釧路のイルミネーション

みなさんこんにちは。

釧路でもイルミネーションがある場所があります。

それは「ぬさまい河川広場」です。

先日、『LOVEくしろイルミネーション』が点灯しましたので

行ってまいりました!

img_4324

img_4325

実はこのイルミネーション、ねんねんパワーアップしているの

知っていましたか?

img_4326

img_4327

忘年会のシーズンでもありますが、

ふらっと飲んだ後立ち寄ると、酔いも寒さで少し覚めますし、

幻想的な明かりがとても綺麗で、クリスマスシーズンだなあとしみじみ感じます。

 

ただこのイルミネーションイベント3月まで続きますので引き続きお楽しみに。

その他釧路川の反対側では引き続き元日本銀行の建物を使って

ライトアップを行っております。現在はクリスマスカラー。

img_4322

遊学館のクリスマスツリー。※写真は外側から。

img_4323

などのスポットもありますので、ぜひお楽しみに。

コワーキングスペース・en.share place

こんにちは。

今日は「長期滞在中でもお仕事をしたい!」という方向け!

en.share placeのご案内です。

向かうは釧路市鳥取大通3丁目20-16、

バス停「鳥取神社前」下車、徒歩すぐとなります。

さっそく中に向かってみましょう。

img_4260

中は暖炉もあり、暖かい雰囲気。

img_4261

オーナーに色んな話をお伺いすることができました!!

enでは、ワーキングスペースの提供のほか

各種イベントを行っており、女性に人気のスペースのようです。

奥のスペースは「コノワカフェ」。

子供もOKの座敷式。

img_4264

2階も上がってみましょう。

img_4265

Studio AKAKOUです。
少人数制の手作りぱん教室も開いているようです。

パン材料販売や雑貨の販売も行っております。

img_4267

オリジナルハンドメイドのお店、

Lin+

オーダーでバックなどを製作しているようです。

白糠のしそで染めた生地などがありました。

img_4268

ルームシューズとワークショップのお店

Laughsion」さん。

img_4269

最後、チョココルネなど美味しいパンがありました。

img_4271

レンタルスペースの利用はコチラをご覧ください。

臨港鉄道の線路をめぐる旅 後編

続いて後編です。

dsc00160

工事中のため、急きょ予定を変更して千代ノ浦海岸へ行くことに。
dsc00167
てくてくと歩くこと10分!
dsc00185
到着!海岸沿いは風が吹いて寒いです!
寒いので早々と退散。
この時点で12時を回ったため、お昼に行きました。
場所は・・
dsc00207

東家総本店の「竹老園」です!12時20分ごろつきました。

ここは有名な庭園があるのですが、

DSC00204.JPG

雪景色でした泣。
ずっと寒い中を歩いていたので体は冷えていましたが

DSC00215.JPG

カメラも冷えていたようです(笑)
天然スモーク状態での撮影です。

ちなみにこちらは親子そばです。

DSC00221.JPG

竹老園といえばこの「そば寿司」
つけだれが以外な味で、本当に絶品でした。
心身共に復活し、バスの時間を調整しつつ13時10分にお店を後に。
DSC00222.JPG
うー、やっぱり寒い。
すこしばかり道に戻り…千代ノ浦バス停へ。
DSC00192.JPG
カーショップチュウチュー前って何!?!?と思いつつ
13:25頃千代ノ浦のバス停から18番白樺線で約3分。三慈会病院下車。
料金は210円でした。
そこから南大通りまで坂道をてくてく歩き…
DSC00241.JPG
少奴の碑のバス停から①たくぼく線で米町公園まで行きます!
ちなみに料金210円です。
DSC002461.JPG
米町公園から知人海岸まで30分ほど歩きます。
途中、民家の間を通り抜け

DSC00250.JPG

いよいよ最終地、知人海岸です!!!

DSC00287.JPG

釧路埼灯台を見つつ振り返ると……
ものすごい光景です!!!
IMG_4280.JPG
奥に石炭を降ろす場所が見えてますが、
ここが知人海岸、臨港鉄道の終着点です!!
IMG_4284.JPG
わーわー、海岸はもう声がもうでません!!!!

白と空の青のコントラストがとってもきれいです。

IMG_4275.JPG

夢中でシャッターを切る一行。もう寒さで鼻水やら涙やらいろいろ出る。
こんなにきれいな場所が近くにあったんだーと頑張って来た甲斐がありました(^^♪

臨港鉄道を巡る旅 前編

こんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

先日長期滞在メンバーで石炭を運ぶ臨港鉄道、

線路を辿る旅に行ってきました。
10時に釧路市役所に集合し、てくてく徒歩で約10分。
まずは釧路駅から。
img_4256
いー天気なのですがさ・寒い――。
 img_4255
ここから10時半発17番 白樺線でいざ春採方面へ。
その後約15分ほどで、コープさっぽろ前下車。料金は
260円です。
dsc09952
こっからバス停前の横断歩道を渡りまりも交通の前を通り、
左側の踏切へ。まずは、臨港鉄道を見に行きます!
じゃーん、現れました!
石炭を運ぶ臨港鉄道です!!
img_4211
前が青、後ろがオレンジ色をしています!
 img_4214
この後、いざ春採湖方面へ。

