釧路でワーケーションするメリット

阿寒湖の温泉

ワーケーションとは「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」を組み合わせた造語で、リゾート地や地方等の普段の職場とは異なる場所で働きながら休暇取得等を行う勤務形態です。

企業の新型コロナウイルスへの感染予防対応策として「テレワーク」や「リモート会議」、「ワーケーション」が現在脚光を浴びていますが、実際には2018年度の労働基準法改正をきっかけとした「働き方改革」の一環として、以前から注目されていたものです。

会議はオンライン上で出席することができるためホテルやコワーキングスペースでリモートワークを行い、残りの時間は釧路を拠点に様々な道東の自然を楽しむといった具合にシチュエーションに合わせて様々な組み合わせで仕事と長期休暇を楽しむことができます。

コワーキングスペース

釧路は、3年前から市内に滞在しながら仕事をする方へコワーキングスペース等の紹介及び利用料の一部助成を行う事業を実施しており、2019(令和元)年度は、これまで11名の方が利用しました。

利用いただいた皆様からのアンケートをもとに、釧路でワーケーションをするメリットをご案内いたします。

メリット①非日常を感じる大自然がすぐそばに広がる

釧路市は、全国的にも珍しい、2つの国立公園(釧路湿原・阿寒摩周)があるマチです。

本物の大自然を楽しむカヌーや夕日クルーズ船などのアクティビティー、ゆっくりと湿原の中を鑑賞することができる鉄道旅、緑豊かな牧草風景や断崖絶壁の海岸線を楽しむドライブなど様々な体験ができます。また様々な泉質の温泉が釧路管内には点在しており、身も心も癒されます。

実際に釧路の長期滞在者のアンケートでは「何度来ても飽きない」との声をいただいております。

メリット②アクセスがよく、コンパクトシティで普段の生活ができる

「有名なリゾート地はたくさんあるが、家賃やホテル代が高い。」と聞きます。釧路はコンパクトシティでスーパーや病院、社会教育施設等、都会で生活するのと変わらないような施設が身近にあり、家賃や宿泊料も比較的リーズナブルで普通の生活ができます。

釧路市内

また、今年にpeach東京(成田)ー釧路便も就航し、ますます本州とのアクセスがよくなりました。

アクセス

利用者の声で「家賃が都会と比べて安く、何かあったら飛行機ですぐ戻れるのも魅力。」とのこと。

メリット③いつでも利用可能なオフィスがある

釧路では、お仕事をする時に利用可能なコワーキングスペースがあります。「HATOBA Nishikimachi」は空き施設を改修し様々なイベントもここで開かれるなど新たな交流が生まれる仕事場となっております。「くしろフィス」は子連れもOKで女性におすすめのコワーキングスペース施設です。Wi-Fi環境やコピー機、プリンター、各席での電源等自由な時間、自由なスタイルでご利用いただけます。

そして、主に道外の人を対象に、コワーキングスペース利用料が最大1か月まで無料になる事業を当事務局で行っており、「オフィスコストがかからなくてよい。」という声を聞いております。

メリット④飲食店がおいしい!

港町だからこその新鮮で品質のいい魚介類が様々な料理となって市内のレストラン等で美味しくいただけます。また店主との掛け合いが楽しく、馴染みの店ができたというお声もいただいています。

メリット⑤手厚いサポート体制

釧路管内以外にお住まいの方で釧路市に長期滞在の上、コワーキングスペースを利用する方々を対象に、コワーキングスペース等利用促進モデル事業を行っております。詳細はこちらをご覧ください。市役所が事務局となっていることから「安心感がある。」とのお声をいただいております。きめ細かく対応させていただきますので、お気軽にお問合せください。(また釧路市でのテレワーク導入を検討されている事業者様については、釧路市役所 産業推進室がご相談に応じます。)

【個人のお客様のお問合せ先】

くしろ長期滞在ビジネス研究会事務局(釧路市役所 市民協働推進課内)

TEL:0154-31-4538

【事業者様お問合せ先】

釧路市役所 産業推進室

TEL:0154-31-4550


事業取り組み4年目を迎え、徐々に利用者が増加している釧路市の「ワーケーション」。

今後もぜひご注目ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする