釧路の冬の夕日

世界三大夕日

冬至が近いですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか!?

本日は釧路名物「世界三大夕日」について紹介いたします。

釧路の夕日は特に秋から冬が見ごろです。秋や冬には空気が澄んでいて、晴れの日が多いためです。

釧路の夕日といえば、幣舞橋は有名な撮影スポットですね。

幣舞橋上にある四季の像の間に夕日が落ちてきれいに写真に収まるタイミングが秋分の日(9月20日または21日)または春分の日(3月20日または21日)から一週間とのことです。

幣舞橋にかかる夕日

冬になると、東側に夕日が落ちるようになります。

幣舞橋の夕日(冬)

そこで、冬におすすめの夕日撮影スポットが、米町公園や釧路埼灯台です。太平洋の海岸線に落ちる夕日を撮影することができます。

釧路埼灯台については、ブログでご紹介しておりますが、夕日撮影スポットとしてもおすすめです。

釧路埼灯台

釧路埼灯台から先日、冬も長期滞在していただいている牧野賢司さんが「きれいな夕日を撮ってきた。」と写真の提供がありましたので、ブログでもご紹介します。

釧路埼灯台からの夕日

赤く染まって大変きれいな夕日ですね。(^^♪

海の水蒸気が関係して釧路の夕日は赤く染まってきれいに見えるそうです。

ぜひ皆様も様々な釧路夕日撮影スポットから夕日を撮影してみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。