北海道ともっとつながるカフェのご案内

2月22日(土)に「北海道ともっとつながるカフェ」というイベントが東京都で開かれます。

今回は釧路市にUターン移住し、釧路市阿寒町でゲストハウスを経営しながら市民団体を運営している名塚ちひろさんがゲストになっております。

また、「北海道つながるツアー@くしろ地域」で、暮らすように旅をしたライター/地域ジャーナリストの甲斐かおりさんの報告会もあります。

「北海道つながるツアー」は観光のみを目的とした旅行ではなく、北海道らしい場所、仕事、文化の魅力等を感じていただき、そこに住む人との交流を通じてほかにはない「北海道の暮らし」の魅力をリアルに体験していただくことをコンセプトにしてツアーを実施していました。

先日、このツアーに参加したライターの甲斐かおりさんに旅の最終日、旅の感想を伺いました。

甲斐かおりさん

当事務局)釧路市を旅していかがでしたでしょうか?

甲斐さん)釧路のまちづくり活動をされている様々な方々とお話しする機会がありました。「街を元気に、明るくしていこうよ」というような前向きな姿勢で活動しているだけではなく、「この街で生まれ育ったからには何か恩返しをしたい」というような使命感で活動されていらっしゃる方もいらっしゃり、そういったものから生まれるエネルギーを直接感じられてよかったです。

特に、今回ゲストになっている名塚ちひろさんのゲストハウス「コケコッコー」に泊まってみて、そこにおいてある家具や調度品がセンスよく北海道らしさや温かみが感じられオーナーの人柄が垣間見られました。また、そのゲストハウスで、街のお菓子屋さんの店主だったり、ご近所で起業したパスタ屋さんの店主だったりと旅人だけでなく、地元の人ともお話しする機会が持てたのはとてもよい機会でした。総じて釧路の人はみなさんフレンドリーに話してくれていて、そこが釧路の人の良さだと思います。


もっと色々なお話しをお伺いしましたが、詳しくはぜひ2月22日(土)の北海道もっとつながるカフェの報告会でお聞きいただければと思います。旅で出会った釧路市阿寒町のお菓子屋さんのお土産も出る予定です。

釧路市ってどんな街だろう!?、釧路市ってどんな人が住んでいるのかな!?

釧路市の長期滞在・移住に少しでも関心のある方のご参加お待ちしております!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする