「緑提灯」が釧路に初お目見え

緑提灯とは国産食材を多く使う店舗の軒先に掲げる『地場産品を応援しているお店の印』です。 提供する食材に占める日本産食材の使用量がカロリーベースで50%を超えるお店で緑提灯を飾っています。
2005年4月、北海道小樽から始まり、現在では加盟店舗は3000店舗をこえたそうです。事務局は茨城県つくば市にあります。地産地消に普及に加え、食料自給率の向上を目的としているそうです。

こちらの「緑提灯」がくしろステイメンバーズカード特典にご協力いただいいております「さいわい食堂 」 に釧路市内では初めてお目見えしました。

さいわい食堂 | Facebook より

さいわい食堂は和食料理を中心に、手ごろな価格で「料亭の味」を提供しています。2019年の開店当初から農薬や化学肥料の使用を最小限に抑えた特別栽培米や肉など、北海道産にこだわった食材を使用しています。

常連さんからのアドバイスでこの取り組みへの参加を決めたそうです。 緑提灯はお客を大切にする店主の「心意気」や「覚悟」を象徴しているそうです。

釧路、根室管内でも緑提灯をつるしているお店があるそうなので、ご興味がありましたら下記よりご確認ください。

緑提灯のお店はこちらより検索できます→ http://midori-chouchin.jp/introduction_map

お弁当の食材にもこだわっています。釧路OSSコミュニティで紹介している 「お持ち帰りごはん 釧路版」の掲載店です。テイクアウトもぜひ、ご利用ください😋

“もも得”参加店です。
こちらのカードを芸術館にご提示ください。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-7-1024x466.png

安野モヨコ展は北海道立釧路芸術館で9月20日まで開催しています。展覧会および地域連携企画もも得については芸術館のHPよりご確認ください。http://www.kushiro-artmu.jp/

「さいわい食堂」

〒085-0017 釧路市幸町9丁目1番地 釧路市交流プラザさいわい1F

TEL:0154-64-6211

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。