿原号」が1月27日(土)に運航開始になりました。

 

当日SLが出発する約1時間前、釧路駅が賑わうことがもうひとつありました。

冬の釧網線を旅する「氷雪のネイチャーロード・純白冬紀行」という観光列車が釧路駅を9時59分に出発しました。

噂を聞きつけ、推進員Tはさっそく釧路駅に足を運びました。

待ち構えていると…来ました!クリスタルエクスプレス号です!!

本当に沢山の人々がカメラを持って待ち構えています。

パシャパシャとカメラのシャッター音が鳴り響きました。

クリスタルエクスプレス号登場です!

 

クリスタルエクスプレス号は、1989年製造、JR北海道が保有する「リゾート列車」で、ご覧の通り窓が天井まで届く巨大窓になっているのが特徴です。

ロゴも大きく入っており、普通の列車とは一味違う風格です。

構内では出発式が行われ、市民は横断幕で見送りしていました。

また、同乗して車内ライブを行う地元のフォークデュオ「ヒートボイス」が

歓迎の生演奏を行っていました。皆さん聴き入っています。

約100名のお客様を乗せて網走駅に向かって出発しました。

その後私は釧路ガス横の跨線橋へ移動し、SL機関車が車庫から出てくる様子をカメラに撮ろうと待ち構えました。

30分前から待機していましたが、いろいろな列車が通過しました。

 

やがて時間になり、遠くでSLが動きだしました。

SL冬の湿原号です!

だんだんとこちらへ近づいてきます。

この場所は車庫から跨線橋を通過するまで長い時間SLが走る姿をカメラに収めることができる絶好の撮影ポイントで、約30名の方がSLを待ち構えていました。

SLが近づくとシャッター音が一斉にパシャパシャと鳴り響きます。

通過の際運転手もこちらを見ていました。

SLはこの跨線橋を通過した後、釧路駅に長時間停車するため、急いで釧路駅へ向かいました。

重厚な車体から、シュッシュッと水蒸気を吐き出す音が鳴っています。

構内では出発式が行われました。

この後釧路川陸橋に行こうと思いましたが、間に合わなかったため次の日行きました。

釧路川陸橋は釧路川の蓮の葉氷とSLを同時にカメラに収めることができる有名な撮影ポイントです。たくさんの方がカメラを構えていました。中には釧路に短期滞在している関東の方もいました。

SLを待っていると、水鳥がやってきました。

カモ科のウミアイサです。冬鳥です。

まるでSLを待っているかのように橋の近くで夫婦仲良く泳いでいました。

待っていると汽笛が鳴り、SLが現れました。

下から水蒸気を吐き出しています。

こちらのポイントは、見送る方が手を振っている場所で、乗客も手を振ってこたえてくれます。

素人カメラマンの私でもそこそこきれいに撮ることができました。

まだまだ、SL冬の湿原号の運行は続きます。

詳しい情報はJR北海道釧路支社ホームページをご覧下さい。

 

<4日以上滞在の方へ>

事務局では、長期滞在者向けに滞在施設情報や、交通情報など長期滞在中に役立つ情報をご案内しております。

また、市内の一部施設の入館料などを釧路市民と同じ条件でご利用できるくしろステイメンバーズカードを発行しています。※発行には一定の条件があります。



発行となる条件や申請に必要な書類など詳細は市役所ホームページをご覧ください。事務局は釧路市役所内にあります。ぜひお気軽にお立ち寄りください。詳しくは下記をご覧ください。
ぜひ「SL冬の湿原号」で、くしろ滞在を楽しんでくださいね!

 


発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

阿寒湖畔スキー場

みなさん、こんにちは。
くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

今回は長期滞在班で阿寒湖畔スキー場に行ってきました!

1月13日(土)、当日は晴天。釧路市内を午前8時に出発します。

まりも国道(国道240号)は積雪がなくスムーズに移動できました。

今年の釧路市内は例年より雪が少ないですが、阿寒湖畔はどうでしょうか。

午前9時半に阿寒湖畔スキー場に到着しました!一面雪景色。

早朝だったため、山々の樹々がところどころ樹氷(氷点下の霧が樹枝などに着いてできる氷)で白く輝き、空も晴れていて大変きれいな風景でした。

外気温は、なんとマイナス12℃!!

寒さにふるえながら、まずはレストハウスB1に向かいます。

レストハウスでは一式をレンタルすることができました。

レンタル品ならびに料金についてはこちらをご覧ください。

ロッカー(200円)で靴と貴重品を預けていざスノボ体験です。

雪面は固く締まっており、距離も長すぎず短すぎずのちょうどいい長さで、コースもライトウィング、レフトウィングと2コースあります。

ライトウィングコースは最大斜度26度の上級者向けコースとなっております。

昨年12月25日(月)から12月28日(木)まで第96回全日本スキー選手権大会アルペン競技会技術系(スキー大回転、回転)が開かれました。

一方レフトウィングコースは初級者から中級者向けコースです。それほど傾斜もきつくなく(最大傾斜20℃)、初心者の方でも1~2時間程度で滑れるようになります。こぶもない大変滑りやすいコースです。また途中でボードパークというスノーボーダーもアクロバティックな技を磨くことができる特設コースが併設されております。

また、小さなお子様向けのキッズパークもあり、ソリで楽しむことができます。

初級から中級の方はリフトを中間降り場で途中下車します。

うっかりそのまま乗っていると降りそこなって上級者向けコースに行ってしまいます。

リフトに乗っている間も、阿寒湖畔と雄阿寒岳を望むことが出来ます。

リフト料金についてはこちらをご覧ください。

当初は寒さに震えていたものの、いつのまにか体はポッカポカに。

ただ日頃の運動不足のため体が悲鳴を上げ、たった2時間半で切り上げ

レストハウスでお昼となりました。インターネットの人気投票でNo.1に輝いたこともある評判の食堂です。

レストハウスではカレーライスやラーメン、そばなど一通り定番のものが揃っています。

私たちはそのまま釧路に戻りましたが、帰りに阿寒湖畔の日帰り温泉で

疲れた体を癒すこともできます。

こどもからシニアまで楽しむことができるスキー場ですので

冬のくしろ滞在中のアクティビティーのひとつとしてご検討下さい!

<お世話になったところ:国設阿寒湖畔スキー場>
ホームページはこちら
※駐車場は300台無料で止めれます。
※交通手段はコチラ
※レンタカーご利用の際は当研究会のレンタカー会社をご利用下さい。
営業時間:9時~16時
お問合せTEL:0154-67-3200

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

里帰り出産インタビュー

みなさん、こんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

これまで、避暑やリモートワーク等、様々な形の長期滞在を紹介いたしましたが、

今回は、里帰り出産で釧路に長期滞在された方へインタビューしました。

※インタビュー日  平成29年12月20日(水)

<インタビューにご協力いただいた方>

お名前 :山田様 (釧路市出身)

上のお子様 そらくん1歳

下のお子様 あおくん4ヶ月

 

(事務局 以下Q):本日は里帰り出産をして感じた事等について教えていただければと思いますのでよろしくお願いします。早速ですが、お住まいの地域はどちらですか?

(山田様、以下A):よろしくお願いします。現在は石川県に住んでいます。

 

Q:どのくらい前から釧路に滞在されているんですか?

A:確か5月くらいから釧路に来ていたと思います。
今はもう出産して4ヶ月程経ったので、来月の1月くらいに地元に戻ろうと思っています。

 

Q:すでに7カ月程釧路に滞在されているのですね。ありがとうございます。
今回はなぜ里帰り出産をされたんですか?

A:実は、主人の仕事の関係で一時的に北広島市に滞在しており、そこで出産する予定でした。
ところが、実家のある釧路へ遊びに行った際に、体調を崩してしまったので、そのまま釧路で出産することに決めました。

 

Q:そうだったんですね。不測の事態で釧路で出産されることになったとのことですが、釧路で出産できてよかったことはありますか?

A:やはりなんといっても出産するにあたり両親に援助してもらえたことが大きかったですね。特に上の子どもの面倒をよく見てもらえたので、今回の里帰り出産で親のありがたみを改めて感じました。

あと、石川県の夏は気温が30℃くらいになる日がよくありますが、それに対して釧路の夏は涼しくて、外を歩いたりするときは快適でした。ただ、冬は道路が凍って滑るので、あまり外に出かけられなかったのが残念です。

 

イオンやイトーヨーカドー等のスーパーが揃ってますので、買い物とかの日常生活については特に困ったことはないですね。

上の子どもは、こども遊学館や公園に遊びに行っていましたが、もう少し他にも子どもが遊ぶところが増えれば良いなと感じました。


【画像:釧路市こども遊学館】

<釧路市健康推進課からの耳より情報>
「お子様と遊学館や公園で身体を使って遊ぶのも楽しいですね。
公園以外にも、室内の遊び場として、子育て支援拠点センター(東部、中部、西部の3ヵ所)や親子つどいの広場昭和(昭和中央児童センター内)もあります。主に乳幼児(0~3歳)を持つ親子が気軽に集う場で、育児相談も受けられます。
楽しく利用していただくにあたり、利用可能な曜日や時間がありますので、ご連絡いただければと思います。ご兄弟の年齢が離れていても、上のお子さんが就学前であれば利用可能な時間帯もあります。お気軽にお問合せください。まずは連絡をお待ちしております。」

問合せ先:東部子育て支援拠点センター
                           電話(0154)65-9912


 

Q:やはりご両親がいるということは、ご出産される際には心強いのですね。
冬道は確かに凍って滑りやすいですね。でも実は冬にしか見れない景色等もありますので、また釧路に来る機会があればぜひ見ていただけたらうれしいです。

 

それでは最後の質問になりますが、釧路で里帰り出産をする際にこんな制度があればと思うものがあれば教えて下さい

A:そうですね。制度についてはピンときませんが、何か里帰り出産をしたくなるような制度が釧路にあればうれしいです。

 

Q:本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

A:ありがとうございました。

 

今回、急遽、釧路で里帰り出産されたということでしたが、釧路で出産できて良かった点もお聞きすることができました。

山田様、ご協力いただき本当にありがとうございました。

 

今回のインタビューは山田様が4ヵ月児健診を受診される際にお時間をいただき、お話をお聞きしました。
乳幼児健診については、釧路市に住民票がない方でも一定の条件の下、受診が可能となっていますので、里帰り出産をされる場合はぜひご利用ください。
※詳細については釧路市健康推進課(℡:0154-31-4525)までお願いします。

また、各種助成制度等はお住まいの地域の制度をご利用いただく形となりますので、お住まいの自治体にご確認くださいますようお願いいたします。

 

釧路に実家がある方は、出産の際にはぜひ里帰り出産をご検討いただければと思います。

———————————————————

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

冬のくしろ長期滞在まとめ

みなさん、こんにちは。
くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

本日は、冬のくしろ長期滞在について、ご紹介します。

<目次>
1.冬のくしろ長期滞在が注目されている理由
2.冬のくしろ長期滞在で楽しめる10のこと
3.冬のくしろトラベル
4.冬のくしろ長期滞在で揃えたいもの・注意点
5.冬のくしろ長期滞在中のサポート

 


1.冬のくしろ長期滞在が注目されている理由

「涼しい夏」が人気で平成23年度から6年連続で長期滞在受け入れ実績北海道No.1の釧路市ですが、最近は冬の長期滞在も注目が集まっていることをご存知ですか?

