博物館収蔵資料ミニ展示「寄生蜂のふしぎな世界」のご案内

【博物館より】ミニ展示のお知らせ

標茶町の昆虫研究家、飯島一雄氏(1928~2016)の没後ご 遺族より寄贈された昆虫標本のうち、寄生蜂の整理分類が 完成し、3月に刊行された博物館の紀要で目録を公開しまし た。

これを記念して、博物館に寄贈された寄生蜂標本コレクショ ンの一部を公開するとともに、博物館の標本を調べること で明らかになった釧路の寄生蜂の多様性をご紹介します。

《詳細》

1.期間   2021(令和3)年4月17日(土)~6月27日(日)

2.展示場所  釧路市立博物館 1階常設展示室(要入館料)

3.展示資料  飯島一雄氏がおもに標茶町の山林で収集された寄生蜂 標本77種212点(標本箱4箱分)のうち、ヒメバチ科標本1箱分を展示。 資料保護のため途中で一度入替を行います。  目録に掲載された北海道特産の寄生蜂の写真やパネルなども展示して、寄生蜂のふしぎな世界をご紹介します。

4.主催   釧路市立博物館

5.共催   釧路市立博物館友の会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする