withコロナ時代の3大トレンドテイクアウトグルメ

みなさん、いま話題の✨3大トレンドテイクアウトグルメ✨はご存じですか?

ビリヤニ(インドの炊き込みご飯)・サラダボウル(進化系チョップドサラダ)・韓国グルメだそうです。

韓国グルメは以前から人気ですが、これまでの大人数でわいわい楽しむもの(鍋や焼肉など)から、タッカンジョン(※)など個人で楽しめるものに食のトレンドがかわってきているそうです。

※ “タッ=鶏”“カンジョン=ちいさな塊のお菓子”から来ています。その名の通り、食べやすい一口大のから揚げにお菓子のように甘くて(でも辛い)真っ赤なソースがかかった韓国のB級グルメ。タッカンジョンの独特のソースの秘密は“水あめ”。水あめをふんだんに使うことで、辛いけど甘い、トローッとしたソースができるそうです。

本日は3大トレンドテイクアウトグルメの1つ「ビリヤニ」を紹介します。
ビリヤニはもともと、ムガル帝国時代に発達した宮廷料理。複雑な手順に沿って作られる手の込んだ料理であり、インドでは結婚式や誕生日などのおめでたい日に振る舞われる”晴れの日のごちそう”です。地域ごとに特色があるのも特徴です。これまでは、使用するインドの高級米バスマティライスが入手困難なことなどから、日本では広く知られてはいませんでしたが、料理としての自由度の高さ (スパイスと肉、魚、卵や野菜などから作る米料理のため、シェフのこだわりを感じることができる) と 米の流通事情等が改善したことなどから、北海道札幌市では初の専門店もオープンするなど注目のグルメです。今後、日本でもビリヤニ専門店が増えていくだろうとの予測がされているそうです。

話題のビリヤニを釧路でも味わうことができます。提供しているのは研究会会員アイコムが運営する YOURs DINING です。

”百聞は一見に如かず”ということで📷こちらをご覧ください👀

ブリヤニ ¥900-(税別)
パラパラと軽く香り高いバスマティライスと、豪快にチキンレッグを炊き込み、最後に軽く炒めあげたインドを代表する米料理です 。華やかな見た目は写真映えも👀

どうして「ブリヤニ」なのかというと、オーナーの佐久間氏が この料理をネパール人シェフから教えてもらった時、私(佐久間氏)の耳には「ブリヤニ」と聞こえちゃったんです(笑! 一般的には日本語で「ビリヤニ」と呼ぶらしいですね。エヘ。とのことです☺

よりネイティブな発音がブリヤニのようですね(笑)

👤「せっかく”ビリヤニ”を提供しているのに”ブリヤニ”では検索をかけてもヒットしなくて、もったいないね。」という常連さんのアドバイスもあり、近日中にお店のメニュー表記を全てビリヤニに変更するそうです。

本場の味を追求した「ブリヤニ」のこだわり

香り米「バスマティライス」を使用

インドの発酵バター「ギー」を使用

隠し味には香り高いローズウォーターを使用

特製「ライタ」 (野菜やフルーツをヨーグルトで和えたもの)

おそらく、この本場の「ビリヤニ(ブリヤニ)」を味わえるお店は、釧路では YOURs DINING –Jamamart Coffee ・インドネパールキッチンGanges(ガンジス)- だけではないでしょうか?

是非この機会に、世界三大炊き込みご飯(※)の一つ「ブリヤニ」をお試しくださいませ!!パラパラとした食感にきっと感動します。 店内飲食はもちろん、テイクアウトも可能です。 かなりボリュームもある一品なので、シェアして食べることもおすすめです。 お好きなカリーと一緒に食べても、もちろん美味しいですよ。

※ 日本の『松茸ご飯』、スペインの『パエージャ(パエリア)』、南インドの『​ビリヤニ』

とにかく「米」をがっつり味わいたい方は、チキンレッグ無し、野菜少なめのオーダーも可能です。(こちらは裏メニュー☺料金は通常料金となります)

☂これから蝦夷梅雨をむかえる釧路ですが、とにかく本物にこだわり、食材も本場のものを使用したさわやかでスパイシーなブリヤニで、ジメジメを吹き飛ばしましょう!

現在、緊急事態宣言に伴い時短営業をしております。ご来店、ご注文の際は、事前に営業時間等をご確認下さいますようお願いします。

下記、研究会ブログでもお知らせしています。▶YOURs DINING営業時間の変更とガンジスの期間限定テイクアウトメニューのご案内🍛 (cool946.com)

美味しいを便利に! YOURs DINING は補助犬同伴可能です🐕店内は段差のないバリアフリー仕様です。Wi-Fiも無料でおつかいいただけます。ぜひ、ご利用ください。

緊急事態宣言の延長に伴い期間限定メニュー「3品テイクアウトセット」も販売を延長します😋
ぜひ、この機会におためしください。
https://cool946.com/2021/05/19/post-18663/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。