女性のモチベーション向上術セミナー!マスクしたままメイクレッスン

コロナ禍でも美しく!釧路市男女平等参画センター啓発事業の女性のモチベーション向上術セミナーを受講しました。新型コロナウイルスの流行が続く中、マスクの着用で口やほほが隠れる代わりに、目元が映えるようにする化粧の方法を伝授していただきました💄✨

📷セミナー会場の「ふらっと」

第1部「男女平等参画」ってなに?                           釧路市男女平等参画センター センター長 杉本順子氏

釧路市男女平等参画センターとは、男女平等参画社会の実現に寄与するため、男女平等参画の推進に関する活動の拠点施設です。愛称「ふらっと」のとおり、個人やグループが自由に利用できる交流の場です。もちろん男性も利用できます。お気軽にご利用ください。 平成30年4月1日より釧路市女性団体連絡協議会が指定管理者として管理運営をしています。

第1部では、2020年版「ジェンダーギャップ指数」の日本および主要国のランキングと男女格差の問題点についてお話しをいただきました。

ジェンダーとは社会的意味合いから見た男女の性区分を指します。

杉本センター長より「男女平等参画社会の実現について」スライドを使ってわかりやすく教えていただきました。

「ジェンダーギャップ指数」とは、男女格差を測る指標のひとつ。世界経済フォーラム(World Economic Forum/WEF)が2006年から毎年公表している「Global Gender Gap Report」の中で示される指数です(※1)。 このレポートは、男女格差を解消することを目的に、各国のジェンダーギャップによる格差を数値化してランク付けされています。2019年12月に発表された「ジェンダー・ギャップ指数2020」によると、日本の総合スコアは0.652で153カ国中121位。前年の110位からランクダウンするという結果になったそうです(※2)。

  「ジェンダーギャップ指数2020」の上位国及び主な国の順位は、1位アイスランド、2位ノルウェー、3位フィンランドと、北欧の国々が上位を占めています。           1 アイスランド 0.877 2 ノルウェー 0.842 3 フィンランド 0.832 4 スウェーデン 0.820 5 ニカラグア 0.804 6 ニュージーランド 0.799 7 アイルランド 0.798 8 スペイン 0.795 9 ルワンダ 0.791 10 ドイツ 0.787 15 フランス 0.781 17 南アフリカ 0.780 19 カナダ 0.772 21 イギリス 0.767 25 メキシコ 0.754 30 アルゼンチン 0.746 44 オーストラリア 0.731 53 アメリカ 0.724 76 イタリア 0.707 81 ロシア 0.767 85 インドネシア 0.700 92 ブラジル 0.691 106 中国 0.676 108 韓国 0.672 112 インド 0.668 121 日本 0.652 130 トルコ 0.635 146 サウジアラビア 0.599

ジェンダーギャップ指数は、「女性÷男性」の計算によって割り出されます。男女が平等であれば「1」、格差が大きければ「0」に近づく。世界経済フォーラムによるレポートは、政治・経済・教育・健康の4つの分野をスコア化し、そこから算出された総合スコアをもとに、各国の男⼥平等のランキングを作成しています。

日本の121位というランキング結果はG7では最下位で、ジェンダー・ギャップは先進国最大だ。分野別スコアを見てみると、経済は0.598(115位)、政治は0.049(144位)、教育は0.983(91位)、健康は0.979(40位)だった。

※1 Mind the 100 Year Gap|WEF https://www.weforum.org/reports/gender-gap-2020-report-100-years-pay-equality

※2 日本のランクダウンの要因としては、他国のジェンダーギャップを埋めるスピードが速いので、日本が追い抜かれる形でぐんぐん下がっていると考えてられているそうです。

国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)は、17の目標のひとつに「ジェンダー平等」を掲げています。男女格差の解消と女性のエンパワーメントが実現が不可欠です。男性も女性も意欲に応じてあらゆる分野で活躍する社会を実現するためには「互いに認め合い協力して生きていくこと」が求められます。日本では、女性は○○、男性は□□あるべきというような、偏見(刷り込み)からくる男女格差は根強く課題が山積みですが、まずは「知ること」から始めて、「自らの意志で行動すること」、「声に出すこと」からはじめていきましょう。ふらっとでは情報提供をはじめ、セミナーの実施、活動の場の提供などの各種サポートを行っています。🌼明るく、相談しやすい雰囲気ですので、ぜひ一度おたずねください🌼

公式HP https://furatto946.jimdofree.com/

第2部 メイクレッスン

講師は釧路市内で美容サロン「メイクスタジオCafé」を営むIBF認定国際メイクアップアーティストで松田珠母(あこや)氏です❢

📷セミナーの様子                                                       先生のお話しを聞きながら実際に自分の顔にメイクをしていきます。

「働く女性とメイクの力」・「目元メイクの極意」・「マスク生活の肌悩み解決!たるんだフェイスラインや肌荒れの簡単ケアについて」教えていただきました。受講内容についてQ&A形式にまとめましたのでお伝えします。

