「47JIMOTOフラペチーノ」

6月30日より全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)47都道府県ごとの個性がつまった氷飲料 の新作「47JIMOTO フラペチーノ® 」を発売しているのはご存知ですか。ユニークな企画は反響を呼び「 フラペチーノ® 」が日本のTwitterトレンド1位を獲得するほど話題になっています。今回は、話題の地域限定フラペチーノ® を紹介します。


Starbucks Coffee Japan – スターバックス コーヒー ジャパン HPより引用

1996年、東京・銀座に1号店となる銀座松屋通り店を出店し、現在では日本全国47都道府県に約1,600店舗を展開しているスターバックス。 今回の新作は、スターバックス日本上陸25周年の第2弾。地元のパートナー(従業員)が地元の利用者へのこれまでの感謝と、今後の末永いつながりへの想いを込めて考案したメニュー。47都道府県ごとに「これぞ、わが地元のお客様に届けたい商品」として、それぞれの地域のパートナーから出てきたアイデアをベースに商品化したとのことです。

北海道は「北海道 とうきび クリーミー フラペチーノ® 」※国内の収穫、出荷量がともに全国1位を誇るとうきび(とうもろこし)を メイン素材にセレクト。北海道の魅力が詰まったクリーミーな味わいが楽しめる フラペチーノ® となっています。

※(農林水産省 令和元年野菜生産出荷統計より)


北海道 とうきび クリーミー フラペチーノ®
とうきびの香りと甘さ控えめなクリームがとても美味しかったです😋
イオン釧路店で撮影しました。

『なまらLOVE♡HOKKAIDO』 をテーマに、「いつまでもスターバックスと北海道をなまらLOVE(心から好きな存在)として、広大で様々な魅力に溢れる北海道のように、お客様にいつまでもワクワクを届けていきたい」という想いで考案された フラペチーノ® だそうです。

真っ白な雪景色に太陽の光が反射してキラキラと輝く様子が表現されています。

みなさまのお住いの地域の フラペチーノ® も気になるのではないでしょうか。

ご参考までに、
J-CASTが調査したランキングがこちらです。

北海道は8位にランクインしていました👏

釧路では、 釧路鶴見橋店(釧路市 昭和中央)と イオン釧路店 (釧路町)2店舗を展開しています。

販売期間:6月30日(水)~8月3日(火) ※無くなり次第終了
販売店舗:北海道内のスターバックス店舗(一部店舗を除く)
価格:トール テイクアウト 669円、店内利用 682円

釧路鶴見橋店は日本最東端にある 道内最大級(ドライブスルー併設)の スターバックスなんだそうです。日本で最もシアトルに近い店舗ということから、シアトルとの繋がりが感じられる内装で店内素材として釧路地方で育ったカラマツ材を使用しているそうです。

釧路にお越しの際は、日本最東端の「スターバックス コーヒー 釧路鶴見橋店」へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。