①要因のひとつとして、積雪量が少なく、晴天率が高いことにあります。

※合計積雪量の月平均【2014年度~2016年度の12月~3月】

そのため、晴れた日には「絵のような写真が撮れる。」とおっしゃる方もいます。

②スギ、ヒノキが自生しておらず、花粉症にお悩みの方にお勧めです。


2.冬のくしろ長期滞在で楽しめる10のこと・イベント

釧路を拠点にさまざまな場所を楽しむことができます。

①釧路川ウィンターカヌー

冬の静寂な釧路湿原の中をカヌーでゆったりと進みます。

(体験元:マーシュ&リバー

②阿寒国際ツルセンター(グルス)や鶴居村でのタンチョウヅルウォッチング
 釧路冬の風物詩「タンチョウ」を近くで見ることができます。
(画像提供:NPO法人美しい村・鶴居村観光協会)
SL冬の湿原号
レトロなSL列車が大雪原の中を走り抜けます。
10312
④JR花咲線で行く根室への旅
 冬でも安心なJR花咲線列車で行く根室への旅。根室市はバードウォッチングの聖地と言われております。
(画像提供:根室観光協会
JR花咲線で行く道の駅厚岸グルメパーク

厚岸味覚ターミナルコンキリエの「焼き牡蠣」は本当に美味しいです。

img_4188
流氷を臨むJR釧網線の旅
 網走市の流氷観光砕氷船オーロラで臨む海一面の流氷は圧巻です。
阿寒バス「ホワイトピリカ号」でめぐる冬の道東3湖~

道東3湖をバスで周遊します。

冬の阿寒湖

冬の摩周湖

(画像提供:弟子屈町役場)

冬の屈斜路湖

(画像提供:弟子屈町役場)

  ⑧アイスランド阿寒で楽しむワカサギ釣り

阿寒湖上では様々なアクティビティーが楽しめます。ワカサギ釣りもその一つです。

⑨阿寒湖を眺めながら楽しむスキー・スノーボード
国設阿寒湖畔スキー場は、雄阿寒岳や阿寒湖の雄大な景色を臨むゲレンデは初心者から上級者まで楽しめるスキー場です
 
⑩くしろ近郊の温泉巡り
阿寒バスで動物園入園料・山花温泉入湯料がセットになった乗車券が発売されています。
 (画像提供:山花温泉リフレ)
 その他、冬を楽しむイベントもたくさんあります。
1月2月のイベント情報は釧路総合振興局のイベント表(外部PDF)をご覧ください。

3.冬のくしろトラベルには
釧路での滞在に興味がある方やホテル滞在ご検討の方に!
※ビジネス研究会会員の㈱JTB北海道 釧路支店よりおすすめ、
1泊から検索OKの「るるぶトラベル」をぜひご活用ください。

4.冬のくしろ長期滞在で揃えたいもの・注意点

身支度については下記ブログをご参照してください。

冬靴を買う

冬の服装をそろえる

冬の滞在中必要なアイテム

冬の滞在中にご注意いただきたいことについて

転ばないような歩き方(※転ばぬガイドがPDFで開きます。)

④冬の道東ドライブガイド前編後編をご覧ください。

☆☆準備ができたら道東冬のアクティビティーを思いっきり楽しみましょう!☆☆


5.冬のくしろ長期滞在中のサポート
事務局では、長期滞在者向けに滞在施設情報や、交通情報など長期滞在中に役立つ情報をご案内しております。ぜひお気軽にお立ち寄りください。事務局は釧路市役所内にあります。詳しくは下記をご覧ください。
事務局のご案内
 
また、4日以上くしろを滞在される方向けに市内の一部施設の入館料などを釧路市民と同じ条件でご利用できるくしろステイメンバーズカードを発行しています。
対象者や申請に必要な書類など詳細は市役所ホームページをご覧ください。

ぜひ、「花粉0の快適空間」で、冬のくしろを楽しんでください!

—————————————————

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

冬の道東ドライブガイド(前編)

みなさん、こんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

長期滞在者の方から冬のドライブについてご質問をいただきましたのでご紹介します。

トヨタレンタリース釧路さんにお話をうかがいました。

ご協力いただいた専務取締役の安宅さん、営業代理の山崎さんありがとうございました。

<目次>

  1. ドライブプランについて
  2. 冬道の注意ポイント
  3. レンタカー利用者に多い事故

———————–

1.ドライブプランについて

事務局(以下Q):冬に道外から来られる方が増えており、冬道の運転が初めてという方もいらっしゃいますが、レンタカー会社さんではどのように対応されていますか?