線路沿いに歩いて春採ショッピングセンター前を横断すると、

春採湖周辺の散策路に出ます!
dsc09999
川には、カイツブリらしき水鳥がいました。
dsc00007
このあたりでアオサギが飛んでいくのを見ました。
dsc00042
前日に雪が降ったせいか、足元は新雪でフカフカです。
途中手袋を落とした人がいましたが(笑)
足元が雪で白いため、落とし物が目立ってすぐ見つかりました。(笑
dsc00060
こんな風に散策路と並行して線路が続いています。
dsc00105
途中このあたりは木に囲まれて野鳥が多く住む地域です。
dsc00080
市民もびっくり!ウサギ?の足跡がありました。
(きつねかもしれないので現在詳しい人に調査してもらってます。)
dsc00122
木道を抜けると歩道橋があるのですが、そこは鉄道を撮る絶好のポイントです。
今回はカラスがいました。
dsc00142
その少し先を行くと、釧路の街並みと春採湖と鉄道が
一度にフレームに収まるポイントがあります。
dsc00150
このあたりから春採湖をお別れし市街地に入っていきます。
ということで、後編に続く………

冬の滞在ブログまとめ

こんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会ですがお知らせです。
発売となりました。(関東関西発
1501266

清涼な空気と真っ白な大自然・釧路!寒さを忘れるほどの、

北国ならではの楽しみがいっぱいです。

おひとり様参加大歓迎、追加代金なしでご案内いたします!

是非お楽しみに。

今回はそんな冬に滞在する皆様のお役にたちたいと

今までの冬の滞在にまつわる記事を過去のブログからまとめてみました。

まずは身支度から

冬靴を買う

冬の服装をそろえる

さあ、冬の身支度を整えて暖かい格好をしたら

転ばないような歩き方(※転ばぬガイドがPDFで開きます。)で

釧路の冬のアクティビティーを思いっきり楽しみましょう!!

冬のリバーウォッチング

1502051

DSC081154.jpg
11301
⑥SL冬の湿原号前編  後編
10312
10267
その他ワカサギ釣り
img_6191
img_4190-thumb-300x400-1720
img_4189
その他炉端焼き
dsc03159-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
焼き牡蠣
img_4188
などど冬の美味しい味覚も盛りだくさん。
ぜひお楽しみに!!

鶴居村のんびりDAY

みなさんこんにちは。

今日は、土曜日に鶴居村に行きましたので、
その時の様子をお伝えしますね。
まずは、釧路から鶴居村に入って右折。
音羽橋に行きました。
11301
残念。鶴がいません。
こちらは朝か夕方がよいようです。
続いて鶴見台。
11302
11303
うっかりたんちょうと間違えました(笑)
白鳥の群れです。
その後鶴居・伊藤サンクチュアリへ行きました。
11304
鶴がたくさんいたのですが、何と言っても空が綺麗でした。
 
その後ランチを食べにハートンツリーさんへ。
11305
11306
今回はミルクカリーをいただきました。
 
優しくってとても美味しかったです。
11307
ということで、鶴を見ながらのんびりできた一日でした!

マイホーム借り上げ制度のご案内

こんにちは。

先日事務局のメンバーは地域クラウド交流会に参加しました。
皆さまありがとうございました。
その際にチラシをお配りしたところお問合せをいただいたので
改めてご紹介いたします。
☆退職して田舎暮らしをするのに、家を売りたいけど、
 でも35年ローンで払っていた我が家。手放すのは惜しい
☆息子の近くの家に住むことになったのだけれども、今の家は
 どうしよう?
☆家を貸したいけど、ノウハウもないし入居者とのトラブルも心配。
☆実家を相続したけれど、小さい頃住んでいた家で思い入れがあって
売却に踏み切れない。
そんな気持ちをお持ちの50歳以上の方におススメなのが
移住・住み替え支援機構(JTI)の
「マイホーム借り上げ制度」です!

EPSON MFP image

このJTIのメリット
①借り手がつかない場合も賃料の85%保証
 ※借り手がずっとつかない場合は保証されなくなる場合があります。
 ※賃料は要相談
②入居者とは3年定期借家契約のため
 安心して戻ることができます。
③北海道銀行とJTIの提携で低金利ローンが利用できます!
という訳で…
売らなくても、不動産を有効活用できる一石二鳥のシステムなのです。
これから2033年には3家に1件が空き家というような状況になる
状況や、住まなくなった家は劣化が早いというようなデーターも
ありますので、住んでいない家をお持ちの方は
是非お正月前後のお時間のある時に不動産会社もしくは
金融機関までご相談下さい。

