冬グルメ~タチ~

みなさん、こんにちは。

元気にお過ごしでしょうか!?

今日は釧路の冬のグルメ、「タチ」をご紹介したいと思います。

「タチ」って皆さんご存知ですか?

一般的にタラの白子を北海道では「タチ」といいます。

タラの旬は冬で、釧路でよく水揚げされています。

スケトウダラの白子を助ダチといいます。

スケトウダラは、模様が縦に入っているのが特徴で、身は白く主にかまぼこの原料となり、卵はたらこや辛子明太子に加工されます。

マダラの白子をマダチと呼びます。マダラの体は班模様があり、スケトウダラよりも肉厚でぷっくりしているのが特徴です。

マダラのオスは、高値で取引されています。

「タチ」は大変クリーミーながらあっさりしているので、「タチポン」といいポン酢で食べたり、てんぷらにしたり、汁物に入れたり、お寿司になったりと色々な食べ方ができます。

 

タラの身は柔らかく白身であっさりしているので、タラちり鍋も冬によく食べています。

釧路の滞在の際はぜひ冬の味覚「タチ」と、タラちり鍋をぜひご賞味ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です