トヨタレンタリース釧路さん(以下A):お申込みの段階で「冬道運転の経験」をお伺いしております。初めてで運転に自信がないという方には、車を運転するのではなく、公共機関の利用をすすめることもあります。

冬道の場合、安全にドライブしていただくための注意点がいくつかありますので、出発前に、各お客様に行程を確認し、道路地図や動画を用いて説明しています。

Q:具体的に運転する際の注意点はありますか?

A:まず「急発進、急ブレーキ」など急がつく動作をしないことが肝心です。
「鹿が飛び出してくるかもしれない。」といった予測運転をすることも必要ですね。

(実際に利用者にお配りしている運転ガイド)

例えば、行程を確認したうえで、冬期間は通行止めになる区間もあることを説明しています。
釧路では晴れていても、50キロ、100キロと離れている阿寒方面や、弟子屈方面では天候がまったく違うことがよくあります。
積雪や視界不良などで、最悪の場合、事故で命を落としてしまうこともあります。
インターネット等で天気予報や最新の交通状況を確認するようにして下さい。

※参考
<国土交通省>
北海道地区 道路状況(外部HP)※別ウィンドウが開きます。

<釧路警察署より>

市内の危険ゾーンロードマップ(外部PDF)※別ウィンドウが開きます。

また、冬の道路は路面状況によって通常よりスピードを抑えて走る必要があるため、思った以上に時間がかかります。

海外から来られた方で、急いでいるためスピードを上げてしまい、大きな事故につながった事例があります。
焦らず運転できるよう、早めに出発するなど時間に十分な余裕を持つとともに、夏の倍の車間距離をとるようにしましょう。
もし可能であれば、滑ることを体感いただくために、建物や車がなく人も歩いていないような凍結路面状態の場所で一回練習すると良いでしょう。

2.冬道の注意ポイント

Q:どのような箇所を特に注意すればよいでしょうか?

A:ブラックアイスバーンが一番運転していて怖い路面状況です
ブラックアイスバーンとは、道路が薄く凍っていて、一見しただけではわかりにくいアイスバーンのことをいいます。濡れているように見えますが、実は氷が張って いる状態で、見分けがつきにくいのが特徴です。大変滑る状態なので注意が必要です。

以下、注意ポイントを何点か上げておきます。

交差点

交差点の停止線の周辺では、車の発進と停止による摩擦熱のほか、車の熱で路面の雪や氷が融解、そして凍結が繰り返され、さらに磨かれるため、最も滑りやすくなっています。

橋の上やトンネルの出入り口
橋の上やトンネルの出入り口などは他の場所よりも気温が低くなり、路面が滑りやすい危険な場所です。こういった場所に差し掛かりそうな時は、手前で十分にスピードを落として、いつも以上に注意して走行しましょう。

朝晩の時間帯
昼間は路面が濡れているだけの状態でも、夜になって気温が下がると凍結して滑りやすくなります。気温が下がる朝晩の走行は、昼間とはまったく状況が違うと考え、十分に用心しましょう。
出発時は積雪が見られなくても、場所や時間などの条件が変われば路面状況も刻々と変化していきます。

轍(わだち)路面
「轍(わだち)」とは、車が走ったあとの雪にタイヤの溝が残る跡のことを言います。道東では、車は轍のほうが走りやすいので、多くの車はなぞるようにして同じ轍を走り、溝がますます深くなります。夜になると冷え込むので、轍は深い溝のまま凍って固まってしまいます。
ツルツルと凍結している状態となっており、轍(わだち)から抜け出そうとしてもなかなか抜けられません。無理に抜けようとしないことが重要ですが、どうしてもというような場合には、対抗車がいないタイミングで、反対に一度ハンドルを切ってから轍(わだち)の側面に乗り上げてそのまま抜けていくのがよいでしょう。

3.レンタカー利用者に多い事故

Q:実際、レンタカー利用者はどのような事故を起こしていますか?
A:北海道では年間2000件のシカの衝突事故(シカ事故)事例があります。特に、今年はレンタカー利用者のシカ事故が昨年より約8割増加しております。
ハンターが少なくシカが増えたということもありますが、餌場が少なくなったシカが道路に出てきているのが主な要因です。是非ご注意いただきたいと思います。

