傘寿記念 日本画家 羽生輝展 悠久の岬を望む Hanyu Hikaru Exhibition: View of the Eternal Cape ― Japanese-style Paintings

北海道立釧路芸術館で新たな展覧会がスタートしますので、ご案内します🍁

日本画家・羽生輝(1941年生)は、幼少時に東京から移り住んだ釧路を拠点に、岬や浜辺、湿原など道東を中心とした北国の風土をみつめ、描き続けてきました。重厚で鋭いタッチのうちに、ゆたかな抒情を滲ませた深遠な絵画世界を、初期から近作に至る代表作60点余りにより展覧します。
*会期半ばで、出品作品の一部を展示替えします。

前期:10月9日(土)~11月7日(日)
後期:11月9日(火)~12月8日(水)

北海道立釧路芸術館 展示室 9:30-17:00

一般800(600)円/高大生300(200)円/小中生100(50)円
前期・後期セット券 一般1200円/高大生400円

  • ※( )内は親子料金、リピーター、10名以上の団体料金。
  • ※釧路・根室管内在住の中学生以下は観覧無料の「そあっこ」!釧路芸術館ボランティアの会SOAがご招待します。
  • ※開館記念日(10月24日)は( )内の料金で観覧いただけます。

関連プログラムのご案内です。

講演会「私の日本画制作-北の浜辺・岬・湿原ととに」や3館連携企画「となりのミュージアム」 「落語」で語る羽生輝の世界 など楽しい企画が目白押し👀
北海道立釧路芸術館 HPFacebook 等で随時、情報を発信していますので是非ご覧ください。

展覧会および関連プログラムについてのお問い合わせは 北海道立釧路芸術館 までお願いいたします。


北海道立釧路芸術館HPより

道東の地に根差し、生み出されてきた 羽生輝(はにゅうひかる) の深遠な日本画の世界をご堪能ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。