臨港鉄道を巡る旅 前編

こんにちは。

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局です。

先日長期滞在メンバーで石炭を運ぶ臨港鉄道、

線路を辿る旅に行ってきました。
10時に釧路市役所に集合し、てくてく徒歩で約10分。
まずは釧路駅から。
img_4256
いー天気なのですがさ・寒い――。
 img_4255
ここから10時半発17番 白樺線でいざ春採方面へ。
その後約15分ほどで、コープさっぽろ前下車。料金は
260円です。
dsc09952
こっからバス停前の横断歩道を渡りまりも交通の前を通り、
左側の踏切へ。まずは、臨港鉄道を見に行きます!
じゃーん、現れました!
石炭を運ぶ臨港鉄道です!!
img_4211
前が青、後ろがオレンジ色をしています!
 img_4214
この後、いざ春採湖方面へ。

線路沿いに歩いて春採ショッピングセンター前を横断すると、

春採湖周辺の散策路に出ます!
dsc09999
川には、カイツブリらしき水鳥がいました。
dsc00007
このあたりでアオサギが飛んでいくのを見ました。
dsc00042
前日に雪が降ったせいか、足元は新雪でフカフカです。
途中手袋を落とした人がいましたが(笑)
足元が雪で白いため、落とし物が目立ってすぐ見つかりました。(笑
dsc00060
こんな風に散策路と並行して線路が続いています。
dsc00105
途中このあたりは木に囲まれて野鳥が多く住む地域です。
dsc00080
市民もびっくり!ウサギ?の足跡がありました。
(きつねかもしれないので現在詳しい人に調査してもらってます。)
dsc00122
木道を抜けると歩道橋があるのですが、そこは鉄道を撮る絶好のポイントです。
今回はカラスがいました。
dsc00142
その少し先を行くと、釧路の街並みと春採湖と鉄道が
一度にフレームに収まるポイントがあります。
dsc00150
このあたりから春採湖をお別れし市街地に入っていきます。
ということで、後編に続く………

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする