【博物館】ハーバリウム霧多布企画展「外来植物展~はるばる来たぜ道東へ~」

霧多布湿原センター

釧路市立博物館で行われている企画展のお知らせです。

まちなかでみられる植物の多くは、もともとそこにはいなかった外来種で帰化植物とも呼ばれているそうです。

この企画展では道東にはどんな種類の外来植物がいるのか、どのようにやってきたのか、どのような問題を引き起こすのか、植物以外の外来生物と合わせて紹介しています。

昨年長期滞在者と市民の交流事業で訪れた霧多布湿原センター(NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト)は毎年「ハーバリウム霧多布」という植物標本作りを毎年釧路市立博物館と共催して行っており、今回その霧多布湿原センターと共催でこの企画展を行っております。

企画展は入場無料となっておりますので、ぜひご覧ください。

チラシ

<詳細>

・会期:2021(令和3)年4月10日~6月27日(日)

会場:釧路市立博物館マンモスホール(入場無料)

詳しくは釧路市立博物館ホームページをご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。