2021秋「大人の家庭科&お気軽アート教室」💜カルトナージュ

みなさま、こんにちは。今回、私は北海道立釧路芸術館で「ペルメル」作りを体験してきました🎀

芸術館で年2回(春~夏・秋~冬)、地元で活躍している方を講師としてお招きして各種ワークショップを開催しています。ものづくりを通して地元の良さを再発見できる人気の講座です。 前回は、転入者の方も参加されていました☺ こういった嬉しい出会いも魅力のひとつではないでしょうか💖

フランスの伝統工芸「カルトナージュ(Cartonnage)」は、美しい布や紙をつかって箱などの雑貨をデコレーションすること。

感染防止のために人数を制限し、モニターを使用するなど各種感染対策を徹底して
開講しています。

カルトナージュはフランス語で『厚紙』を意味する「カルトン(Carton)」が語源で、18世紀ごろの南フランスで蚕を入れる箱に装飾をしたのが始まりと言われています。 今回はレターホルダーボードを作ります。
壁掛けタイプなので、インテリアのアクセントになります。

カルトナージュの世界では『ペルメル』と呼ばれる人気のアイテム。 💌ウェルカムボードとして結婚式で使う花嫁さんが増えています👰素敵なウェルカムスペースを演出してくれたペルメルは、式後もおうちのインテリアとして大活躍♩カードを挟まず布の柄を楽しむこともできます。

講師は市川友恵先生です。(atelier hanakomichi主宰)

🎄 クリスマス柄の生地で、小さいペルメルを作成します🎅💕

準備するもの

生地(表布)、厚紙(土台)、キルト芯、リボン、飾りピン、吊金具(Dカン)、接着剤、はさみ、カッター、ハケ、目打ち、定規、カッター板、水貼りテープ

厚紙の厚さは2㎜です。接着剤は木工用ボンドを使います。水でうすめたものと原液の2種類を使います。※美しく仕上げるために速乾性でないものがいいです。

⭐作り方 (私の覚書ですので💦ご参考まで)

1.裏側になる土台を作ります。

今回は先生がリボンつけ位置の印をつけてくれました。アイロンをかけた生地を土台(厚紙)に貼ります。 水で薄めたボンドをハケでうすく塗ります。

2.土台に表布を貼る

土台にボンドを塗り、長辺を折って貼ります。短辺を貼る前に角の折り代の重なり部分をカットします。

3.リボンをつける

2本のリボンの真ん中に穴をあけ、交差させ割ピンをさします。ガイドラインに沿うようにリボンを貼り、土台に目打ちで穴をあけ、割ピンをしっかりさして足を割り、水張りテープを貼ります。次はリボン1本で同様の作業を繰り返し、美しいひし形になるようにリボンを貼ります。

ずれてしまうと、美しいひし形にならないので、表布を見ながらカッター板をつかって、
中心にくるようしっかりにさします。

3. 1で作った土台にカッターで穴を開け、リボンを通したDカンを割ピンと同じように、十字に開き水張りテープを貼ります。

4. 仕上げ

土台の裏側の余白を埋めるように水貼りテープの糊の面を上にしてボンドで貼ります(密着させるために貼ります☺)。厚紙が見えなくなったら素早く、薄く全体にハケでボンドを塗り、表と裏を合わせます。辞典などで重しをして、密着させたら完成です。

📷完成した作品がコチラです。
皆さん、とてもお上手です♡私はツリー柄の生地で作りました☺

Dカンがついているので、壁にかけることができます。ファブリックボードとして飾ってもかわいいですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

📷こちらは先生の作品です。

市川先生はカリグラファーズ・ギルド会員サロン・ドゥ・カルトナージュ認定講師

カルトナージュとカリグラフィーの教室があります。みなさまも、作ってみませんか☺

カルトナージュ
 釧路道新文化センター
 富士温泉教室(標茶町)

カリグラフィー
 富士温泉教室(標茶町)

✨好みの布で縫わずに簡単に仕上げることができる『カルトナージュ』✨
ウェルカムボードやリングボックス、子供の写真のためのフォトスタンドなど、イベントごとに大活躍!「材料を揃えるのが大変」、「必要な量だけ欲しい!」という方はキットを使って作るのもおすすめです。 🌹みなさまもカルトナージュでお部屋を優雅に彩りませんか🌹

💚2021秋大人の家庭科&お気軽アート教室「はじめてのヒンメリ」の様子はこちらをご覧ください (cool946.com)

芸術館からのお知らせ

【「裂き織でつくるスマホケース」若干名、参加者募集!】

11月24日に開催する「大人の家庭科&お気軽アート教室 裂き織でつくるスマホケース」は、午後の部(13:30~16:00)に若干の空きがあるため、追加で参加者を募集します!お電話・FAX・メール、もしくは直接のご来館にて、定員に達するまで先着順で受け付けます。講師:渡邉 久美子 先生 (北海道テキスタイル協会会員)定員:各回15名受講料:800円持ち物:裁縫道具セット

☆本講座受講生のうち希望者を対象に、13:00~の30分間、開催中の展覧会〈傘寿記念 日本画家 羽生輝展 悠久の岬を望む〉のギャラリー・ツアーを実施します。ご参加の場合は受講料に加え、団体観覧料 (一般600円) を申し受けます。

📷ミュージアム・ショップ前に飾られたツリー
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 245950228_559483898443373_2942927965514587580_n-1024x768.jpg
ミュージアム・ショップのみの利用も可能です。

🎄ミュージアムショップでは、クリスマスにぴったりの✨マスクチャーム✨を販売しています。どれも可愛くて迷いましたが、私はサンタクロースのチャームにしました🎅キラキラのビーズで気分があがります💖ファーの小物と合わせるとホリデー感が高まります😻ちょっとした贈り物にもぴったり!数量限定とのことですので、どうぞお早めに⛄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。