「大人の家庭科&お気軽アート教室」参加レポートpart2

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、北海道立釧路芸術館主催のワークショップの様子をお伝えします。
今回は「富貴紙をすいてつくるポストカード」作りに挑戦しました。

富貴紙(ふきがみ)とは、 音別地域の特産品である 蕗(ふき) の皮を原料とした世界で唯一の和紙です。釧路市音別町の工房にて一枚一枚手漉きでつくられており、同じ模様の紙が存在しないことも特徴です。
扇子やランプシェード、ポストカード、名刺の台紙やはがきとしても販売され、観光客にも人気です。
コーチャンフォー釧路店(【電話】46-7788)、山一佐藤紙店(【電話】22-1311)、音別町行政センター地域振興課地域振興担当(【電話】01547-6-2231)で買うことができます。

株式会社山一佐藤紙店 | Facebook よりアイヌ文様入りの富貴紙扇子
京都の扇子専門店が作成していますので持ち手は木製で高級感があります。インテリアとしても
自分で使っても、プレゼントにしても ☺

6月16日に釧路市米町でオープンしたパン屋「詩とパンと珈琲 モンクール」でも、富貴紙の展示販売をしています。店内は、ゆっくりくつろげるオシャレな空間で、展示している富貴紙をお手に取って風合いをお確かめいただくこともできます。

詩とパンと珈琲 Mon Coeur(モンクール) | Facebook よりお店の外観
詩とパンと珈琲 Mon Coeur(モンクール) | Facebook より店内の様子
やまだるみ個展『ぼくのおうち』in Mon Coeur 8月19日㈭〜9月19日㈰
 ㈬〜㈯10時〜18時 ㈰10時〜16時 ※定休日㈪㈫
詩とパンと珈琲 Mon Coeur(モンクール) | Facebook より展示中の
やまだるみ 作品
※展覧会は感染対策を徹底したうえで開催します。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 237690355_352334466554415_2034271313561946928_n.jpg
北海道立釧路芸術館 http://www.kushiro-artmu.jp/

🌌緊急事態宣言」に伴う、市および市内施設の対応について【研究会ブログ】は、こちらからご確認ください。

それでは、ワークショップの内容をお伝えします。

フキの繊維と和紙の原料である「楮(コウゾ)」を使った本格的な「ふき紙漉き」を体験しました。

販売している「富貴紙」とは フキの繊維と楮の配分は異なります。

お好みでシールやイラスト(素材が紙で、水性インクを使用していないもの)をポストカードに漉き込むことができます。❁私は 佐藤紙店で”ドライフラワー”を入れるのがおすすめと教えていただいたので、ネイルパーツ用のドライフラワーを用意しました❁

完成したポストカードがこちらです。

音別町体験学習センターこころみ(✆01547-6-9000)で、実際に富貴紙作りを体験することができます。ご興味のある方は上記までお問合せください。

このたび「富貴紙(ふきがみ)」の扇子に、新しいアイヌ文様デザインの富貴紙扇子が仲間入りしました。デザインは、阿寒湖温泉地区のアイヌコタンに暮らす「郷右近富貴子氏」と「床みどり氏」により、音別に群生する「蕗」を想い描き、制作されました。職人の手により、一枚一枚丁寧に漉かれた富貴紙に、アイヌ文化の伝統が融合した逸品です。
※数に限りがあるとのことです。詳しくは下記よりご確認ください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-5.png

北海道立釧路芸術館ブログは下記よりご覧いただけます👀
https://blog.goo.ne.jp/kushiro-artmu

📚

くまざわ書店釧路店 (イオン釧路店2F) に「安野モヨコ」特設コーナーがありますので、 作品を読み返したくなった方がいらっしゃいましたら、 チェックしてみてください。毎月最後の金曜・土曜・日曜は Kポイント倍デーとのことです。

北海道新聞釧路営業部 | Facebook より

「大人の家庭科&お気軽アート教室」は2021年秋も開講予定です。芸術館HPや広報くしろでご案内予定とのことです。

🍁 オチビサン 🍁

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。