Q1.ベースメイクの崩れを防ぐには

A1.洗顔後に化粧水でパッティングをすることで毛穴を引き締め、乾燥を予防できます。毛穴専用ベース(部分用化粧下地)をつかうと肌がサラサラになるので、テカりが気になる方はお試しください。ファンデーションを塗布後、フェイスパウダーでおさえるとマスクにつきにくくなります。仕上げにフィクサー(※)を噴霧するとメイクがピタッと密着してよれにくくなります。パウダーファンデーションは油分が多いのでマスクメイクには不向きです。チャコット(Chacott*)のフェイスパウダーはコスパが良く、カラバリも豊富でオススメとの事です。一部ドラッグストア、公式オンライン他でチェックしてみてください。(チャコット株式会社*は、日本のバレエ・ダンス用品企業)

(※)メイクをキープするスプレー。ドラッグストアなどでも購入可能です。

Q2.元気に見せる眉?美人に見せる眉?

A2.アイブローの色選びも重要です。通常のメイクではご自身の髪の色に合わせるのが基本ですが、マスクメイクの場合は”血色”を重視するのでグレーはNGです。ブラウンで描くのがおすすめです。元気に若々しく見せたい方は眉下を5㎜程度太く、美人に見せたい方は眉頭の下に陰影をつけてください。アイブローパレットの一番明るい色、または濃い色のアイシャドウを薄くぼかすといいそうです。

Q3.アイカラーの色選びについて

A3.NGカラーは「濃いブラウン」です。老け見えまっしぐら(ノД`)・゜・。白っぽいピンクは明るくなるが腫れぼったい印象になるので、彫りの深い顔立ちの方以外はおすすめしないそうです。ピンクを使用するときはアイラインをしっかりひくといいそうです。OKカラーは「ライトブラウン」。中でもコーラル系、オレンジ系、サーモン系、ココア系のお色味がおすすめです。カラーを直接、指でつけている方もいらっしゃいますが、油分や汚れが混じり酸化の原因になるので、チップを使用したほうがいいそうです。⚠化粧品にも使用期限があるのでご注意ください。

Q4.リップメイク、チークについて

A4.リップはティントタイプがおすすめです。乾燥が気になる場合は、リップクリームで保湿後に塗るといいそうです。唇を染めるタイプのものなので、一般的にツヤ感はありません。肌質により合わない方もいらっしゃるので購入前にテスターなどで試してみてください。マスクメイクではチークをしないことが前提となっています。呼気で蒸らされ、いわゆる「ぶす色」に変色してしまうからです。チークをつけた時は、メイク直しの時にチークも忘れずに!!

Q5.目元がぱっちり見えるまつげの上げ方

A5.ビューラーを正しく使いましょう。まぶたに対して垂直ではなく、二重の幅に合わせてあてて、まつ毛の根元をはさみ→中間→毛先に向かって下に3回に分けるて少しずつカールさせるのがポイントです。手首をぐいっと返すのはNGです。正しいやり方をマスターすると夕方までまつ毛は下がらないそうです。マスカラ塗布後のビューラーは絶対にNGです。ホットビューラーをつかうと、たしかにきゅっと上がりますが、まつ毛が痛むので大人の女性にはおすすめしないとのことです⚠ビューラーをライターであぶるのは危険なので、ドライヤーで温めましょう。

Q6.アイラインについて

A6.アイライナーの色も、ブラウンがおすすめ。ブラックをつかうと、マスクの白とのコントラストが際立ち、きつい印象に!引き方のコツは、アイライナーを目に対して平行(寝かせる)にして、まつげのキワに置くようなイメージで引くと失敗しません。インラインは毎日ひかない方がいいそうです。目の粘膜にはまつ毛の生え際(=毛根)があり、毛根に沿った内側にはマイボーム腺と呼ばれる皮脂腺があり、ここから若さを保つエキスがでているそうのでアイラインで埋めてしまうのはNG。インラインはここぞ!という時に、ひいてください。

松田先生おすすめのコスメを紹介します💖

セザンヌ エアリータッチシャドウ01             プチプラですが発色がよく色味もマスクメイクにぴったり♡イエベにもブルべにも合うそうです。ドラッグストアなどで購入可能です。

最近よく耳にする「イエベ」「ブルベ」。それぞれイエローベース、ブルーベースの略で、その人の生まれ持った色である『パーソナルカラー』の分類名を指す。単に肌色の濃淡だけで見分けるのではなく、髪や瞳の色・コントラスト・質感や雰囲気など、さまざまなことを考慮して総合的に判断することが重要とのことです。

ノエビア レイセラ
マスクメイクにはフィルムタイプ(お湯で落ちるもの)は不向き。
🐼パンダ目でお悩みの方はウォータープルーフマスカラをお試しください。
チャコットのフェイスパウダー 
BB(CC)クリームやリキッドファンデーションの仕上げに✨メイクがマスクにつきにくくなります。

+プラス上級者のメイク+についても、教えていただきました。ポイントは「下まぶた」と「Cゾーン」です。

下まぶたは化粧が一番崩れやすい部分なので、専用ブラシまたは清潔な目元用チップにフェイスパウダーをとり、目の周りをサラサラにします。ベースを整えた後、お好みのカラーをのせます。ラメの入ったキラキラしたものを、のせると白目が大きく見え若々しくイキイキとした印象になります。ぐんと華やかな印象になるので下まぶたにもカラーをのせてください。

Cゾーンとは、こめかみから目の下を結んだラインを指します。ここにツヤがあると血色がよく美肌に見えます。ぜひ、ハイライトをのせてみてください。また加齢によるエラの悪目立ちや、こめかみの凹みをカモフラージュできます。つるんとした卵型の輪郭に見せることで美人度がアップしますよ✨

ここからは、男性の方も👀 「マスク凝り」の解消方法についてです。

マスクを着けていると、表情をあまり動かさなくなりがちですね。  顔の筋肉を動かす機会が少なくなり、また動かしたとしても小さく動かすだけになると、顔の筋肉が凝ります。 顔の筋肉が凝っているときは、他の場所にもコリが広がることが多いです。 顔コリ(マスク凝り)のせいで首、肩コリになったり、頭痛を感じることあるそうです。

そんな”マスク凝り”の解消に有効なのが、「ほうれい線解消マッサージ」です。やり方は、美肌のツボ ①げいこう→②こりょう→③けんりょうの順に5秒ずつ押す(下図、参照)ツボは骨のキワにあるので皮膚に対して垂直に押すのではなく、骨に沿って押すのがポイントです。できたばかりのほうれい線であれば、マッサージを続けることで消えるそうです。老け見えの原因”ほうれい線”を撃退しましょう。

痛みを感じる方は相当凝っている状態です。毎日続けると痛みも感じなくなるそうです。ツボ押しには、5キロの負荷をかけるのが有効。人間の頭部は約5キロといわれているので、テーブルに肘をつき頬杖をつくようなかんじでツボを押すと、ほどよい負荷がかかるそうです。

ほうれい線マッサージの前に胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)を指でつまみ、ほぐすこともポイント。                                            ☆胸鎖乳突筋とは後頭部から鎖骨にかけてつながっている筋肉。この筋肉が衰えると、肩コリや首コリ、むくみなどの原因になることがあるそうです。

今回、ご紹介した方法は”マスクメイク”に適したメイク方法です。肌質やお顔立ち、まつげの生え方などには個人差があるので、ご自身にあったメイク方法を見つける一助になればと思います。参考になれば幸いです。

メイクスタジオCaféではパーソナルメイクレッスンも行っています。また、ぐんぐんまつ毛が伸びる美容液も取扱っているそうです。下記HPよりご確認ください。

メイクスタジオCafé📷外観

メイクスタジオCafé                                           [ 住所 ] 〒085-0035 北海道釧路市共栄大通1丁目2−18                [ TEL ] 0154-25-7975 [ 営業時間 ] 9:30〜19:00(土曜日 9:30~17:00)         [ 定休日 ] 日曜日、祝日 [ 備考 ] JR釧路駅裏より徒歩5分 駐車場10台       https://make-studio-cafe.com/                               

ブログ https://ameblo.jp/makestudiocafe33/

セミナーを受講した感想を一言☺

第1部は、いま何かと注目されている「gender(ジェンダー)」についてのお話しでした。報道や女性誌で特集が組まれるなど、目にする機会も増えてきているのではないでしょうか。私も受講を機に改めて男女共同参画社会基本法について調べてみました。みなさまも、興味がありましたら下記よりご覧ください。https://www.gender.go.jp/about_danjo/law/kihon/9906kihonhou.html

第2部はメイクレッスン。最も盛り上がったのが「まつげの上げ方」です。ビューラーの使い方は本当に目から鱗でした。私は厚めのまぶたと下向きで短めのまつげも相まって、なかなか3回はさめませんが(笑)、根元からしっかり上げることで目を大きく見せる効果があるそうなので、ぜひマスターしたいです‼メイクのコツ(①しっかり水分を入れて、ベースを丁寧に作る。②まつげを根元から上げる。③暗い色は使わずに、血色良く仕上げる)を教わったので、朝のメイクがとてもラクになりました(#^^#)化粧もちがアップすることで、メイク直しも最低限でOK、外したマスクもキレイなど…いいことづくめ♪パンパンだったメイクポーチもスッキリしました♡

レッスンが進むにつれて表情も明るく、自然と会話も増え、とても楽しいセミナーでした。メイクには女性を生き生きと輝かせるパワーがあると実感しました。みなさまもぜひ、ご自分にあった素敵なメイクで毎日を楽しくお過ごしください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。