リモートワークin KUSHIRO

リモートワーク

新型コロナウィルス感染予防対策として通勤を伴わないリモートワークの取り組みが広がっています。

リモートワークが可能になった今、働きながら観光地やリゾート地で有給休暇をとる「ワーケーション」が注目されています。ワーケーションとは、「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語です。

釧路湿原

今回はリモートワークを釧路で行うためのコワーキングスペース環境についてお知らせしたいと思います。

①くしろフィス

くしろフィス

くしろフィスはJR釧路駅から徒歩3分の場所にあります。

フロア内はコワーキングとシェアオフィスのフロアに分かれています。コワーキング利用者は前者のスペースであれば、どこでも好きな場所を利用できます。

子連れの利用も可能ということもあり、ベビーベッドやおもちゃもあるので、フリーランスで働くお母さん方には強い味方ですね。

②HATOBA Nishikimachi

フリーランスの方や何か集中して作業がしたい人におすすめのオフィスです。

飲食持ち込みも自由です。

時々こちらで開かれる音楽イベントや、蚤の市、交流イベントもおすすめです。

コワーキングスペース等利用助成モデル事業

釧路管内・根室管内・オホーツク管内・十勝管内の外から来られた方へ、上記コワーキングスペースの利用料を一部助成する制度があります。

場所を問わず働くことが可能な長期滞在者に、コワーキングスペース等の利 用料の一部を負担することにより、働きながらの滞在の促進を目的とした事業です。

※長期滞在者…3泊4日以上釧路市に滞在される方を対象

詳細は下記をご覧ください。

場所を問わず働くことが可能な長期滞在者にコワーキングスペース等の紹介及び利用料の一部を負担することにより、働きながらの滞在の促進を目的とし...

利用者の声(H31年度アンケートより)

・Aさん(沖縄県在住)今PCがあればどこでも作業できますし、 スタッフもチャットなど遠隔でチームを組めます。ですので、暑いときは釧路、寒い時期は沖縄などなど、自身に適した地域で仕事が出来るので、 こういったコワーキングスペースや市の協力はとても助かります。

・Bさん(首都圏在住)現在、首都圏のIT業界でフリーランスで仕事してますが、リモートでの仕事を増やしていずれは田舎で生活したいです。今回3週間帰省しますがそのおためし期間でもありました。釧路は夏が過ごしやすいので、この助成制度と住居提供があれば、リモートワーカーが集まる気がします。

など喜びの声があがっております。

ぜひ、この夏はコワーキングスペースの利用をご検討ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。