冬グルメ~タチ~

みなさん、こんにちは。

元気にお過ごしでしょうか!?

今日は釧路の冬のグルメ、「タチ」をご紹介したいと思います。

「タチ」って皆さんご存知ですか?

一般的にタラの白子を北海道では「タチ」といいます。

タラの旬は冬で、釧路でよく水揚げされています。

スケトウダラの白子を助ダチといいます。

スケトウダラは、模様が縦に入っているのが特徴で、身は白く主にかまぼこの原料となり、卵はたらこや辛子明太子に加工されます。

マダラの白子をマダチと呼びます。マダラの体は班模様があり、スケトウダラよりも肉厚でぷっくりしているのが特徴です。

マダラのオスは、高値で取引されています。

「タチ」は大変クリーミーながらあっさりしているので、「タチポン」といいポン酢で食べたり、てんぷらにしたり、汁物に入れたり、お寿司になったりと色々な食べ方ができます。

 

タラの身は柔らかく白身であっさりしているので、タラちり鍋も冬によく食べています。

釧路の滞在の際はぜひ冬の味覚「タチ」と、タラちり鍋をぜひご賞味ください!

めがね岩

みなさん、こんにちは。

2019年もよろしくお願いいたします。

久しぶりの投稿となってしまいましたが、今日は釧路の冬の夕日をご紹介したいと思います。

釧路は「世界三大夕日」の街といいますが、こちらの写真は市内東部に位置する桂恋海岸の毘沙門、通称メガネ岩の間に落ちる夕日です。

寒かったのですが、ドンピシャのタイミングで撮影することができました。

このタイミングで撮影できるのは1月か11月しかないようで、たくさんの方が

夕日の撮影に来ていました。新たなインスタ映えスポットとして盛り上がりそうですね。

 

ちなみに夜になると…

月明りがありますが、たくさんの星を見ることができました!!

美しいですね。

この日はオリオン座を含む冬の大三角形などを見ることができました。

釧路の海岸線は隠された美しい風景も多いので、また機会があればいろんな釧路の海岸線の風景を紹介したいと思います。

 

では今年もよろしくお願いいたします。