羽生輝展~後期の”みどころ”とイベントのご案内~

みなさん、こんにちは❄釧路は日没が15:57とぐっと早まり、冬の訪れを感じています❄いまは初雪が待ち遠しいです❄

今回は北海道立釧路芸術館で開催中の「羽生輝展」の”みどころ”と関連イベントについてご案内します。

本展覧会は日本画家の羽生輝氏の傘寿を記念して開催している展覧会です。
羽生氏は、新聞に連載された原田康子作「挽歌」や「海霧」の挿絵を担当したことで知られています。 釧路を拠点に活動を続けていらっしゃいます。浜辺や湿原などを主題として、その地に住むものにしか捉えられない風景表現にこだわり、大画面へと描き出してきました。重厚な絵肌と鋭いタッチで生み出された、静謐で深遠な絵画世界を、ご堪能ください。

「羽生輝展」ギャラリー・ツアー
日時:11/27(土)、12/5(日) 各日午後2時~(約30分)
会場:釧路芸術館展示室(要観覧券)
事前のお申込は不要です。ご参加希望の方は、直接ご来館ください。

傘寿記念 日本画家 羽生輝展 悠久の岬を望む

後期:11月9日(火)~12月8日(水)

場所: 展示室 (9:30-17:00)

釧路市立美術館では「ミニ企画 羽生輝展」を開催しています。

釧路在住の日本画家・羽生輝の生誕80年を記念して、北海道立釧路芸術館、釧路文学館の3館が連携した「羽生輝展」を開催しています。本展ではコレクションから道東の海岸風景に題材を求め、半世紀以上にわたって描き続けた岬や浜辺、番屋といった日本画のほか、創作の原点とるスケッチ、湿原の風景や花など作家蔵の最新作を含め約15点を展示しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hanyu_isaribi.png

開催情報

展覧会名:羽生輝展

会期:2021年11月20日(土)ー12月12日(日)

開館時間:10:00-17:00

休館日:毎週月曜日

会場:釧路市立美術館ギャラリーB

観覧料:一般140円 大学生以下無料
*身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けた方及び付き添いの方は無料(ミライロID可)

主催:主催:釧路市立美術館、(一財)釧路市民文化振興財団
共催:北海道新聞釧路支社
協賛:アートギャラリー協力会

https://k-bijutsukan.net/exposition/hanyuu/

羽生輝展3館連携企画「となりのミュージアム」
羽生輝さんの傘寿を記念した展覧会を、釧路市立美術館、釧路文学館、北海道立釧路芸術館で同時期に開催いたします。羽生輝作品をより深く満喫するための企画です。ぜひ、ご参加ください。

スタンプラリー【自由参加】

期間:2021年11月27日(土)〜12月8日(水)
内容:期間中、3館の羽生輝さんの展覧会を観覧してスタンプを集めてください。3つ集めた方先着150名に、羽生さんにちなんだ🎁ささやかなプレゼントが用意されているそうです。
※参加希望の方は、直接来館ください。いずれの館から始めてもOKです。
※美術館、芸術館の観覧には、観覧料が必要です。
※めぐる日は、別日にまたがっても構いません。

北海道立釧路芸術館からのお知らせ

📷ミュージアム・ショップ前のクリスマスツリー
公式図録や作品ゆかりの絵葉書や書籍をはじめショップオリジナルの「マスクチャーム🎅」など
心ときめく🎄グッズが盛りだくさん😻
(表)

ビジ研会員の ANA Crowne Plaza Kushiro 、ステイメンバーズカード特典にご協力いただいておりますさいわい食堂など、地元のお店が協賛しています。詳しくはチラシ裏面をご覧ください。

(裏)

冬へと向かう季節、羽生さんの味わい深い作品世界に浸ってみませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。