※参考資料
<国土交通省 北海道開発局 釧路開発建設部>
エゾシカ衝突事故マップ

ただし、レンタカー利用者の起こす事故で最も多いのは「シカ事故」ではありません。

実は、道東の道路は広くてまっすぐで単調なため、ついスピードを出しすぎてしまい、運転操作を誤る事故が年間100件ほど起こっております。

実は、事故発生件数では、こちらも1位ではありません。
なんと一位は「駐車場」で起こる事故となっております。

本州では駐車場スペースに車を駐車する際には、駐車場が狭いため、発進しやすいように、お尻の方をお店側に向けて駐車しますが、北海道では、広い駐車場スペースにそのまま入り、頭をお店側に向けて駐車するケースが多いです。
ですので出るときに、後方確認を十分にしていない車が、他の車にぶつかるという事故がなんと年間180件起きています。

後編に続く

——————–
本日ご協力いただいた会社は(株)トヨタレンタカーリース釧路さんです。

場所は 釧路駅前、釧路市栄町12丁目1−1にあります。

WEB予約で1時間前でも空いていれば利用が可能となっております。

もちろん電話予約もオッケーです。
冬道運転についてご不明点等ありましたらお気軽にお電話ください。
TEL:0120-489-946


発信元

お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。
※今回は㈱トヨタレンタリース釧路さんにお話しをおうかがいしましたが、ほかにも研究会にレンタカー会社さんが多数所属しております。詳しくはこちら

 

冬の道東ドライブガイド(後編)

みなさん、こんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

前編に引き続き長期滞在者から質問のあった冬のドライブについてご紹介します。

前編に続き後編も㈱トヨタレンタリース釧路さんのお話です。

ご協力いただいた専務取締役の安宅さん、営業代理の山崎さんありがとうございました。
<目次>

  1. 冬用タイヤについて
  2. 冬用装備について
  3. レンタカーのご案内
1.冬用タイヤについて

実際に車を見せて頂きました!

冬の道路を走るためには、雪や氷のある路面でも高い性能を発揮できる、「スタッドレスタイヤ」を装着する必要があります。
冬の道路でも走行できるよう0℃以下でも固くならない特殊なゴムで作られていています。

2.冬用装備について

北海道の冬道ドライブには、冬用タイヤ以外にも以下の装備が必要です。

ワイパーブレード
雪用ワイパーはワイパーブレードがゴムカバーで覆われており、ワイパーブレート自体が凍りにくく、窓の汚れや雪をしっかりと落としてくれます。

ウィンドウォッシャー液
冬道では使用頻度が高くなります。寒さに強い寒冷地用のウォッシャー液ですと、凍らず安心です。

エンジンオイル
低温ではオイルが固まりやすくなるので、冬期間向けのオイルに交換しておきましょう。

トヨタレンタカーさんに携行品についてお話しをお伺いしました。

Q:冬は、どのようなものを車に積んでおけばよいでしょうか?

A:レンタカーには冬用装備をいくつか用意しております。

スノーブラシ(雪下ろし、霜取り、スクレーパー付き)
ブラシだけでなくスクレーパーがついていると、雪下ろしだけでなく窓についた霜や氷を取ることができるので一石二鳥です。

スコップ
タイヤがスリップした場合や、突然の大雪に備えて携帯型のスコップがあると便利です。

ただ、大雪の場合、雪の除去が間に合わない場合もありますので、吹雪の場合は無理をせず、車内で体力を温存し助けを待つことも重要です。

その場合、マフラー部分が雪で埋まると、排気ガスが車両に逆流し最悪の場合死亡するケースもありますので、マフラー周りはこまめに雪を取り除く必要があります。

車が動かなくなった場合に備えて、毛布や長靴、手袋など防寒具もしっかり準備しておきましょう。

3.レンタカーのご案内

冬用装備が出来なければ、安全のためレンタカーを利用しましょう!
本日ご協力いただいた会社は(株)トヨタレンタリース釧路さんです。

場所は 釧路駅前、釧路市栄町12丁目1−1にあります。

こちらでは、滑りやすい路面でも発進しやすい4WD車を用意しております。
(※ブレーキ機能は一緒なので4WDでも滑ることがあります。)
また、先進安全装置の付いた車種、軽自動車からトラック、ジープタイプまで多種多様な車種を取り揃えております。
WEB予約で1時間前でも空いていれば利用が可能となっております。

