前へ
次へ

トップ  >  津波ハザードマップ  >  津波ハザードマップ
  

   津波ハザードマップ
 
 

ハザードマップは、災害予測図ともいわれ、自然災害による被害を予測し、
その被害の影響や範囲を地図化したものです。
釧路市では、津波、洪水、土砂、火山のハザードマップを作成しています。
マップ上には、予測される災害の発生場所や被害の範囲・規模、避難経路や
場所等の情報を掲載しています。

数十年ごとに発生すると予想される津波(津波警報マップ)と、
平成24年6月に北海道が公表した最大クラスの津波(大津波警報マップ)により、
想定される浸水範囲と深さのほか、
避難路と緊急避難場所等の情報を掲載しています。
万が一の際、お役立てください。

 

Page Top