めぐる×つくる2021 生誕80年毛綱建築バスツアー開催延期のご案内

先日ご案内した「毛綱建築とアート展をめぐるバスツアー」は緊急事態宣言発令に伴い開催延期となりました。
9月5日(日)は実施せず11月14日(日)に延期となります。楽しみにされていたみなさま、もう少しだけお待ちください🚌


最新の情報については、 北海道立釧路芸術館 HP等でご確認ください。

【緊急事態宣言発出にともなう北海道立釧路芸術館の対応について】 

9月12日(日)まで、次の通りの対応となります。

■感染対策を徹底したうえで展覧会「安野モヨコ展 ANNORMAL」を引き続き開催します。実施ボランティアSOAの会によるミュージアム・ショップもご利用できますので、ぜひお立ち寄りください。
※Airペイを導入していますのでVISA・Master・JCBなどの各種クレジットカードや、Suicaなどの交通系カードで利用料金のお支払いが可能です。
ただし、観覧料のお支払いのみとなります。

■中止するイベント:9月4日(土)「安野モヨコ展 ANNORMAL」ギャラリー・ツアー9月11日(土)、 パフォーミングシアター2021ポケットサーカス9月12日(日)、「安野モヨコ展 ANNORMAL」初秋のお茶会

■休店するサービス:ボランティアSOAの会運営による喫茶コーナー(2F)

飲食による感染リスクが高まるため、休止いたします。
【ミュージアムカフェSOA休止期間:8/27(金)~9/12(日)】

画像
安野モヨコさん Twitterより
安野モヨコの30年もの画業が 年代ごとにまとまっている 「安野モヨコクロニクル」も 展示中



【緊急事態宣言発出に伴う釧路市立美術館の対応について】 

釧路市立美術館 は感染拡大防止対策を講じながら「開館」しています。

月曜日は休館日なのだ!

現在展示中!〜珪藻アート〜のご案内

珪藻は、0.1ミリにも満たない藻の仲間。この生き物の体の一部(ガラス)を並べた作品パネルを展示しています。実際はとても小さいので、見るためには、顕微鏡を使わなければなりません。作品を作られたのは、奥 修(おく おさむ)先生。会場には、先生のご厚意で、写真の他にも、珪藻の大きさを実際にご覧いただけるプレパラート(標本)と、実物の顕微鏡も。顕微鏡の中の、ちいさな、小さな世界を、ぜひ覗いてみてください!ミクロの世界に、驚くほど美しい光景が広がっています。写真撮影、SNS投稿も可能です。

展覧会:開催中〜9月5日(日)まで / 休館日:毎週月曜日

開館時間:10時〜17時 / 観覧料:一般800円 大学生以下無料

会場:釧路市立美術館

問い合わせ:tel 0154-42-6116  / fax -154-41-8182

E-mail sh-artmuseum@city.kushiro.lg.jp

⭐バスツアーの前に市内の毛綱建築を予習したい方は、事務局に”街歩きアートマップ”がございますので、事務局員までお申し付けください。 郵送も承ります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: -e1628212940426-1024x712.png
※マップ内に一部、現在と異なる箇所がございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。