もちろん電話予約もオッケーです。
TEL:0120-489-946

また、レンタカー会社ならではのご当地情報は是非ブログをご覧ください。

冬の安心・安全なドライブで道東くしろ長期滞在を楽しんでくださいね!


発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。
※今回は㈱トヨタレンタリース釧路さんにお話しをおうかがいしましたが、ほかにも研究会にレンタカー会社さんが多数所属しております。詳しくはこちらをご覧ください。

アイヌの子供遊び

みなさん、こんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

今回は、アイヌの子供遊び「へカッタㇻ シノッ」というイベントが12月12日(火)開催されましたので長期滞在者の皆様にもその様子をご紹介します。

開催場所は春採生活館です。

(画像は春の春採生活館です。)

まずはじめに北海道大学アイヌ・先住民研究センター北原次郎太教授から、アイヌ語教材の紹介がありました。

つづいて言葉遊びとして、まずアイヌ語の替え歌で

みんなで「数えうた」を歌いました。

「10人のインディアン」のメロディーにアイヌ語をのせて歌にすると大変おぼえやすく、子供たちは元気に歌っていました。

 

その後、体の部位を学ぶ「からだのうた」を歌いました。

続いて、ことば遊びで、「十勝のかけあい遊び」を行いました。

かけあいをしていく中で、思わず相手の言葉につられてしまうことが面白い遊びです。

その後、春採生活館に贈られたかるたで、かるた遊びを行いました。

物の名前や、動きの名前をアイヌ語で学んだ後、子供と大学生が順番にかるたを取って発音し意味をいう「かるた取り」「神経衰弱」でゲームを行いました。


その後かるたを応用して、「物の名前」のかるたと「動きの名前」のかるたを1枚づつ取って文を作る遊びを行いました。

休憩後、店主役とお客様役に分かれてアイヌ語を使った「お店屋さんごっこ」を行いました。

子供たちは、このお店屋さんごっこで何回か練習するうちに、長文でもスラスラと言えるようになっていました。

最後に、体を動かす舞踊の紹介ということで、親子ネズミがミカンを取る

「エルムン コイキ」というねずみの踊り舞踊を学びました。

親子ねずみがかわいい動きで自分に注意を引きつけながら、そのスキに紐の輪っかから手を入れてみかんを盗み取るというゲームです。

みんなで楽しく歌を歌いつつ、かわいい親子ネズミの動きに笑いが溢れました。

最後はみんなで夕食となりお開きとなりました。

参加されていた、長期滞在者のMさんは、

「来釧直後から興味を持ったアイヌ文化に、子供の遊びという視点から楽しく触れる事ができました。教えてくださった北原先生、遊びに参加した子供たちや学生さん、大人たちとみんながとてもいい笑顔で愉しんでいたのが印象的でした。

今後アイヌ文化を伝承していってくれるであろう子供達に期待したいです。

勉強会の後、みんなでいただいたカレーは絶品で、まさにヒンナ!(アイヌ語でおいしい)でした。」

ということで、アイヌ語を勉強できて楽しくみなさんと交流できた会でした。


発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

素敵な道東風景のご紹介(後編)

みなさん、こんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

今回は前回に引き続きKさんご夫妻がくしろ長期滞在中に撮影された写真をご紹介したいと思います。

後編は哀愁を感じる釧路の風景をご紹介します。

クルーズ船、おまつり、釧路の夕暮れ等々の写真です。

まずは米町公園から望む釧路港。

米町公園から望むダイヤモンドプリンセス。

レジェンドオブザシーズ。

夕暮れ出航前の様子。

ふじ丸。

釧路川沿いの代表的な風景、仏舎利塔。

旭町にあるJR根室本線の鉄道橋。

夏の風物詩「イカ釣り漁船」。

釧路を代表する幣舞橋とクルーズ船。

MOOとクルーズ船「飛鳥Ⅱ」。

飛鳥Ⅱを見送る前の市民の皆様。

飛鳥Ⅱの出航と見送る市民の皆様。

釧路初夏の夕暮れ

厳島神社例大祭。

おもてなしグルメフェスタのお店。

北海盆踊り。

釧路大漁どんぱく。

赤い釧路の夕焼け。

青い釧路の夕焼け。

赤と青が混在する釧路の夕焼け。

初秋の夕暮れ。

花時計の上にあるぬさまい公園から眺める夕日。

幣舞橋から眺める夕日。

太平洋に沈む夕日。

日本製紙クレインズのアジアリーグ開幕戦

雨雲の釧路

青と白の夕暮れ。

金色に光る夕暮れ。

赤い夕暮れ

深紫色の夕暮れ

釧路の夜。

ここから秋の風景をご紹介します。

秋の釧路川と幣舞橋。

オオセグロカモメ。

秋の釧路湿原。

牧草ロール。

春採湖。

秋の春採湖ウォーキングコース。

春採湖沿いのナナカマド。

公園の紅葉。

以上、大変素敵な写真の数々をご提供いただいた、Kさん本当にありがとうございました!!

———————————————————

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。

素敵な道東風景のご紹介(前編)

みなさん、こんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

みなさん、師走に入りお忙しい毎日をお過ごしでしょうか。

今回は1年の振り返りということで長年釧路に長期滞在していただいている、Kさんご夫婦からご提供いただいた長期滞在中の写真をご紹介します。

春採湖のウォーキングコース。

まるで絵画の様ですね!

その他の写真もご紹介していきます。

石炭を運ぶ太平洋石炭販売輸送臨港鉄道。

臨港線沿いの木道から見るルピナス群生地。

快晴の千代ノ浦海岸。

 

千代ノ浦海岸の左岸側。

ずり山からの風景。

遠くから眺める太平洋石炭販売輸送臨港鉄道

太平洋石炭販売輸送臨港鉄道の終着点、知人駅。

釧路を代表する花時計。

生涯学習センター「まなぼっと幣舞」へ続く出世坂。

生涯学習センター「まなぼっと幣舞」展望室から見る眺め。

富士見の高台から眺める釧路市街地と白糠広陵。

海から釧路市街へ霧が上がってくる様子。

道端に咲くコスモス。

新釧路川からの眺め。

遠くから眺める日本製紙工場の煙と空。

続いて夏の風物詩、釧路駅に到着したノロッコ号。

釧路湿原駅のノロッコ号。

遠矢駅へ向かう下りノロッコ号。

岩保木水門。

釧路川の細岡カヌーボード。

細岡展望台から望む釧路湿原

シラルトロ湖を望む国道391号線。

初夏のシラルトロ湖の風景。

続いて摩周湖に向かう道。

摩周ブルーが鮮やかな晴れた日の摩周湖。

弟子屈湖。

続いて、北太平洋シーサイドラインで根室方面へ。

原生花園あやめヶ原の風景。

放牧馬と断崖。

その先の花の湿原「霧多布湿原」。

一面黄色のエゾカンゾウの群落

白い綿がかわいいワタスゲの群落

琵琶瀬展望台からの霧多布湿原。

続いて鶴居村の風景です。

鶴居村のカフェ・レストラン「ハートンツリー」さん。

ハートンツリーさんからみた鶴居村市街地。

夏の鶴見台。

とても素敵な写真をご提供いただきKさんありがとうございます!

後編では釧路のお祭りの様子や夕やけをご紹介します。

———————————————————

発信元

事務局:釧路市黒金町7-5釧路市役所本庁舎2F (市民協働推進課内)
お問合せ先TEL:0154-31-4538 お気軽にお問合せ下さい。