AKAYOKO 2020制作裏話

赤ちょうちん横丁店主のみなさん

AKAYOKO 2020  

ORYMPIC YEAR 2020年を迎え、 釧路赤ちょうちん横丁でもイベントを開催いたします!!期間は2月1日から8月22日迄の約6ヵ月間。その間、2ヵ月に一度のペースでオリンピック競技になぞらえたイベントを開催いたします。

AKAYOKO2020

 今回は、あまりにも面白いこの企画をどのように発案したのか気になり、この企画を計画した中心メンバーの店主と赤ちょうちん横丁の社長にお集まりいただき、イベントの詳細について伺いました。

DEMINAMI(デミナミ)さん 癒し酒場Potion(ポーション)さん 赤横びすとろTAKKEさん
インタビューの様子

事務局以下J)AKAYOKO2020大変面白い企画ですね!!このアイデアはどのように生まれたのでしょうか!?

赤横メンバー以下A)「イベント会議」という会議を月1回ペースで行ってきました。最初から企画を持ち込むプレゼンターのような人はいなくて、会議の中、みんなでアイデアを出していくスタイルです。雑談の中からどんどんアイデアがあふれていきますね。

赤ちょうちん横丁社長以下森社長)赤ちょうちん横丁株式会社は2018年度から「イベント会議」を開いていますが、都度都度集まるメンバーは違います。時には開催通知をし忘れたため、会議に集まったのはたった3人だったこともありました(笑)。ですが、だいたい6~10人ぐらいの人数が集まって、色々なアイデアを出して、いかにお客様に楽しんでいただけるかということを考えて企画を考えています。

その会議の中で、例えば2018年度からクリスマスシーズン中に「ホワイトイルミネーション」をしようということで、赤ちょうちん横丁内を白のちょうちんで飾ったり、今年度の2019年度は初の試みで赤横写真コンテストを行ったりしました。

J)赤ちょうちん横丁なのに、「白」なんですね(笑)!

A)「ホワイトイルミネーション」ですから(笑)。

AKAYOKO 2020  

J)AKAYOKO2020の内容について詳しく聞いてもよいでしょうか!?

A)いや、なんか改めてお話しするのも、なんだか(笑)。

2月は「高飛び」  

J)2月のイベント「高飛び[食べて!飲んで!ポイント貯めて!めざせ高飛び世界記録!]」ですね。  

A)年代に関係なく誰でも参加しやすいイベントと考え、ポイントラリーを企画しました。

A)ポイントラリーを「どのようにオリンピックに寄せて企画するか(笑)」というのをみんなで考え、その結果が高跳びになりました。

A)1,000円につき10㎝を1ポイントと見立て、高跳び世界記録が245㎝で、それ以上を目指すということで250㎝を目指していきます。合計25,000円でスタンプカード全部が貯まります。全部貯まった人から抽選で金メダル・銀メダル・銅メダルといった景品が当たります。

森社長)ぜひたくさんの人が参加してくれるとうれしいです。

J)こういう企画があると、行くきっかけにもなりますし、何度も足を運びたくなりますね。寒い冬に、また一つ楽しみができました。

4月は「桜アーチェリー」

J)この企画はどのような内容なんですか?

A)なんとかオリンピックに寄せてこうということで「アーチェリー」の「的を当てる」と「桜の開花日を当てる」にかけました。

4月中に来店してもらった人にはカードサイズの投票券を配って開花日を予想してもらい、桜の開花日をぴったり当てるイベントです。

参加者お1人につき3回まで応募することができます。ぴったり当たった人の中から抽選で金メダル(景品)を贈呈します。

J)これまた面白い企画ですね。

A)ただ、思ったより暖冬のため、4月に開花してしまったらどうしようと今から思ってます(笑)。

 6月は「トライアスロンはしご酒」

森社長)こちらは詳細がまだ決まっていないのですが、毎年恒例となっている赤横はしご酒です。最近末広はしご酒と間違える人がいますが(笑)、赤横はしご酒も大変人気があります。いろいろなお店を巡っていく様子が過酷な3種目を連続して行う「トライアスロン」をイメージするので「トライアスロン」としました。

J)なるほど!!そういうことなんですね。

A)こじつけるのは得意なので(笑)

J)6月に東京から釧路にいらっしゃる観光客やビジネスマンが増えるので、そういった方にもぜひこの雰囲気を楽しんでほしいです。

 8月は「AKAYOKO夏祭り」

森社長)こちらも恒例行事の赤横夏祭りを8月22日(土)実施予定ですが、どうオリンピックに寄せるか企画は何も決まっていません(笑)。先のお楽しみということで。

J)はい!楽しみにしています!


いろいろ、お話しを伺う中で、楽しみながら企画する姿が印象的でした。インタビューに協力してくれた3人の店主は赤ちょうちん横丁のお店を経営する中で仲良くなり、一緒に飲みにいくほどの仲になったそうです。そういう雰囲気が豊かなアイデアを生み出すのかなと大変参考になりました。

では、改めて2月「高跳び『食べて!飲んで!ポイント貯めて!めざせ高飛び世界記録!』」についてご紹介します。

下記のルール表をご覧下さい。 

金、銀、銅の景品は 各一名です。ハズレた方には敗者復活が用意されております。

ルール表

ノンアルコールも充実しているみたいなので、飲めなくても楽しくなるお店がいっぱいです。一人で行っても店主との会話が楽しめます。最近、関西から来られた観光客や、若い人がよくお店に来るようになったそうです。どんな方でも楽しめる空間ですので、ぜひ赤横イベントに参加してみてください!


【お世話になったお店】

赤ちょうちん横丁株式会社

赤ちょうちん横丁

癒し酒場 Potion(ポーション)

赤横びすとろ TAKKE (タッケ

DEMINAMI(デミナミ)さん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。