冬を楽しむおススメの服装

みなさんこんにちは。
釧路は釧路川に初蓮の葉氷がみられ、すっかり寒くなりました。
11252
ところで、昨日釧路に夏から冬まで滞在されている
関西の方に冬のアウトドア用の服装をレクチャーしました。
その様子をブログにしたいと思います。
まずは足元の靴から。
本格的なアウトドアになると防寒・防滑とともに
「防水機能」が必要になってきます。
靴が濡れると寒いし足先が痛いです…
11253
こちらは靴底から6センチが防水機能になっているタイプの靴です。
内側がボアになっているので大変あったかいです。
続いて服装です。
アウトドアで使用する場合、当たり前ですがアウターは必須ですよ!
11254
個人的には防寒ジャケットにフードがついていないと
地吹雪のような天候に対応できないかと思います。
防寒・防風・保温・防水機能を考えるとよいかと思います。
また中にはセーターのほか、ライトダウンベストや
保温機能のある下着を重ねて着るとよいかと思います。
室内があったかいこともあるので温度調整ができるように
しましょう。
また厚着しすぎるととっさの動きがしずらくなります。
スーツパンツの下はジーンズやチノパンツの下などに
防寒インナーやタイツ、腹巻スーツなどを重ね着するとよいかと思います。
腰を打ったりしりもちをしたときに痛みを軽減できます。
また、合わせて頭や首、手の保護も考えましょう。
11255
帽子は万が一転んだ場合の衝撃を吸収するような厚めの毛糸の帽子が
おススメです。
ネックウォーマーなら首元がかさばらずコンパクトに首を保温できます。
また、帽子で耳を隠すか、耳あてやイヤーマフラーがあると便利ですね。
また手袋は濡れても水がしみこまない素材で
内側がボアになっているものがよいです。
11256
手首が寒くなることもあるので手首をきちんと覆う
十分な長さのあるものを選びましょう!!
釣りの時は軍手など用意して親指・人差し指・中指の第一関節のところから
切ると便利かと思います!!
なにかわからないことがありましたら、お気軽に
事務局にお尋ねくださいね!!

道の駅「阿寒丹頂の里」リニューアルオープン

みなさん、こんにちは。

先週、道の駅「阿寒丹頂の里~クレインズテラス~」が
オープンしました!!
そこでオープンイベントに当日推進員Oが参加してきましたので、
その様子をお伝えしますね。
場所は国道240号線を挟んでもともとあった道の駅の道路向かい。
11161
赤いベレーにより近くなりました(^^♪
 11163
中は明るくて開放的な雰囲気です。
11164
11165
地元産の丹頂クッキーが置いてありました。
11167
阿寒土産の定番。
まりもようかんもあります!!!
11168
もちろんお菓子だけでなく、物産物もあります。
11169
ソフトクリームも相変わらずあります。
う、美味しい(^^♪
111692
人気になりそうなのが、「まりもプリン」(^^♪
つるんとむいて、カラメルをかけるのが特徴です!
 
簡易的なフードコートもありますので、買ったその場で
食べることができます!
 
ということで、くしろのうまいものがそろった「クレインズテラス」。
是非足をお運びください!!

SL冬の湿原号~後編~

みなさん、こんにちは。

後編ではSLのおススメ撮影スポットを紹介したいと思います。

まずド定番は釧路駅を出発してから旧釧路川の鉄橋です。
(すいません、スポットを紹介したいためこちらは実際に私が撮った写真ではなく、
観光振興室から頂いた写真になります。)
11101
煙も出ますし汽笛も鳴るため近場では大変人気の
ある撮影スポットです。こちらを通る際には、
SLが通るのを待ち構えている沢山の鉄道写真撮影家たちの姿を
お楽しみください。
また釧路湿原駅を出た直後、細岡展望台から歩いて下った場所に
いいカーブがあり、ここでも多数の写真家がSLを待ち構えています。
11102
汽笛をならしながらたくさん煙を吐き、
下からもシュッシューと水蒸気を出してくれています!
(運転手がサービスしてくれていると勝手に推測してます笑)
その後鉄道に沿っった山々にもぜひご注目下さい。
山の上からSLを撮っている写真家たちが
豆粒のように見えるはずです。(笑)
11103
去年シラルトロ湖に面した国道に面した
駐車場から山を30分もかけて登り撮ったのですが、
そんな山の中にも鉄道愛好家たちが集まっていました(笑)
そんなこんなで標茶へ到着。
標茶駅でもうかうか休憩していられません、
なぜなら車両の清掃作業と方向転換があるからです。
1104
ここでも「またカメラか!」となるぐらい大勢のカメラマンたちの姿が。
機関車内を掃除して方向転換していきます。
その後、帰り道。
釧路湿原駅では10分ほど停車してくれるため、
ここでもSLの撮影タイムが始まります。
11105
ここでしか、真正面から撮れないという撮影スポットです。
SLは乗るのもよし、撮影するのもよしの楽しい乗り物です。
是非、冬の長期滞在の際はSLにご注目下さい!!